L→R 苣木寛之(Gu&Vo)、佐々木 周(Dr&Vo)、森山達也(Vo&Gu)、北里晃一(Ba&Vo)

L→R 苣木寛之(Gu&Vo)、佐々木 周(Dr&Vo)、森山達也(Vo&Gu)、北里晃一(Ba&Vo)

丸山茂雄氏コメント

THE MODSとの出会いは?

初めて会ったのは、博多のライヴハウス80'sファクトリーです。その当時、マネージャー役を買って出ていた歯科学生の浅田英文さんが、午前中にライヴハウス80'sファクトリーを開けてもらって、3曲ほどのライヴを丸山他数名のために演奏してくれたのが最初でした。その時の印象も40年経った今も同じですが、余計な装飾のない、シンプルで筋肉質のサウンドとヴォーカルの声がいいなというのが率直な感想でした。

当時の音楽シーンはどんなものだったのでしょうか? そこにTHE MODSを送り込んだ勝算も含めた想いというのは?

主流は『スター誕生!』という日テレの番組から続々デビューするアイドルに埋め尽くされていました。一方でフォーライフレコードのフォークも元気良かったですし、アルファレコードのYMO一派もカッコ良かったです。歌謡曲、フォーク、良質ポップスはマーケットで一定の地位を占めていましたが、ロックバンドはまだマイナーでしたから、Epicが頑張れば一定の成果は上げられると思っていました。

丸山さんは今もTHE MODSのライヴを観られていますが、印象に残っているライヴを教えてください。

伝説の日比谷野外大音楽堂での大雨、嵐のライヴでしょう。

最近観たライヴの印象はどうでしたか?

どれほど体調が悪くても演奏にそれを感じさせることを絶対にしないメンバーにびっくりするし、感動します。MCではベテラン風になりますが、演奏は若々しいのがいいです。

丸山さんの思うTHE MODSの魅力とはなんですか?

「END OF THE NIGHT」という名曲が40年前にあって、実はそれを聴いて私は契約をしようと思ったのです。ロックというより歌謡曲ですが、大ヒット間違いなしの名曲です。でも、THE MODSは“THE MODSの方向と違うこの曲でヒットは望まない”と言ってとうとうリリースしませんでした。この方針というか、不変のスタイルこそがTHE MODSだと思います。

最後に、これからのTHE MODSに期待することをお願いします。

不変のスタイルをファンに見せ続けてください。変わらない、ぶれない、動揺しないTHE MODSが音楽界に存在する最高の価値と言えます。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』