【インタビュー】中村ピアノ、オルタ
ナティブ新感覚な魔法めいた歌謡ディ
スコポップ

すべてがサビのように心に響くキャッチーなメロディーとハッとさせられる言葉が持つ凄み──鍵盤を弾きながら歌うシンガーソングライター・中村ピアノが生み出す、メロウな歌謡センスと加速するロック感、“パパ活”や“メンヘラ”など赤裸々に時代の闇を抉っていくオルタナティブな新感覚に才能を感じた。
そんな彼女が7月31日にリリースする2ndシングル「東京ディスコティック!!」は、表題曲で突き抜けた、キャッチーでありつつも初期衝動でいっぱいのディスコサウンドに注目したい。とらわれていたネガティブなアイデンティティからの解放…新境地を開拓したポップアンセムが今鳴り響く!

   ◆   ◆   ◆

■普通の人のままで
■終わりたくなかった

──表現者になろうと思ったきっかけは?

中村ピアノ:もともと、歌うことは好きだったんですけど、中学生の頃、ふと“自分には何もやりたいことがない”ってことに気が付いて。それで“普通の人のままで終わりたくない”って思ったんです。そんな時にたまたまGLAYのライヴに行って、何万人をも圧倒するパワーに“音楽ってこんなに力があるんだ!?”と感動して“私も音楽をやりたい!”って思いました。

──楽器は子供の頃からやっていたんですか?

中村:ピアノをやっていたんですけど、発表会とか人前で弾くのが嫌ですぐ辞めちゃったんです。その後、ギターに手を出したんですけど……楽器は苦手でしたね(苦笑)。とにかく歌を歌いたかったんです。それで歌詞を書いてみたり、バンドを組んで曲をメンバーに作ってもらったりしました。でも、進学や就職でメンバーが抜けてしまって、“このまま一生、音楽を続けるにはどうすればいいんだろう”って考えた時に、自分で曲を作ればいいってことに気が付いたんです。

──音楽家・亀田誠治さんの企画『亀田大学』にも参加されていたそうですね。

中村:当時、“あなたの曲を亀田誠治が聴きます”みたいな感じでやっていたんですけど、本当に亀田さんの作品やベースが大好きで。そこで「火傷」という曲を聴いてもらって、評価していただけて嬉しかったです。その後、亀田さんが主催されたライヴイベントにもオファーをいただいて出演しました。野外だったんですけど、ゲリラ豪雨で……。でも、亀田さんが“観てたよ!”って言ってくださって嬉しかったです。鍵盤とかびしょ濡れだったんですけどね(苦笑)。

──それはターニングポイントとして大きそうですね。ピアノさんはこれまで耳にしてきた音楽が幅広そうですよね。軸は90年代J-POPだと思うのですが、すごくリスナー体質なセンスも感じました。

中村:小学生の頃とかはお小遣いが少なくてCDが買えなかったので、毎週CDのレンタル屋さんに通って今週の10位から1位までを全部借りるっていうのをやっていたくらいJ-POPが大好きでした。

──歌のテーマとしては、女子の気持ちを今の時代だからこその赤裸々な歌詞で表現されてますよね。

中村:私、性格がネガティブなんです。常に落ち込んでいるタイプで、世の中と上手く関われない劣等感がすごくて。なので、あまり人に言えないことを曲にして表現しています。“どうせ自分なんか……”とか(苦笑)。

──メンヘラ体質?

中村:そうですね。でも、小学生の頃は正義感いっぱいでした。運動もするし、学級委員をやったりするタイプだったんですけど、中学生の頃に“逃げてもいいんだ”ってことを悟ってしまって、性格が真逆になっちゃったんです(苦笑)。それが未だに治ってないんですよね。それで、音楽もそうですけど、漫画を読んだり、ゲームをしたり、イラストを書いてみたり。

──自ら表現をしたい欲求が強かったんだ?

中村:漫画を書くのも好きでしたからね。表現で吐き出すことがストレス解消になるんですよ。あと、高校生の頃はバンドをやってたんですけど、LUNA SEAとかのコピーをしていました。集まったメンバーがLUNA SEA好きで……私は東京事変のカバーをやりたかったんですけど、採用されず(苦笑)。

──LUNA SEAはヴォーカルが難しそうですよね。演奏力も高いバンドだし。

中村:そうなんですよ。でも、そのおかげでLUNA SEAは好きになりました。良い経験になっていて、悲しみの掘り下げ方など歌詞の世界観作りを学びましたね。

──なるほどね。あと、ピアノさんの曲って曲中の加速度が半端ないんですよ。その辺は、自然とLUNA SEAに影響を受けているかもしれませんね。

中村:あぁ、そうかもしれませんね。

──ピアノさんは自分のメンタルが駄目になっちゃう時はどうするんですか?

