SKE48「11周年前夜祭公演」高柳明音
・卒業発表「10年半続けてきました」

名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が、2019年10月5日(土)に劇場デビュー11周年を迎えるにあたり、10月4日(金)~5日(土)にかけてSKE48劇場デビュー11周年特別公演を開催。

10月4日に「11周年前夜祭トークショー祭り」、「帰ってきたミッドナイト公演」が行われ、終演後に高柳明音が来春の卒業を発表。

まずは「SUNSHINE SAKAEグランドキャニオン広場 11周年記念スペシャルトークショー」に8期生とドラフト3期生メンバーが登場。11年前何をしていたかというトークでまだ幼稚園に通っていたというメンバーも。オープンスペースでなごやかにイベントがスタート。

そしてSKE48劇場でも「11周年前夜祭トークショー祭り」を開催。「SKE48の11年を偏った視点で振り返ろう」というテーマでは、ファンとしてSKE48を観てきてメンバーになった5名がステージで自身がどんなSKE48ファンだったかを語り、客席からは大きな賛同を得ていた。
メンバーそれぞれが以前の自分にあてた手紙を朗読し、倉島杏実がネットでつながっていたSKE48ファンが実は坂本真凛だったという事実や、未使用の握手券を記念に持っていることなども明かされ、充実したSKE48ライフを送っていると笑顔で話した。

続いて「須田会前夜祭特別トークショー~好きすぎて辛い秋~」では、須田亜香里のことを大好きな後輩メンバーがありったけの須田亜香里グッズを身に着けて登場し、須田への熱い想いを告白。MCの江籠裕奈をはじめ、見守り役のメンバー一同も「想像以上に手強い!」と引く程の強い愛情表現に、須田は「今までで一番幸せ!」と満面の笑顔で受け止めていた。

「笑ってはいけないSKE48最新作発表会」では、これまでコンサートや劇場公演のチェンジアップの時間などに上映されてきた「笑ってはいけない SKE48」の最新作を紹介。SKE48の個性あふれるメンバーの珍回答に思わず笑ってしまったメンバーには、今春卒業した松村香織の後任 白井琴望の容赦ないスイングが振る舞われた。
そしてここでメンバーから嬉しいおしらせが。全国のスギ薬局グループ限定で10月7日(月)からカラオケボイスドリンクとのコラボキャンペーンが行われることが発表された。

カラオケボイスドリンクはエイベックスが開発した言わば”飲むのど飴”的な清涼飲料水で、累計出荷600万本を突破する人気商品。これまで全国のカラオケ店を中心に販売されてきたが、大手ドラッグストア・スギ薬局グループでの販売が決定し、スギ薬局グループの本社も愛知県ということもあり、コラボキャンペーンパートナーとしてSKE48に白羽の矢が立った。

「帰ってきたミッドナイト公演 Suppor
ted by SUNSHINE SAKAE」

今年はSKE48の誇るキラーコンテンツ「ミッドナイト公演」が、「帰ってきたミッドナイト公演 Supported by SUNSHINE SAKAE」として復活!11周年ということで深夜24:11からスタートするこの公演は、メンバーが明かされずに開幕。

山内鈴蘭が艶っぽいアナウンスの後、ソロで登場し「甘い股関節」を歌う怪しいムードで公演はスタート。
「overture」にのせて出演メンバーが映像で紹介されると、黒い衣装でいつもの公演より大人のムードの曲を続けて披露。客席もいつもの盛り上げ系ではなく、「ヤバイ、ヤバイ!」という女性ファンの声も聞こえてきた。

「ミッドナイト選抜です!」とSKE48 キャプテンの斉藤真木子が挨拶し、20歳以上の大人メンバー10名が大きな歓声で迎えられた。青木詩織、荒井優希、北野瑠華、井田玲音名、佐藤佳穂が初めての出演。「従順なSlave」では古畑奈和が高柳明音と熱いパフォーマンスを魅せ、元気いっぱいのSKE48メンバーが見せるいつもと違う表情で客席を魅了。
「Party is over」の後、深夜の妙なテンションのメンバーは青木詩織の父親に電話したり、きっとこの公演の配信を見てくれているだろうと「SKE48の11年を偏った視点で振り返ろう」でSKE48ファンを公言している福士奈央に電話したりと楽しいコーナーも。

