L→R 山中柔太朗、吉田仁人、佐野勇斗、板垣瑞生、宮世琉弥、塩﨑太智、曽野舜太

L→R 山中柔太朗、吉田仁人、佐野勇斗、板垣瑞生、宮世琉弥、塩﨑太智、曽野舜太

【M!LK インタビュー】
思春期ゆえの強さと弱さを描いた
清涼感99パーセントの
サマーラブソング

新メンバーとか関係なく、
もう7人みんなでM!LK

夏のシングルということで、カップリングも3曲全て夏っぽい曲になっていますね。

板垣
柔太朗は「TOUCH THE SUN」(TYPE-A収録)が好きなんだよね?
山中
メロディーが好き。聴いていてすごく気持ち良いし、特に仁人くんの高い声と僕の裏声が混じるサビは、曲を聴きながら待ち遠しくなるくらい!

M!LKらしいポップチューンですが、後半サビ前に低音のハモりが入っているのが新鮮でハッとさせられました。

山中
あれは僕です! 下のハモりを録ったことは前にもあったんですけど、ちゃんと使われたのは初めてですね。しかも、この曲のレコーディングの時、地中海の映像を観ながら歌ったんですよ。
塩﨑
ドローンみたいな感じで、白いお家が建ってる景色と海を空から映していて。

そんな景色を見ながら歌うと気持ちも違います?

板垣
全然違いますね。やっぱりハイな気分になるし、陽射しも日本の太陽とは違うんですよ。海外のテンポ感みたいなものも込めたかったから、それは良かったです。
吉田
「Gotta Get Up」(TYPE-B収録)も洋楽っぽい。僕、朝によくストリーミングアプリで音楽を聴くんですけど、そのプレイリストに入ってるお洒落な洋楽みたいな感じがする。(塩﨑に向かって)どう?
塩﨑
すごくいいと思う。僕も洋楽が好きなんで、聴いた時に“洋楽っぽいなぁ”って思いましたね。サビはリレー形式で歌ってるから、それぞれの声もしっかり楽しめるし。レコーディングもめちゃくちゃ早くて、いつも1曲録るのに1時間半くらいかかるのが、これは30分くらいで終わった。
吉田
えー! すごい!
佐野
僕も30分でした。
曽野
みんな早かったんだよね。スタッフさんに“時間めっちゃ巻いてるよ!”って言われたし。
板垣
えっ、僕はめっちゃ難しかったのに…。

リズムが一定の曲なので、ダンスも今までとは違う感じになりそうですね。そして、驚いたのがTYPE-C収録の「MAGIC CARPET」。

佐野
アラビアンな感じで。僕、こういうのがすごい好きなんですよね。聴いていてもテンション上がるし。ダンスになったら激しそうですけど。
宮世
歌詞が変わってるから聴いた人も不思議な気持ちになるだろうし、自分も散歩中とかに聴いてるとかなりテンションが上がるんですよ。ライヴでも絶対に盛り上がりそう!
曽野
そう。インドっぽい民族の文化と、現代のサウンドが合わさったような…
塩﨑
そのしゅん(曽野の愛称)、インドの血入ってるもんね。
板垣
ちょっと“ぽい”よね。
曽野
確かにカレーは好きだけど!(笑)

(笑)。そして、9月にはZeppツアー『M!LK LIVE TOUR 2019 “Summer Re:fresh” 〜かすかに、君だった。〜』が控えていますね。

塩﨑
“かすかに、君だった。”の正体が誰か分かります。
吉田
えぇ!? まぁ、ツアータイトルが“Summer Re:fresh”なので、いろんなことをやりたいですね。昔の曲もやるかもしれないし、もっとMCでも遊びたいなって。
佐野
ただ踊りまくるだけじゃなくて、アミューズメントパークみたいにしたい。僕らの良さって、やっぱりそういうところだろうから。

M!LKのコンセプトは“変幻自在”ですからね。アミューズメントパークというのは納得。

宮世
M!LKは青春を描いている曲が多いので、ライヴでも瑞々しい僕らの姿を観せたいし、今回の「かすかに、君だった。」で新メンバーも少しだけ大人になったと思うんですよ。なので、そういった部分も、逆にもっとかわいいところも観せていきたいので、楽しみにしていてほしいですね。
板垣
いや、もう新メンバーって思ってないし、そんなふうに分けられるともはや寂しい。
佐野
新メンバーって感じしないもんね、ほんとに。
吉田
適応能力が高すぎて、僕らも気付かないくらいですよ。新メンバーとか関係なく、もう7人みんなでM!LKです。

取材:清水素子

シングル「かすかに、君だった。」2019年7月17日発売 SDR
    • 【TYPE-A】
    • ZXRC-1204 ¥1,000(税抜)
    • 【TYPE-B】
    • ZXRC-1205 ¥1,000(税抜)
    • 【TYPE-C】
    • ZXRC-1206 ¥1,000(税抜)

『M!LK LIVE TOUR 2019 “Summer Re:fresh” 〜かすかに、君だった。〜』

9/07(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9/16(月) 福岡・Zepp Fukuoka
9/21(土) 東京・Zepp Tokyo ※2公演
9/28(土) 愛知・Zepp Nagoya

M!LK プロフィール

ミ!ルク:2014年11月結成。スターダストプロモーションに所属する5人組ヴォーカルダンスユニット。グループ名には「何色にも染まることの出来る存在に」という意味が込められており、メンバーは音楽活動に留まらず、ドラマ、映画、舞台、モデルと幅広く活躍している。
15年3月にシングル「コーヒーが飲めません」でCDデビュー。19年2月にアルバム『Time Capsule』、9月にはZeppツアーを行ない、11月6日には結成5周年アニバーサリーシングル「ERA」のリリース。2020年2月に現体制となり、3月には新体制でのアルバム『Juvenilizm-青春主義-』を発表。M!LK オフィシャルHP

「かすかに、君だった。」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着