ザ・クロマニヨンズ、
フジファブリック、
04 Limited Sazabysなど
8月下旬から9月上旬
リリースの8作品を紹介

『Turntable』/竹内まりやAlbum 9/4 Release
    • WARNER MUSIC JAPAN
    • WPCL-13077~ 9
    • ¥4,000(税抜)
竹内まりやの魅力がフルコースで堪能できる40周年記念ベスト。過去ベスト未収録の曲や初CD化の曲が盛りだくさんで、Disc1は「いのちの歌」など代表曲中心。Disc2には中森明菜や薬師丸ひろ子等に提供した曲のセルフカバーや自身のレア音源も。Disc 3はファン待望の洋楽カバーの初CD化をはじめ、ディズニー映画『ダンボ』の日本版エンドソングの英語ヴァージョンや山下達郎とのデュエット曲も収録。
TEXT:山本弘子
『OAU』/OAUAlbum 9/4 Release
    • TOY’S FACTORY
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • TFCC-86688 ¥3,800(税抜)
    • 【通常盤】
    • TFCC-86689 ¥3,000(税抜)
    • 【LP】
    • TFJC-38038 ¥3,500(税抜)
OAU改名後、初になるフルアルバムはTVドラマ『きのう何食べた?』OPテーマ「帰り道」を含む13曲入り。今回は今年10周年を迎えるイベント『NEW ACOUSTIC CAMP』のサウンドトラックを目指したとのこと。ストリングスやパーカッションなどを積極的に導入し、作品性を求めた楽曲は群を抜く素晴らしさ。歌が心に染み入り、インストパートに心が躍る、聴き手のさまざまな状況に寄り添う音色がぎっしり。大傑作だ。
TEXT:荒金良介
『ALL TIME SUPER BEST』/LUNKHEADAlbum 9/4 Release
    • CHOCKYU RECORDS
    • CHKY-0035
    • ¥2,778(税抜)
胸の中で“このヤロー!”と叫びながら懸命に生きることを歌い続けてきたLUNKHEAD。結成20周年を迎える彼らが自ら最強と謳うベスト盤。シングルを中心に選んだ全18曲を発表順に並べたことで、ルーツとも言えるオルタナロックからグッと幅を広げながら再びソリッドなロックに回帰し、どんどん先鋭化していった軌跡を辿ることができる。ラストが「はじまれ」というところが彼ららしい。回顧調はこれっぽっちもない。
TEXT:山口智男

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着