<ROCK IN JAPAN FESTIVAL>最多出演
は?サイリウムの代わりにネギ? 20
年間を振り返る印象的エピソード6選

20年の歴史を振り返る。ROCK IN JAPAN
FESTIVALの印象的なエピソード6選

まいしろ:
夏フェスのラインナップが次々と発表され、音楽ファンとしては忙しい時期が到来しているが、皆様いかがお過ごしだろうか。今年は<ROCK IN JAPAN FESTIVAL(以下RIJF)>や<SUMMER SONIC>が20周年を迎えるということもあり、夏フェスが特に盛り上がりを見せている。今回はずばりそんなアニバーサリーイヤーを迎えるフェスの中でも、初の5日間開催を控えて特に注目されている<RIJF>の20年間の歩みを、印象的なエピソードとともに振り返りたい。

昔は海外アーティストも出演していた(
2001年)

あまり知られていないこちらのエピソードだが、実は<RIJF>にも過去に海外アーティストが出演していたことがある。

出ていたのは第2回となる2001年で、
が、<RIJF>最大のステージであるGRASS STAGEに出演。ステージアクトの評判は良かったそうだが、38組の邦楽アーティストと2組の海外アーティストからなる絶妙なラインナップは、この年以降は1度も実現されていない。

いまや「邦楽アーティスト専門フェス」というイメージの強い<RIJF>だが、20年にわたる試行錯誤の末に、今の形が作られてきたことがわかるエピソードと言えるだろう。

星野源は、最小のステージからGRASS S
TAGEまで一気に駆け上がった史上唯一の
アーティスト(2011年)

小さなステージに人を集めるのが精一杯だったアーティストが、翌年には大躍進して大きなステージに出演するのは、フェスでは珍しいことではない。

むしろ邦楽フェスの場合は、そんなアメリカンドリームのようなストーリーが大きな醍醐味のひとつでもあるが、そんな大躍進を遂げたアーティストの中でも、特に参加者に夢を見させてくれたのが、
というアーティストだ。

星野源が<RIJF>に初出演したのは2011年のことで、出演したのは当時最も小さかったSeaside Stageというステージだった(2013年以降は作られていない)。最も大きなGRASS STAGEから徒歩20分ほどという、陸の孤島のようなステージで初出演を飾った星野源は、そこからさらに4年後、今度は<RIJF>最大のステージであるGRASS STAGEへと大躍進。

それまでも、小さいステージから徐々にファンを増やし最大のステージへと躍進していったアーティストは存在したが、出演2回目にしていきなり最大ステージ出演を果たしたのは、過去20年のうち星野源だけの快挙であり、まさに類を見ない急成長っぷりを見せつけたエピソードである。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着