クリッシー・ハインド、キンクスの楽
曲カバーを公開

クリッシー・ハインドが、元恋人、レイ・デイヴィスが作詞作曲したキンクスの楽曲「No Return」のカバーを公開した。9月にリリースする彼女のジャズ・スタイルのカバー・アルバム『Valve Bone Woe』に収録される。
「No Return」は、キンクスが1967年に発表した5枚目のスタジオ・アルバム『Something Else by The Kinks』に収録されていた。
クリッシーとデイヴィスは80年代に交際しており、1983年に娘が誕生している。

クリッシーのソロ・アルバムは、2014年リリースの『Stockholm』以来2枚目。『Valve Bone Woe』では、キンクス、ビーチ・ボーイズ、フランク・シナトラ、ナンシー・ウィルソン、ジョン・コルトレーン、ニック・ドレイクらの曲をカバーした。

「How Glad I Am」「Caroline, No」「I'm a Fool to Want You」「I Get Along Without You Very Well (Except Sometimes)」「Meditation on a Pair of Wire Cutters」「Once I Loved」「Wild Is the Wind」「You Don't Know What Love Is」「River Man」「Absent Minded Me」「Naima」「Hello, Young Lovers」「No Return」「Que reste-t-il de nos amours ?」の14曲が収録され、9月6日にリリースする。
クリッシーはジャズとカバー・アルバムについて、「ロック一筋のシンガーとしては、ほかのジャンルに手を広げることには特に興味ないけど、ジャズは子供のときよく流れてた」「それに、カバーするのは大好きなの。自分では作らないタイプの曲なのに、歌いたいって思わされるのは驚きだわ」と話している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着