オジー・オズボーン、ニュー・アルバ
ムにダフ・マッケイガンとチャド・ス
ミスが参加

金曜日(11月8日)、約10年ぶりの新曲「Under The Graveyard」をリリースしたオジー・オズボーンが、来年初め発表予定のニュー・アルバムのタイトルと参加アーティストを明かした。
2010年の『Scream』以来となる新作、通算12枚目のソロ・アルバムは“普通の男”、『ORDINARY MAN』と名付けたという。ギターにプロデューサーのアンドリュー・ワット、ベースにダフ・マッケイガン(ガンズ・アンド・ローゼズ)、ドラムにチャド・スミス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)をフィーチャーし、米ロサンゼルスでレコーディングしたそうだ。

オジーはアルバムを作り始めたきっかけについて、こう話している。「(娘の)ケリーが来て、“ポスト・マローンの曲、やってみたくない?”と言われたところから全てが始まった。俺の最初のリアクションは“ポスト・マローンって誰なんだ?!”だった。アンドリューの家に行くと、すぐに終わるって言われた。その曲を完了すると、彼は“アルバムを(作り)始めることに興味ない?”って訊いてきたんだ。俺は、“そいつはクソ素晴らしいが、俺はいま、半年間も地下のスタジオにこもりたくはないんだよ!”って言ったんだ」

「そして、あっという間にこのアルバムが完成していた。ダフとチャドが来て、日中、ジャムし、俺は夜に曲に取り掛かった。以前、シャロンには、俺はアルバムを作るべきだって言ってたが、心の底では“いまの俺にそんな強さはない……”って思ってた。でも、アンドリューはそれを俺の中から引き出してくれた。みんなに聴いて、楽しんでもらいたいと本当に願ってる。なぜなら、俺はこのアルバムに身も心も注ぎ込んだから」

新作は、彼にとって「多分、『No More Tears』以来となる最も重要なアルバムの可能性が高い」そうだ。
アルバムに関するさらなる詳細は、今後発表していくという。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」