スピッツ、GLAY、ユニコーンなど
9月から10月リリースの15作品を紹介

「あふれる」/tricotSingle 9/25 Release
    • 8902 RECORDS
    • 【CD+DVD】
    • CTCR-40405/B ¥2,700(税抜)
    • 【CD】
    • CTCR-40406 ¥1,000(税抜)
プライベートレーベル“8902 RECORDS”を設立して放つメジャー移籍後初のシングル。歯切れの良いギターリフに始まり、予測不能で緩急自在なtricot印のアンサンブルが広がっていく表題曲は、文字通り言葉にならない感情があふれるような、どこか切なさを内包しつつも攻め気に満ちたナンバーに仕上がった。各楽器やコーラスがミニマルかつ有機的に絡み合う展開に耳をくすぐられるカップリング「なか」も素晴らしい。
TEXT:田山雄士
『NO DEMOCRACY』/GLAYAlbum 10/2 Release
    • LSG / PONY CANYON
    • 【CD+DVD盤】
    • PCCN-00037 ¥5,000(税抜)
    • ※1CD+2DVD 
    • 【CD Only盤】
    • PCCN-00038 ¥3,000(税抜)
デビュー25周年イヤーに7つの公約を掲げ、“DEMOCRACY(民主主義)”をテーマに活動中のGLAYが新しい時代に向けて放つアルバム。メッセージ性の強い曲が目立ち、ラスト曲「元号」が未来を生きる世代にバトンを渡すかのように響いてくる。日常の中でのすれ違いや悲しみ、世界レベルでの戦争…問題山積みの世の中やそこで惑う人たちに彼らが贈る人間臭くて正直な曲たちが染みてくる。考えさせられる。
TEXT:山本弘子
『UC100W』/ユニコーンAlbum 10/2 Release
    • Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL 3188〜9 ¥4,800(税抜)
    • ※スマホで浮か~ぶ! ARボックス仕様
    • 【通常盤】
    • KSCL 3190 ¥3,000(税抜)
    • 【完全生産限定盤(アナログ盤)】
    • KSJL 6210 ¥3,500(税抜)
    • ※11月6日発売
“働き方改楽 なぜ俺たちは楽しいんだろう”というスローガンを掲げ、再始動10周年になんだかんだ足した愉快な100周年を爆走中のユニコーンが、ロングツアーと並行して完成させた今年2枚目のフルアルバム。《俺たちの事は俺たちのせいでいいぜ》と日常の延長にある音楽を何にもとらわれず自由に鳴らす、ゆる~く心地良い楽曲たちの中で、ちらりと垣間見れる彼らの本気も聴き逃がすな!
TEXT:フジジュン
「空の青さを知る人よ」/あいみょんSingle 10/2 Release
    • unBORD/ WARNER MUSIC JAPAN
    • WPCL-13107
    • ¥1,000(税抜)
映画 『空の青さを知る人よ』の劇中主題歌である表題曲とED主題歌「葵」を収録した9thシングル。切なくも不思議でもある恋物語に寄り添いつつも、“ホラー映画とキャラメル味のキス”“赤く染まった空から溢れ出すシャワーに打たれて”(「空の青さを知る人よ」)などの比喩的表現が、楽曲を深奥なるものに昇華させる。新曲という引き出しを開けるほどに開花する、あいみょんの極上なセンスに陶酔!
TEXT:小町碧音
『you are here』/内田真礼Album 10/2 Release
    • PONY CANYON
    • 【BD付・初回限定盤(PHOTOBOOK付)】
    • PCCG-01812 ¥3,800(税抜)
    • 【DVD付・初回限定盤(PHOTOBOOK付)】
    • PCCG-01813 ¥3,200(税抜)
    • 【通常盤】
    • PCCG-01814 ¥2,500(税抜)
約2年半振りとなる2ndミニアルバムが到着! 田淵智(UNISON SQUARE GARDEN)やy0c1e、曽我部恵一( サニーデイ・サービス)、TAKE(FLOW)、堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)といった個性的な作家陣を迎えた本作で、彼女のキュートな魅力が上昇。そのパワフルな歌声で表現するのは、疾走感のある「波乗りキャリーオン」から決意を固める「Seasons也 Come, Seasons Go」までにある、さまざまな感情の巡り。
TEXT:小町碧音

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着