全編色っぽいムードが漂い中、「シャム猫」、「ほっぺ、ツネル」ではいつもの元気なダンスに大きなコールで盛り上がった。アンコールでは、最初に登場した山内鈴蘭がこのミッドナイト公演に対する並々ならぬ想いを明かし、「こんな深夜に公演ができて本当に感謝しています」と涙ながらに語ると、客席からはその懸命な姿に温かい拍手が起こった。
泣き顔になりながら「ミッドナイト公演といえばこの曲!」と「スルー・ザ・ナイト」をセクシーな衣装で披露し、「ミッドナイト公演」は終演。

高柳明音、SKE48を卒業

終演の挨拶をするその時、「私、高柳明音はSKE48を卒業することにしました。すみません、急な発表で」との言葉に客席からは大きな驚きの声が上がった。公演を成功させるために一生懸命頑張ってきたので、メンバーには誰にも言わずに内緒にしていたとのこと。

「SKE48で10年、10年半かな、毎日楽しくてアイドルが本当に好きでいつまでもいたいなと思う自分もいるけどでも、ここだな、って自分で思ったので、決めました。ここで発表したいなと思ったのは、きっとミッドナイト公演に出るメンバーは、公演が大好きで私が信頼しているメンバーたちが出てくれると思ったので。(5日開催の)「11周年公演」はお祝いなので、今日にさせてもらいました。卒業することにしましたが、ちょっとだけ時間があるので、春頃までかな、あと半年くらいあるので、それまで応援してもらえると嬉しいです」と清々しい笑顔で卒業を発表。

高柳明音は終演後に以下のようにコメントを寄せている。
「10年やってきて何回もやめようと思ったことがあったけど、諦められないこともたくさんあって、10年半続けてきました。やっと全てに納得がいくところがあって、それにしても10年半というのは長いですよね(笑)SKE48でできることは、まだ半年ほどやれることはあるけど、だいぶ伝えきったな、出し切ったなと思うし、SKE48がくださる宝物も十分にいただいたと思ったので、これから新しい、今までの10年を無駄にしない、女優という夢を叶えられるように頑張りたいと思います。ありがとうございました」

セットリスト

前座 甘い股関節 山内
- overture
M. 1 Two years later
M. 2 やりたがり屋さん
M. 3 Ambulance
M. 4 誘惑のガーター 青木 荒井 北野
M. 5 従順なSlave 高柳 古畑
M. 6 お手上げララバイ 山内 斉藤
M. 7 Party is over 山内 大場 井田 斉藤 佐藤
M. 8 軽蔑していた愛情
M. 9 シャムネコ
M.10 ほっぺ、ツネル
M.11 制服が邪魔をする
EN.1 誰のことを一番愛してる?
EN.2 スルー・ザ・ナイト

■「SUNSHINE SAKAEグランドキャニオン広場 11周年記念スペシャルトークショー」
2019年10月4日(金)17:30開演
会場:SUNSHINE SAKAEグランドキャニオン広場
出演:石黒友月、大谷悠妃、仲村和泉、大芝りんか、中野愛理、平田詩奈、深井ねがい

■「11周年前夜祭トークショー祭り」
2019年10月4日(金)18:30開演
会場:SKE48 劇場 <住所>愛知県名古屋市中区錦3-24-4

「SKE48の11年を偏った視点で振り返ろう」
出演:坂本真凛、片岡成美、倉島杏実、西満里奈、福士奈央
MC:上村亜柚香、末永桜花

「須田会前夜祭特別トークショー~好きすぎて辛い秋~」
出演:浅井裕華、井田玲音名、野々垣美希、平野百菜
MC:江籠裕奈
ゲスト:杉山愛佳、相川暖香、菅原茉椰

「笑ってはいけないSKE48最新作発表会」
出演:井上瑠夏、太田彩夏、白井琴望、水野愛理、熊崎晴香
MC:竹内彩姫、鎌田菜月

■「帰ってきたミッドナイト公演 Supported by SUNSHINE SAKAE」
2019年10月4日(金)24:11開演
会場:SKE48 劇場 <住所>愛知県名古屋市中区錦3-24-4
出演:山内鈴蘭、青木詩織、荒井優希、大場美奈、北野瑠華、高柳明音、古畑奈和、井田玲音名、斉藤真木子、
佐藤佳穂

10月5日(土)にはメインイベントSKE48「11周年特別公演」を開催。SKE48劇場デビュー11周年を記念して、栄のオアシス21の水の宇宙船では特別ライトアップを実施中。また、SKE48劇場のあるSUNSHINE SAKAEの観覧車Sky-Boatゴンドラがメンバーラッピング仕様になっている。
©2019 Zest,Inc.

©2019 Zest,Inc.

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着