アイアン・メイデン、ライブでは「オ
リジナルのキーを変えていない」

アイアン・メイデンのブルース・ディッキンソンは、ライブで、それが何十年前に作られた曲であろうが、現在に至るまでキーを変えずに歌っているそうだ。
週末(10月27日)、オーストリアで開いたスポークン・ワード公演で、ディッキンソンはこう話した。「“公演前、どうやって声のウォーミングアップを行なっているのか?”と問われるが、実際のところ、5分しかやってないよ。それが全てだ。その前、ツアーを始めるってときには、もうちょっとやる。始まってしまえば、週に3~4回プレイするわけで、俺は自分の声のことはわかっているし、5分あれば十分だ。ボンって感じだよ。「Aces High」に始まり「Where Eagles Dare」と、俺らはかなり高音の曲でスタートする」

「俺らは全ての曲をオリジナルのキーのままプレイしてる。他の連中がやっているように、デチューンすることはない。そうしなければならない日は来るかもしれない。でも、いまはその必要はない。結果、パフォーマンスは良くなっていると思う。そのキーでプレイされるべきなんだから」

アイアン・メイデンは今年のツアーを10月15日に南米で終了。現時点で、2020年は夏に英国およびアイルランドでの2公演のみ告知されている。ベーシストのスティーヴ・ハリスはそれまでの期間、彼のサイド・プロジェクト、ブリティッシュ・ライオンの活動に勤しみ、12月にUKツアーを行ない、2020年初めにニュー・アルバムをリリースする予定だという。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着