【人間椅子連載】ナザレス通信Vol.6
5「錦」

青森県出身の大好きな力士、「安美錦」関が引退してしまいました。青森県には相撲ファンが多く、郷土の力士を無条件で応援する空気があります。場所中、ニュース番組の最後には必ず「県内出身力士の取り組み」コーナーがあるほどで、県民は序の口から幕の内までの星取りに一喜一憂します。その中でも自分が特に熱く応援していたのが安美錦関です。まず、「あぁ、この顔、青森によくいる」と何度も思ってしまう親近感の湧く顔が好きです。あと、勝ち越したり負け越したりを繰り返す、あまり強過ぎない飄々としたところも好きです。そして何よりも、常に膝にでっかいサポーターを巻き付け、痛みと闘いながら長く土俵に立ち続けていた姿が、大いに励みになりました。その味のある相撲をもう観ることができないのはとても寂しいことですが、親方になって審判にとして土俵下に座る場面や、番組で取り組みの解説をする場面など、今後の活躍を楽しみにしているところです。

「錦」といえば、青森県の特に津軽地方では「錦石」という民芸品があります。山や川で拾ってきた石をぴかぴかに磨いて、置物やアクセサリーに仕上げたものです。弘前の桜祭りに露店が出るので、子供の頃からとても興味があったのですが、何となく地味で年寄り臭いものを感じて手を出しませんでした。ところが、還暦まであとわずかとなった最近では、床の間や玄関に置くのもいいかもしれないと思い始めました。津軽の血がそう思わせるのでしょうか、店先でじっくり石を眺めるようになってしまいました。磨かれた石をまっ二つ割った内側が水晶や瑪瑙のようになっている高価なものから、路傍の石みたいなものまで様々あります。青森にいらした折は試しにお店をのぞいてみてください。

「錦」といえば、「錦絵」という鮮やかな絵がありますが、ハードロックのアルバムジャケットにも錦絵のような派手なものがあります。HAWKWIND「Space Ritual」、THIN LIZZY「Johnny The Fox」、LED ZEPPELIN「Houses Of The Holy」など、そのままTシャツのデザインに使えそうな艶やかで美しいジャケットが多数あります。今回はその中でも特に派手な、CREAMの「Disraeli Gears」を挙げましょう。日本では一般的に「カラフル・クリーム」という邦題で有名です。すぐにジャケットが浮かぶ良いタイトルですね。錦絵というよりはサイケなイラストなのですが、チープなところがロックっぽくて良いです。先人の解説によると、ブルースがハードロックに進化する過渡期に重要な役割を果たした一枚ということになっていますが、そんな説明を抜きに聴いても名曲揃いの名盤です。そして有名な「Sunshine Of Your Love」のリフが、後のハードロックの名曲につながっている事実に思い当たります。一曲目「Strange Brew」で、いきなりEric Claptonのギターソロから始まるオープニングも衝撃的です。個人的にはベスト盤にあまり収録されない「Outside Woman Blues」が気に入っています。そして何度も言うようですが、ジャケットを見ながら聴くのが望ましいです。できればレコードの正しいジャケットが(というのもCD化された時点で随分色味が変わっているからですが)おすすめです。床の間の錦石の上に掛け軸のように飾ってもいいかもしれません。
「錦」といえば、「アミニシキ」に似た響きの「アミメニシキヘビ」という名前の蛇がいます。熱帯地方に棲む、大きいものだと10メートル位にもなる大蛇で、獲物に巻き付いて絞め殺してから丸呑みする豪快な奴です。その名の通り、編み目模様が特徴で、残虐さと美しさを兼ね備えた愛らしい蛇です。安美錦が好き過ぎて「アミニシキヘビ」だと思っていましたが「アミメニシキヘビ」です。ぐるぐる巻きにされてみたいものです。

今回のマイベストテープ~錦絵のような美しいジャケット

A1.Master Of The Universe / HAWKWIND ~「Space Ritual」より
A2.Massacre / THIN LIZZY ~「Johnny The Fox」より
A3.Over The Hills And Far Away / LED ZEPPELIN ~「Houses Of The Holy」より
A4.Race With The Devil / GUN ~「The Gun」より
A5.Sunshine / NAZARETH ~「Rampant」より
B1.Parents / BUDGIE ~「Never Turn Your Back On A Friend」より
B2.Nantucket Sleighride(To Owen Coffin)/ MOUNTAIN ~「Nantucket Sleighride」より
B3.Rain / URIAH HEEP ~「The Magician's Birthday」より
B4.Burnin' For You / BLUE OYSTER CULT ~「Fire Of Unknown Origin」より
B5.Outside Woman Blues / CREAM ~「Disraeli Gears」より

New Album『新青年』

2019年6月5日(水)発売
■初回盤(CD+DVD)
¥3,241(税別) TKCA-74791
■通常盤(CD)
¥2,685(税別)TKCA-74792
※ジャケットは初回・通常共通

[CD]
M1.新青年まえがき(作詞・作曲/和嶋慎治)
M2.鏡地獄(作詞・作曲/和嶋慎治)
M3.瀆神(作詞/和嶋慎治 作曲/鈴木研一)
M4.屋根裏の散歩者(作詞・作曲/和嶋慎治)
M5.巌窟王(作詞/和嶋慎治 作曲/鈴木研一)
M6.いろはにほへと(作詞・作曲/和嶋慎治)
M7.宇宙のディスクロージャー(作詞/和嶋慎治 作曲/鈴木研一)
M8.あなたの知らない世界(作詞・作曲/和嶋慎治)
M9.地獄小僧(作詞/和嶋慎治 作曲/ナカジマノブ)
M10.地獄の申し子(作詞・作曲/鈴木研一)
M11.月のアペニン山(作詞・作曲/和嶋慎治)
M12.暗夜行路(作詞/和嶋慎治 作曲/鈴木研一)
M13.無情のスキャット(作詞・作曲/和嶋慎治)

[DVD]
「新青年」への軌跡

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着