90’sオルタナティブロックの
マイルストーンとなった
ピクシーズの傑作『ドリトル』

本作『ドリトル』について

2ndフルアルバムとなる本作『ドリトル』は、前作とは打って変わってキャッチーなメロディーが満載のアルバムとなった。収録曲は15曲で、短くまとめられた楽曲は全てが名曲揃い。この頃はまだグループ内のトラブルも少なかったのか、フランシスの書くナンバーはどれも伸び伸びしているし、のちに仲違いすることになるキムとのデュエットもこの時点では微笑ましい。誰にも似ていないフランシスのヴォーカル(明るい屈折感が不気味だけど…)と、ジョーイのキレの良いギターワークが本作のキモだろう。

ちなみに、本作はイギリスのメジャーチャートで8位まで上昇、アメリカではシングルカットされた「モンキー・ゴーン・トゥ・ヘブン」(5位)と「ヒア・カムズ・ユア・マン」(3位)が大ヒット。1989年のCMJアルバムチャートでも2位と大健闘するのだが、このメジャーでの成功が徐々にグループ内の亀裂を生むことになる。

本作は90’sオルタナティブロックのマイルストーンになった作品であり、このアルバムがリリースされていなければ、オルタナティブロックの景色は今とは違ったものになっていただろう。名盤である。

TEXT:河崎直人

アルバム『Doolittle』1989年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. ディベイサー/Debaser
    • 2. テイム/Tame
    • 3. ウェイブ・オブ・ミューティレイション/Wave Of Mutilation
    • 4. アイ・ブリード/I Bleed
    • 5. ヒア・カムズ・ユア・マン/Here Comes Your Man
    • 6. デッド/Dead
    • 7. モンキー・ゴーン・トゥ・ヘブン/Monkey Gone To Heaven
    • 8. ミスター・グリーブス/Mr. Grieves
    • 9. クラキティ・ジョーンズ/Crackity Jones
    • 10. ラ・ラ・ラブ・ユー/La La Love You
    • 11. 13番目のベイビー/No 13 Baby
    • 12. ゼア・ゴーズ・マイ・ガン/There Goes My Gun
    • 13. ヘイ/Hey
    • 14. シルバー/Silver
    • 15. ガウジ・アウェイ/Gouge Away
『Doolittle』(‘89)/Pixies

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着