中村:そんな時はひたすら悲しい曲を聴きますね。誰かに相談したとしても、その人を不幸せにしちゃったり、落ち込ませたら悪いなって思っちゃうんです。なので、とにかく引きこもって暗~い曲を聴いてます(笑)。で、そんなことをしてると気持ちが紛れてきて、歌詞を書きたくなってきたりするんですよね。

──言葉って悲しみのどん底でも生まれてくるものなんですね。

中村:よっぽど悲しい時は出てこないんですけど、心のどこかで“転んでもタダでは起きないぞ!”みたいな気持ちもあって(苦笑)。“今だから書ける歌詞があるかもしれない”と思ってしまう自分がいるんです。

──気持ちはもっと爆発してそうなのに言葉も歌詞もメロディーも削ぎ落として、研ぎ澄まして、作品化してますよね? だからなのか、例えネガティブなテーマな曲でも嫌な感じとかしないんですよ。

中村:そうですね。完成する前の曲は、歌詞がたくさんあるんですよ。作文ぐらい言いたいことがいっぱいあって。そこから、どうやってメロディーにはめようかって考えて削ぎ落としていますね。
■「東京ディスコティック!!」は
■自分の殻を破れた曲

──歌詞作りに関してはネットというか、Twitterの影響が大きかったりします?

中村:そうですね。かつて松任谷由実さんが作詞のアイデアの源として、ファミレスで耳を澄まして会話を聞いているって話をされていたんですけど、それと近い感覚ですね。いろんな人たちの心の中が覗けるんですよ。歌詞の表現において、言葉遣いや気持ちが手に取るように見えるので面白いですよね。そこで得た気持ちを曲にすることもあるから、創作にはTwitterが欠かせません。

──最近、世の中の出来事でどんなことに興味がありましたか?

中村:「踊り子」という曲はパパ活や整形のことを書いているんですけど、性の不一致をテーマにしています。身近にもそんな友人や知り合いがいて、話を聞いていると自分のことのような気持ちになって落ち込んだりするんです。だから、“これは曲にしなきゃ”って思いました。最近、恵まれているんだけど満たされてないというか……心に黒い穴を持っている子が多くて。

──美味しいものを食べようとしたら安い店もたくさんあるし、服もいろいろ選べるんだけど、承認欲求が邪魔をするんですよね。若い人に夢を訊くと具体的なものはなかなかなくて、漠然と“お金持ちになりたい”って子が多くて。

中村:そうそう。そうなんですよ!

──でも、ピアノさんはそれを音楽として表現することで救われていて、その曲を作品として伝えることでリスナーも救われるんでしょうね。

中村:そうありたいですよね。音楽で表現できてなかったら、私はとっくに死んじゃっていると思いますから。

──今回、リリースされる2ndシングル「東京ディスコティック!!」は、4曲ともそれぞれのベクトルを持ちながら、情念強めな思い切りある勢いが素晴らしいですよね。

中村:ありがとうございます。負の力やネガティブパワーで書くのは昔からで。それをもうちょっとブラッシュアップして完成したのが今回の作品ですね。

──1曲目「東京ディスコティック!!」は初期衝動感がありつつキャッチーなディスコサウンドで。ちょっと新境地感ありますよね。

中村:自分の殻を破れた曲ですね。暗い曲が多いんですけど、“元気出そうぜ”って初めて最初から最後まで前向きな曲になりました。自分の中で大事な曲ですね。これはお風呂上がりにリラックスしていた時に出てきたメロディーで、ボイスメモに録っておいたんです。いかに身体を揺らせるかにこだわって、もう勢いで作りましたね。

──ライヴでも楽しそうな曲ですよね。メンヘラチックな2曲目の「踊り子」はシャッフルビートでポップさを持っているけど、ノスタルジックなアレンジが印象的でした。ジェットコースターのようにめまぐるしく展開されていくし。

中村:それがテーマで作りました。飽き性なので展開を複雑にしたくなるんですよ。5分弱の中でいかにお客さんのテンションを上げ下げできるかっていう。

──気持ちの支配力が強いですよね。そう言えば、Twitterで裏アカウントを作って歌詞表現の調査もされたとか?

