マライア、ユーリズミックス、アウト
キャスト、ジャーニーらソングライタ
ーの殿堂の候補に

アメリカのソングライターの殿堂(Songwriters Hall Of Fame)が、水曜日(11月6日)、2020年度の殿堂候補を発表した。
パフォーマンスもするソングライターでは、マライア・キャリー、グロリア・エステファン、ブレッドのデヴィッド・ゲイツ、現在、イーグルスのライブ活動に参加しているヴィンス・ギル、アイズレー・ブラザーズのメンバー(アーニー、マーヴィン、オケリー、ロナルド、ルドルフ、クリス)、現/元ジャーニーの3人(ジョナサン・ケイン、スティーヴ・ペリー、ニール・ショーン)、ユーリズミックスのアニー・レノックス&デイヴ・スチュワート、ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴ、スティーヴ・ミラー、アウトキャストのアンドレ・3000&ビッグ・ボーイ、R.E.M.の4人(ビル・ベリー、ピーター・バック、マイク・ミルズ、マイケル・スタイプ)、パティ・スミスがノミネートされた。

また、ファレル・ウィリアムスとチャド・ヒューゴから成るザ・ネプチューンズが、パフォーマンスしないソングライターとして候補に挙がっている。
51回目を迎えるソングライターの殿堂の受賞式は、2020年6月11日に開かれる。

マライア・キャリー、ユーリズミックス、ヴィンス・ギル、マイク・ラヴらは2019年度でも候補に挙がっていた。

2019年度は、ミッシー・エリオット、ユスフ/キャット・スティーヴンス、カントリー・フォーク・シンガーのJohn Prine、イーグルスのコラボレーターとして知られるJack Tempchin、Dallas Austin、Tom T. Hallが殿堂入りし、ジャスティン・ティンバーレイクがコンテンポラリー・アイコン賞、ホールジーがスターライト・アワードを受賞した。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着