ソニンが笑顔で10数曲を熱唱「来年の
今日のスケジュールを空けておいてね
!」 デビュー20周年を記念するライ
ブを開催

ミュージカルを中心に活躍する女優ソニンのデビュー20周年を記念するライブ『SONIM's 20th ANNIVERSARY COUNTDOWN Luxury moments LIVE』が2019年10月18日(金)東京・COTTON CLUBにて開催された。この日2回開催されたライブイベントのうち、2回目の内容をレポートしよう。
ほの暗いCOTTON CLUBのフロア。ステージにバンドメンバ―が入り、軽く音出しをしているとふっと暗転。そして会場の後方にスポットライトが当たるとそこには淡いペパーミントグリーンのドレスに身を包んだソニンがいた。
♪Don't Cry For Me Argentina~とミュージカル『エビータ』の代表的ナンバーのサビを高らかに歌い上げたソニンはそのままステージにあがり、一曲を披露。エバ・ペロンが国民のためになりたいと語る歌詞はそのままソニンが自分を支えてくれたこの日の観客のために心を捧げると言っているようだった。
オープニングの一曲が終わり、柔らかな声色で挨拶するソニンは「本日、私のCDデビュー日でして。19年前の今日、……ジャーンプ!って(笑)」と照れくさそうに話すと客席からも笑い声が起きていた。「20周年のお祝いは来年に取っておく事で19年間私を作ってきた音楽を」とライブのコンセプトを説明した。
続いては「心温まる曲を」と、EE JUMPから『Hello! 新しい私』、そしてソニンのソロナンバーからスキマスイッチが手掛けた『あすなろ銀河』を披露。青春時代の甘酸っぱい恋と別れを描いたアップテンポの『Hello~』、そしてしっとりと想いを歌い上げる『あすなろ銀河』に観客は魅了されていた。終わると「懐かしいよねー」と笑いつつ、17か18歳の頃のPV撮影の思い出話をひとしきり話していた。
ディズニー作品からも2曲。映画『ムーラン』の隠れた名曲、と紹介した『リフレクション』、そして映画『アラジン』から『Speechless』を披露。『Speechless』は英語で熱唱し、観客を圧倒。終わってから「いつか声の仕事もしてみたいな……仕事をもらわないとできませんけどね。オーディション受けないとね」と笑いながらも将来の夢の一つとして掲げていた。
「後半は偉大なるアーティストの曲から」と紹介し、アリシア・キーズの『If I Ain't Got You』を英語で、そして映画『アリー/スター誕生』でレディー・ガガが歌った『I'll never love again』を披露。アリシア・キーズの曲は自身の転機となったNY留学の頃の思い出と共に「NYにピッタリな思い出の曲」と紹介。『アリー』の曲は機内で映画を見て「この曲、ライブで、イツカ、ウタイターイ」(途中から外国人が話す日本語風)とタイミングを見計らっていたそうで、なんと今回ソニン自ら歌詞を日本語訳し、さらに初めてピアノを弾き語りにも挑戦するというダブルサプライズ! レディー・ガガのような深みのある低音と伸びのある高音を共に活かして情熱的に歌い上げていた。なお、歌い終わってから「ここにある楽器の中でやったことがないのはベースだけ……」と目線を送るとベーシストが「触らせないぞ」とばかりに✕を出し、大笑いとなっていた。
自身が出演したミュージカル『マリー・アントワネット』から『もう許さない』を韓国語で、ミュージカル『FACTORY GIRLS~私が描く物語』から『自由か死か』を歌うソニン。どちらも情熱的な力強さに満ち溢れ、観た人ならその場面が脳裏に思い浮かぶに違いないソニンにぴったりの楽曲だった。『自由か死か』は本番ではソニン以外のメインキャストが歌う曲。「袖で待機しながら一緒に歌っていた」と笑顔で語るソニン。きっと他のキャストと一緒に舞台上で歌いたかったに違いない。
最後は映画『グレイテスト・ショーマン』からキアラ・セトルを中心にキャストたちが熱唱する『This is Me』を披露。観客も手拍子を打ちながら「オーオーオーオー」とコーラスで参加し、大盛り上がりの中ライブ本編が終了となった。
とはいえこれだけでは我慢ができないのは皆同じ思い。アンコールを求める手拍子が鳴り響く中、ソニンが再び会場に姿を現し、SEKAI NO OWARIの『サザンカ』とミュージカル『コーラスライン』から『What I Did for Love』を歌う。ソニンはこの日来場したすべての観客に向けて感謝の言葉を述べ、そして「2020年10月18日、絶対アニバーサリーライブをやるので、皆スケジュールを空けておいてね!」と茶目っ気たっぷり、満面の笑顔で呼びかけていた。
取材・文=こむらさき 撮影=オフィシャル提供

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着