May'n

May'n

【May'n インタビュー】
最新ミニアルバム&シングルで放つ
10周年の新たな“May’nストリート”

May’nとしてのCDデビューから丸10年を迎え、デビュー作以来となるミニアルバム『YELL!!』を発表! 豪華アーティストとのコラボで等身大の想いを刻んだ本作に加え、アーティストとしての姿を色濃く映したタイアップシングル「牙と翼」も同時リリースし、10周年を鮮やかに彩る。

みんなからもらっていたパワーを
音楽でエールとして返したい

アーティスト名を“May’n”に変えて、1stミニアルバム『メイン☆ストリート』をリリースしてから10年。“May’n”という名を付けた時のことって覚えてますか?

もちろん。本名でデビューして活動していたのですが、アニメ『マクロスF』でシェリル・ノームの歌パートを担当することになって、心機一転頑張ろうって時に“じゃあ、名前も変えよう!”ってことになりました。もともと“芽依”が本名で、『May’n ACT』というラジオをやっていたこともあって“メイン”という言葉がすごく気に入ってたので、みんなにとっての“メインテーマ”となるような曲を歌いたいっていう自分の気持ちにも合ってるところから、“May’n”がいいって自分から言い出したのをすごく覚えてます。

それでMay’n10周年の今年、2枚目のミニアルバムを出すことになったんですね。

はい。“May’n”と名前を変えて、ワンマンライヴをさせてもらうようになってからも10年。私にとってはライヴとの出会いがすごく大きくて、ライヴがあるからこそこんなにも“音楽って楽しい!”と感じながら歌い続けてこれたし、振り返ってみて“私って、すごくみんなから背中を押してもらって、エールをもらっていたなぁ”と実感できて。そこで改めてみんなからもらっていたパワーを音楽でエールとして返したいと思ったし、みんなが今日や明日を頑張れるパワーを私は伝えたいんだってことに、この10年ではっきりと気付けました。なので、10年を振り返って、改めて“May’n”という自分の名前のことも考えながら、この『YELL!!』を制作することができたし、さらに“これからもよろしく!”っていう想いも詰めることができました。

ファンからもらったパワーを糧に、ファンにエールを送り返したいと。そこでさまざまなアーティストとコラボされていますが、その人選もご自身で?

そうです。最初に“YELL!!”というタイトルを付けて、応援歌を集めたミニアルバムにしたいと考えていたから、“応援歌と言えば?”というところから選ばせていただいてます。プラスこれからさらに楽しく音楽をしていくために、自分も知らなかった自分に出会ってみたかったので、カラーの強いアーティストさんにお願いしたかったというのもありました。なので、ほとんどのみなさんが初めてですね。LiSAちゃんは友達だけど一緒に楽曲制作するのは初めてだし、田中秀和さんと只野菜摘さんは私が大好きなWake Up, Girls!の曲を担当されているところからオファーさせていただきました。

となると、それぞれの方にお願いしたい曲のイメージというのも明確にあったのでは?

とてもありました。例えばファンキー加藤さんの場合、オーディエンスとぶつかり合ったり、付いて行きたくなるようなライヴ感が、私の目指す姿と重なりました。なので、ライヴを大切にしてる想いもお話させていただきましたし、一番お話したのは“私、いろんな自分があることに悩んだ時期があったんです”っていうことで。相手によって人見知りで大人しい自分になったり、逆にハッピーな部分しか見せなかったりするけど、どんな自分も全部自分なんだって思える曲があったら嬉しいって。だから、“どんな時も“大丈夫だよ!”って言ってあげられる曲が欲しいです”とお願いしたら、“全部大丈夫”っていうタイトルの曲が来て、まさにこれだと。

ヴォーカルがとんでもなく力強くて、そのメッセージをより強力に訴えてますよね。

それはやっぱり楽曲が引き出してくれたものですね。加藤さんが歌われているデモからインスパイアされるものは確実にありましたし、ディレクションも加藤さんといつも一緒にされてる田中隼人さんがしてくださったので、今までの固定概念は捨てた上で冒険できました。逆にSonar Pocketさんが提供してくださった「Happiness」ではソナポケさんのプロデューサーであり、私も今までたくさんお世話になってるNAOKI-Tさんがディレクションしてくださったのですが、いつもと全然違ったんですよ! 今までは私がやりたいことをブラッシュアップしてくださっていたのが、今回は私が考えつかないような歌い方をたくさん提示してくださったので、これまでになく等身大の…むしろ、“もうちょっと若いかも?”ってくらいの自分で歌えました。一番、自分の知らない自分に出会えたのは、たぶんこの曲じゃないかな。

恋に悩む友人に贈る応援歌という設定も面白いですよね。

わりと友情系の曲が多かったので、もっと恋愛的な要素を入れたいと考えた時に、恋や愛をテーマにした曲をたくさん作られているソナポケさんにお願いしようってことになったのです。すごく等身大の歌詞で、ライヴでもみんなで揺れながら楽しめて、しかも途中にラップがあるのって絶対新しいと思ったから、“思いっ切りソナポケさんの感じにしてほしいし、ラップもやりたいです!”ってお伝えして作っていただきました(笑)。あと、青春時代からずっと聴いていた大塚愛(aio)さんの「stair」からは女性の強さ…一歩一歩歩んでいく強さ、自分の足でしっかりと立つ強さ、そして前を向く覚悟といったものが強く感じられて。隣にいてくれたら、自分自身が奮い立たせられて、“よし、頑張ろう!”っていう強さをもらえるという意味で、また角度の違う応援歌がいただけましたね。
May'n
May'n
ミニアルバム『YELL!!』
シングル「牙と翼」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着