Sonar Pocket、石橋貴明の“令和版ね
るとん”にテーマ曲書き下ろし

(c)AbemaTV

Sonar Pocketがテーマ曲を担当するAbemaTVの特別番組『石橋貴明プレミアム第4弾 恋する沖縄48時間ムーンビーチでタカさんチェック!』が、11月9日(土)夜8時から「AbemaSPECIAL2チャンネル」にて放送される。

同番組は、とんねるずの石橋貴明が“今インターネットテレビでやりたいこと”、“地上波では許されないこと”への想いを壮大なスケールで実現させる「石橋貴明プレミアムシリーズ」の第4弾となる恋愛バラエティ。スタジオゲストには“みちょぱ”こと池田美優、満島真之介、南海キャンディーズの山里亮太、平成ノブシコブシの吉村崇が登場し、沖縄在住の男性10人と沖縄に住みたいと願う女性6人の恋愛模様を石橋と共に見守る。テーマ曲となる「大切な人へ」は、石橋とプライベートでも親交の深いSonar Pocketが本番組のために書き下ろした楽曲だ。

   ◆   ◆   ◆

■Sonar Pocket コメント

「『ねるとん紅鯨団』と言えば土曜日の夜11時台に放送していたんですが、当時子供だったのでちょっぴり夜更かしして観ていた記憶があります。毎週、とんねるずのお二人のもとに初対面の男女が集まってカップル成立を目指すドキュメンタル恋愛バラエティ。とんねるずの素晴らしい“素人イジリ”も相まって、最高にエンターテインメントで刺激的でした。昨今の恋愛を絡めたバラエティの先駆けとなる金字塔的番組なんじゃないかな?と思います。
そして今回、令和元年にこの番組がリニューアルして大復活!!なんと、そのテーマソングを我々Sonar Pocketが書き下ろしました!!!少しでも番組に花を添えられたらと思い制作させて頂きました。今から放送が楽しみで仕方ありません。」──matty

「大切な人とのかけがえのない特別な時間。想うからこそ伝えたい愛の言葉。カップル成立を後押しできるような楽曲になりました。当時ずっと見ていた番組で自分たちの楽曲が使用されることは、カップルが成立する以上に自分的には嬉しいことです。番組と同じく手に汗握る展開!この楽曲の構成も面白くできたと思います。是非チェックしてみてください! 」──eyeron

「このお話を頂き“大切な人へ”を制作しました。大切な人へ対する想い、そして日々過ごす中で見失いがちになってしまう大事なことを歌詞にしました。番組内で色々なドラマが生まれ、そして沢山の“愛”や“幸せ”が生まれると思うので、この楽曲が出演される方の1ページを、より彩っていけたらと思っています。ぜひ、あなたの“大切な人へ”届けて下さい。」──ko-dai

   ◆   ◆   ◆

放送に先立ち、Abemaビデオでは「大切な人へ」が番組の特別映像と共に先行公開されている。

AbemaTV特別番組『石橋貴明プレミアム第4弾 恋する沖縄48時間ムーンビーチでタカさんチェック!』

放送日時:2019年11月9日(土)夜8時~夜10時
放送チャンネル: AbemaSPECIAL2チャンネル
放送URL: https://abema.tv/channels/special-plus/slots/F6BCBCRqwXN8YP
ホスト:石橋貴明(とんねるず)
スタジオゲスト:池田美優、満島真之介、山里亮太(南海キャンディーズ)、吉村崇(平成ノブシコブシ)※50音順


Sonar Pocket「大切な人へ」独占先行公開

URL: https://abema.tv/video/episode/90-1326_s1_p502

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着