2020年来日公演までに振り返りたい!
クイーンの記事15選

2020年1月のクイーン+アダム・ランバート来日公演まで、いよいよ半年を切りました。クイーンのファンの皆様は、チケット取りや連日配信されるニュースの数々の把握、関連公演・イベントへの参加、商品や書籍の予約、プラネタリウムにツムツムと、大変忙しい日々をお過ごしのことと存じます。

こちらの記事では、BARKS編集部が過去に送り出した約350本のクイーンの記事を掘り返し、皆様がお忘れかもしれないニュースや、一風変わったニュース15本をご紹介いたします。

   ◆   ◆   ◆

■ジョン・ディーコンも登場する、BARKS最古のクイーンの記事たち

はじめにご紹介したいのは、2000年12月に掲載されましたこちらのニュースです。
<ロックンロールの殿堂>にクイーンが入ることについてブライアン・メイがコメントしているこちらの記事は、BARKSにおける最古のクイーンの記事です。このとき、ブライアンは「(ロックンロールの殿堂のステージでは)エアロスミスと組むのも悪くないと思っている」と話していますが、2001年3月19日のセレモニーには、フー・ファイターズからデイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスが登場しました。

次に紹介する記事には、ジョン・ディーコンのコメントが載っています。
ロビー・ウィリアムスとクイーンのコラボについて、かなり激しく苦言を呈しています。ジョンの姿は、これ以降のBARKSの記事内にはほとんど見つけられません。

   ◆   ◆   ◆

■クイーンがランクイン! ランキング記事4選
ここからはいくつか、クイーンが上位に含まれるランキング記事を紹介したいと思います。まずはこちらの、4万5,000人からの投票をもとにした<お葬式で流したい曲ベスト10>を見てみましょう。
クイーンは英国版5位に「Who Wants To Live Forever」、ヨーロッパ全域版1位に「The Show Must Go On」がランクインしています。ヨーロッパにお住まいの皆様は、なかなか壮大な人生を送っているご様子です。

お次は<歴代ロックスターのとんでもない買い物トップ50>。“金額の大きさ”ではなく、“買ったもの”に重点を置いたランキングです。買い物やパーティーが大好きな様子が映画にも描かれたフレディ・マーキュリーは24位にランクイン。「意外と順位が低い?」と思われるかもしれませんが、1位に輝いたエルヴィス・プレスリーの買い物内容を見ると……。
3つ目は、<英国人が15分一緒に過ごしたいと思うミュージシャン・トップ10>。クイーンは堂々の1位に輝いています。ところでこのランキング、なぜ「15分」という微妙な時間が設定されているのでしょう?
最後に紹介するランキング記事は<“エア・ギター”したくなる曲>です。ランクインした曲の数々はロックを代表する名曲ばかり。この記事を読んで、あなたもレッツ・エアギター。なお、コメントを寄せているブライアンは、エアギター用のコンピレーション・アルバムも手掛けています。
   ◆   ◆   ◆

■ゲームをしたり、手術をしたり……。

次は、2015年に配信されたゲームアプリ『QUEEN: Play The Game』のクイーン・クイズにブライアンが挑戦している記事です。ブライアンでも忘れていることがあるならば、私たちが何かを忘れたって怖くありません。
BARKSには、ブライアンが2012年に膝の手術を受けたときの記事もあります。21世紀は、ロックスターが自らSNSで発信する時代。手術だって、病室から実況中継します。
   ◆   ◆   ◆

■12年がかりの映画『ボヘミアン・ラプソディ』

映画『ボヘミアン・ラプソディ』に関する最古の記事は、2006年11月にありました。
企画のスタートから公開まで、実に12年。ちなみにこちらの記事が出た2006年、『ボヘミアン・ラプソディ』で主演を務めたラミ・マレックは、映画『ナイト ミュージアム』でエジプトのファラオを演じていました。映画に関する記事は12年間でいくつか出ていましたが、2016年に「クイーン、フレディ・マーキュリーの映画に進展?」という記事が出るまでは、どれも一時的なものでした。降板した俳優には、意外な人物の名前も挙がっています。
そして2018年。映画の公開直前には、キャストの3人が来日しました。BARKSには増田勇一氏による来日会見レポートが掲載されています。
   ◆   ◆   ◆

■2020年来日! アダム・ランバートの記事をご紹介

さて、ここからは、2020年1月に来日するアダム・ランバートについての記事をご紹介いたします。アダム・ランバートが“今、最もセクシーな男”としてBARKSに初登場したのは2009年。ちなみに、2010年のプロモーション来日時には、<なりきり☆アダム>コンテストが開催され、写真選考によって選ばれたコンテスト優秀者は、生アダムに会うことができたそうです。
「神の声域を持つ」と称されるアダムは、自らの声帯に巨額の保険をかけている模様。商売道具ですからね。記事内ではアダムの他にも、自らの体の部位に保険をかけているスターたちが紹介されています。
クイーン+アダム・ランバートの初来日は2014年の<サマーソニック2014>。2016年9月には、日本武道館での単独公演も実現しました。ブライアンは半分くらい日本語でMCをしていました。
クイーン+アダム・ランバートのライブには、さまざまなロックスターや著名人が姿を見せるようです。2018年のイギリス・バーミンガム公演には、ブライアンと仲良しのブラック・サバスのトニー・アイオミが来て、ライブの内容を絶賛していました。2020年の来日公演でも、意外な有名人が隣の席にいるかもしれません。
   ◆   ◆   ◆

ここまで15本の記事を振り返ってまいりましたが、紹介しきれなかった記事はまだまだたくさんございます。2020年1月の公演までは、もう半年もありません。プラネタリウムで涼み、ツムツムで遊び、舞台を見て、花火を眺めれば、半年はあっという間に過ぎて行くはずです。

文◎安藤さやか(BARKS)

<QUEEN + ADAM LAMBERT - THE RHAPSODY TOUR>


2020年1月25日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
OPEN 16:00 / START 18:00

2020年1月26日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
OPEN 15:00 / START 17:00

2020年1月28日(火)大阪・京セラドーム大阪
OPEN 17:00 / START 19:00

2020年1月30日(木)愛知・ナゴヤドーム
OPEN 17:00 / START 19:00

チケット一般発売日:
8月3日(土)10:00~
詳細: http://www.creativeman.co.jp/

■関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着