中村:ははは。曲を作るにあたって薄っぺらい知識じゃ嫌だと思って、パパ活を調べてみたんです。何でこんなことをするのかなって思ってたんですけど、ストレス解消みたいで。私も知らないおじさんからいっぱいDMが届きました(笑)。今の若い子とかはアカウントを複数持つのも普通だったりするんですよ。

──コミュニティーごとに人格を分けられるというか。

中村:そうですね。パパ活界で有名な女の子がいて、その子の投稿を遡ったら何十曲でも曲が書けそうだなって思いました。

──ある種ファンタジーですけど、刺激的ですよね。すごいなぁ。で、3曲目がまたパワフルな「アイスクリーム!!」という。ポエトリー調ながらもエフェクティブで面白い曲ですね。サビではポップロックなビート感もあって。

中村:私の中でもチャレンジした曲ですね。Aメロにもっと言葉を詰め込んでグチャグチャにしてみたいと思って。ネガティブなんだけど明るさも入れたくて、サビはキャッチーにしました。アイスクリームのようにとろけていく感情を描いてます。

──そして、4曲目「とおり雨」はピアノさんが一番最初に作った曲だということですが。

中村:ほんとに初期に作った曲ですね。曲を作りたくても、どうしたらいいのか分からなかった頃。私はたくさん失恋をしてきたタイプなんで、それを書いたら作れるのかなって思ったんです。もともと懐メロや歌謡曲も好きだったので、そんな世界観から作ってみました。

──心の奥底を刺してくるメロディーですよね。ピアノさんはどんなタイプの男性に惹かれるんですか?

中村:えっと……なぜかみんな釣りが好きでしたね(笑)。

──えっ? それはあとから知るんですか?

中村:そうなんです。あとは、私はものすごく人見知りなので、音楽を介して知り合った人としか上手く喋られないんです。友達の友達とかにご飯に誘われても怖くて行けないし。なので、基本的には仲の良い友達を好きになることが多いですね。

──それと釣りなんだ。例えば、釣り好きミュージシャンの奥田民生さんとかは?

中村:好きです。あと、吉井和哉さんとか(笑)。みなさん、釣り好きですよね。

──ははは。ロックシンガーは孤独を愛するのかな? 面白いですね。こうして4曲が完成してみて、客観的に振り返ってみていかがですか?

中村:この間、ラジオで初めて「踊り子」を流していただいたんですけど、そのラジオを聴いたことで客観的に向き合えたんですよ。“世の中に出たんだ”っていう実感というか。今言いたいことやフラストレーションをこの4曲に込めることができました。

──4曲ともパワーがすごいから、シングルとは思えない充実度ですよね。

中村:それはとても嬉しいです。「東京ディスコティック!!」の最後に《転んでも、タダでは起き上がったりしない 全ては思い通り、私の思い通り》という歌詞があるんですけど、それが自分の中でテーマになっていますね。私はすぐに挫折するし、すぐ落ち込むんです。でも、そこで野垂れ死したくはないなって。それを今回、歌詞に刻み込めました。

取材:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

■2nd.シングル「東京ディスコティック!!」


▲「東京ディスコティック!!」

発売日:2019年7月31日(水)
品番:POCS-1802
価格:¥1,300+税
※プレイパス対応(買ったCDをスマホですぐ再生)

[収録曲]
01.東京ディスコティック!!
02.踊り子
03.アイスクリーム!!
04.とおり雨

■イベント情報

<東京ディスコティック!!リリースイベント 上野ディスコティック!!>
8月01日(木) 東京・上野音横丁
【出演】安藤 匠、木村結香

<中村ピアノオンナノコ公演~ピアニズム2019>
8月16日(金) 東京・西永福JAM
【出演】なの小夕子、ROW-ZA、みでぃ、CANDY BOX(OA)

<ライヴ&バラエティー MIX FUNNY>
8月23日(金) 埼玉・浦和ナルシス
【出演】FULL EFFECT’、クロtube with:健洋、める

<THOGO FEST-2019>
9月08日(日) 東京・新宿ロフト
【出演】misono、さとう珠緒、間々田優 and more

<中村ピアノオンナノコ公演~ガラフェス2019>
10月11日(金) 東京・西永福JAM
【出演】なの小夕子、MightyBoo、atsuco

<間々田優 弾き語り3マン公演 女女女~あやとり遊び>
10月18日(金) 東京・下北沢ブレス
【出演】間々田優、星野みちる、ゆーちん(OA)

<道頓堀ミックスVol.1>
10月25日(金) 大阪・道頓堀シュリンプ
【出演】間々田優、夏生奈苗、masashi、LR、にわとりおばけ、トレスニブ

<道頓堀ミックスVol.2>
10月26日(土) 大阪・道頓堀シュリンプ
【出演】間々田優、夏生奈苗、RUCA、CANDY BOX、夕景の彼方、関西軽音楽倶楽部オーケストラ、ゆーちん(OA)

<中村ピアノオンナノコ公演~イチイチニーニー2019>
11月22日(金) 東京・西永福JAM
【出演】なの小夕子、夏生奈苗、丸橋ミケ

<ローズクリエイト祭り2019>
12月15日(日) 東京・西永福JAM
【出演】間々田優、美良政次、Reach The Sky、ROW-ZA、三浦拳太、なの小夕子、0point power(びりりあんみりんだ)

<間々田優 弾き語り3マン公演 女男女~色鬼遊び>
12月30日(月) 東京・下北沢ラグーナ
【出演】間々田優、死神紫郎

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着