矢井田瞳、
デビュー作『daiya-monde』は
ポップでキャッチーで、
しっかりロック!

歌の主旋律の優秀さと大衆的な歌詞

こうして収録曲のサウンドだけを見てみると、サイケデリックロックやサザンロックの要素を全面に出している箇所も少なくなく、アルバム『daiya-monde』は時代や当時の聴き手に阿った作品ではないことは分かる。“こんなん入れてみました”程度ではないので、ロックに対するリスペクトがしっかりある印象だ。しかしながら、マニアックにも泥臭くも感じさせないのは、これはもう歌の主旋律の優秀さにあると断言していいと思う。M5「My Sweet Darlin'」の《Darlin,Darlin'》を例に出すまでもなく、歌がサウンドを突出したように思わせないほどにキャッチーでありメロディアスでありポップなのである。だからこそ、サウンドは何をやっても…とは言わないまでも、多少アクが強くてもまったく中心線がブレない。要するに小難しく聴こえないのだ。しかも、その主メロに乗る歌詞は大衆的という意味でポップだ。テーマはほとんどが恋愛で、そのシチュエーションは限定的ではない上に難解な言葉もない。老若男女問わずに共感、共鳴しやすい内容だと思う。

《どれくらいの罪にどれ位の涙が似合うの?/私は動かず唯一息をしていた》《どれ位の愛が この手の中をこぼれたんだろう/私は気付かず 永遠の向こうに見とれていた》《貴方がいない それでも私は今まで通り輝き/素敵でいるのよ/そうでもなくちゃ 納まりきらないでしょう?/貴方がいないなら…》(M1「How? (U.K. mix)」)。

《いつまでもそばにおいてね 死ぬまで好きと言って/十分な線などないよ 一度も休まず愛して…》《どれだけ知り尽くしたとしてもマンネリでも/私の未来に貴方はいたのに》《そんな哀しいことを口にしないで/「一人で」なんて生きれないよ 強くもないし/ただ貴方が好きなだけよ》(M3「B'coz I Love You」)。

《Darlin,Darlin' ここに来て 見えるでしょう 私が/あの日のキッス 忘れたふりするなら/横顔はもうあきた こっち向いて》《ビルも道路も世界もひと思いに壊れてもいい/だってその方があなたを見つけやすいでしょう?/神様はいない/だって祈ったもん 想いが届きますようにって/祈ったもん…》(M5「My Sweet Darlin'」)。

《ねえ これからはもっと 抱きしめて/ねえ これからはずっと 離れないで/朝から晩まで一緒にいて/そうすれば死ぬまで一緒》《全て疑うほど 傷つけられた言葉は/あたしが言わした様なものだった/攻めてごめんね》《ねえ 二人の傷は 消えないけど/きっと このまま思い出して 行くんだろうけど/何したって時間は 戻らないんだから/淋しさは素敵な想い出でしょう?》(M8「ねえ」)。

こうして文字だけを抜き出してみると、情念が深い気がしないでもないが、押しの強いロックサウンドがそれを演出していることで、そう感じところもあるかもしれない。ただ、いずれもパッと聴きにはそう感じさせないのはキャッチーなメロディーの効果だろう。

あと、M6「Girl's Talk」の《髪切ったの/気づかないかい?》や《予定は未定手帳見て/記念日だって忘れて》、M7「もしものうた」の《新幹線に羽根が生えて》《UFOキャッチャーでいらないビルを潰す!》、M10「I like (U.K. mix)」の《ママの作ったシチューが好き》《パパの作ったラーメンが好き》など、日常会話で出て来るような言葉が出てくるのも特徴。世界観を分かりやすくしており(M7「もしものうた」は“もしも”の歌だけに不可思議なものだけど、画は見えやすい)、楽曲、ひいては矢井田瞳というアーティストの親しみやすさを後押ししたのではないかと推測できる。

TEXT:帆苅智之

アルバム『daiya-monde』2000年発表作品
    • <収録曲>
    • 1.How? (U.K. mix)
    • 2.Everything Is In Our Mind
    • 3.B'coz I Love You
    • 4.Your Kiss
    • 5.My Sweet Darlin'
    • 6.Girl's Talk
    • 7.もしものうた
    • 8.ねえ
    • 9.大阪ジェンヌ
    • 10.I like (U.K. mix)
    • 11.Nothing
『daiya-monde』(’00)/矢井田瞳

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着