L→R 長谷川 正(Ba)、有村竜太朗(Vo&Gu)、ナカヤマアキラ(Gu)、佐藤ケンケン(Dr)

L→R 長谷川 正(Ba)、有村竜太朗(Vo&Gu)、ナカヤマアキラ(Gu)、佐藤ケンケン(Dr)

【Plastic Tree インタビュー】
Plastic Treeの
シグニチャーサウンドを
表現したかった

やっぱりギターサウンド主体の
こういう方向性がプラなんだろうなって

楽曲についてはプラのど真ん中って感じの音ですね。

長谷川
そこはもう狙いでしたね。前シングルの「インサイドアウト」から期間的にも空いてしまって、作品としては1年振りのシングルってこともあるので、ちゃんと自分たちの持ち味が出せるような曲にしようって考えた時に、こういうタイプの曲がいいのかなって。

ここ何作かはタイアップだったり、チャレンジもありましたからね。

長谷川
そうですね。でも、今回は企画も特にないということで、バンド主導で作る作品としては久しぶりだし、自分たちのシグニチャーサウンドみたいな感じのものをちゃんと表現できればいいなって。“プラって言えば、こういう感じじゃないですか”っていうのが伝わる曲にしたいなぁと。それをすごく良いかたちにできたってのは、やっぱり嬉しいですね。

バンドのビート感とか、ちょっとしたキメとか、すごくカッコ良いです。

長谷川
とはいえ、作り始めた時にはちょっと実験的なことをやってみようっていうアイデアもあったんですよ。ホーンセクションを入れたらどうだろうとか。アキラに協力してもらって、実際に入れてみたんですけど、なんか違うかなぁって。やっぱりギターサウンド主体のこういう方向性がプラなんだろうなって。作業をする中でそういうのが再確認できたっていうのも良かったですね。

結果、曲も音も歌詞の世界観もプラじゃなきゃできないものになったと思います。

長谷川
今まで聴いてくれてる人に対してはもちろんなんですけど、ここから聴き始めてくれる人もいると思うので、そういう人たちにもちゃんとPlastic Treeっていうバンドの持ち味が伝わる曲にしたいと思っていたので、そう言っていただけるのは嬉しいですね。

カップリングの「IC」ですが、もはやカップリング担当というか、アキラくんとケンケンくんによる楽曲ですね。

長谷川
そうですね。今回も“おっ!”と思うような曲ができました。

不思議な曲ですよね。雰囲気はふわふわしてて。

長谷川
曲自体はケンちゃんの曲で、最初に聴いた印象はわりとストレートな感じだったのが、アキラの歌詞が乗った段階で、何とも言えない不思議な曲に仕上がりました。アキラの歌詞はちょっと考えさせられる内容のものが多いんですけど、今回もそうですね。“これどういうことなの?”って本人に訊いても教えてくれないと思いますが(笑)。

“どういうドライブなんだ!?”って感じです(笑)。

長谷川
そこすらもちょっと分からないですもんね。“本当にドライブのことなのか、これは!?”っていう。ちょっと映画っぽいと思うんですよ。って俺の勝手な解釈ですけど。

あと、初回限定盤Bには撮り下ろしのフォトブックレットが付属されますが、これはどんな内容になるのですか?

有村
カメラマンさんはずっとうちのアーティスト写真を撮ってもらってる中野敬久くんって方なんですけど、今回は写真がテーマってことで、アナログな家族写真みたいのを撮りたいっていう話になって大判カメラっていう昔のカメラを使って撮りました。

フィルムのサイズが4×5とか8×10とか?

有村
具体的な数字は分からないですけど、大きなカメラで。それをデジタルでさらに撮り直すみたいな流れでやってました。線みたいなのが入ってる写真もあるし、いろいろやってくれて。すごく良い写真が撮れましたね。

今作リリース後、9~10月には秋のツアーが決まってますね。

長谷川
ツアータイトルの“holographic boy,imitation girl”は歌詞の世界観にインスパイアされて付けたものなんで、ちょっと想像が膨らむんじゃないですかね。まだ具体的なセットリストとかは考えてはいないんですけど、基本的にはこのシングルが軸にありつつ…あと、今年は結成25周年というタイミングもあるので、その辺も踏まえて、今のPlastic Treeを観せ切れるようなツアーになればいいなと思っています。
有村
本数が少ないので、一本一本が濃い内容になればいいなと。市川CLUB GIOで活動していたバンドなので、ツアーファイナルが市川市文化会館というのも嬉しいですね。久々にシングルを出したので、その新しい曲をライヴに投下したらどうなるんだろうっていうのを早く観たいですね。

取材:舟見佳子

シングル「潜像」2019年9月4日発売 ビクターエンタテインメント
    • 【初回限定盤A(DVD付)】
    • VIZL-1633 ¥1,800(税抜)
    • 【初回限定盤B(ブックレット付)】
    • VIZL-1634 ¥1,800(税抜)
    • 【通常盤】 
    • VICL-37495 ¥1,200(税抜)

『Plastic Tree Autumn Tour 2019「holographic boy,imitation girl」』

9/14(土) 神奈川・川崎CLUB CITTA’
9/15(日) 宮城・仙台Rensa
9/21(土) 熊本・B.9V1
9/22(日) 福岡・DRUM LOGOS
9/27(金) 愛知・NAGOYA ReNY limited
9/29(日) 大阪・BIGCAT
10/12(土) 千葉・市川市文化会館

Plastic Tree プロフィール

1993年12月、有村と長谷川を中心に結成。精力的なライヴ活動で着実にファンを獲得し、97年6月に「割れた窓」でメジャーデビュー。17年にメジャーデビュー20周年を迎え、7月には周年“樹念”で初のパシフィコ横浜公演を開催。同年9月にはトリビュートアルバム『Plastic Tree TriBute~Transparent Branches~』を発売した。19年2月には08年以降に発表した全シングルのカップリング曲を網羅したB面集『続 B面画報』をリリースし、同年7月には結成25周年を記念し、東京芸術劇場にてバンド史上初の試みとなるシンフォニックコンサートを開催した。Plastic Tree オフィシャルHP

「潜像」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着