コロナナモレモモ(マキシマム ザ ホ
ルモン2号店)、ホーム栃木でイベン
ト開催

マキシマム ザ ホルモン2号店ことコロナナモレモモが、デビューシングル「恋のメガラバ / 包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ(正式表記は各単語に×表記)」のリリースを記念した無料イベント<コロナナモレモモ デビューシングル発売記念!ホーム栃木で無料ミニマム ザ ライブ & 福引抽選会>を11月30日に栃木・岩下の新生姜ミュージアムで開催することが決定した。
本拠地栃木で初のライブとなる<無料ミニマム ザ ライブ>は県民限定で、抽選で250名が参加可能となる。応募方法や注意事項等の詳細はオフィシャルサイト(https://www.cottelee.com/)でチェックしよう。

また、会場では「岩下の新生姜」とのコラボTシャツやレアな非売品グッズなどが当たる福引抽選会も開催される。こちらはデビューシングルの先着購入特典“本店&コロナナモレモモ4カットステッカー(めくると謎のチケット付き)”の台紙に記載された「シークレット確変BOOSTER TICKET」があれば誰でも参加することができる。
■<コロナナモレモモ デビューシングル発売記念!ホーム栃木で無料ミニマム ザ ライブ & 福引抽選会>

■無料ミニマム ザ ライブ
日程:2019年11月30日(土) OPEN 18:45 / START 19:30
※18:00よりIDチェックを実施
会場:栃木・岩下の新生姜ミュージアム(https://shinshoga-museum.com/
※必ず公共交通機関を利用してご来場ください。
・応募受付期間:2019年11月12日(火)~2019年11月16日(土) 23:59
・当選者数:250名様

■福引抽選会
実施時間:2019年11月30日(土) 15:00~終演まで(賞品がなくなり次第終了。)
実施会場:栃木・岩下の新生姜ミュージアム(https://shinshoga-museum.com/
※必ず公共交通機関を利用してご来場ください。
※福引抽選会は栃木県民以外でも、応募当選していない方でも参加可能です。

各詳細はコロナナモレモモHP(https://www.cottelee.com/)にてご確認ください。

■1st Single「恋のメガラバ / 包丁・
ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ

(※正式表記は各単語に×表記)
2019年9月25日発売
仕様:1CD(両A面4曲)+2DVD(440分)+28Pブックレット
価格:¥3,433(笹島ササ価格)+tax
品番:WPZL-31651~53

■収録曲
01.恋のメガラバ
02.包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ(正式表記は各単語に×表記)

-BONUSトッピングTrack-
03.G’old〜en〜Guy [D×D remix] feat. Misaki (SpecialThanks)
04.拝啓VAP殿 [GONGONめちゃくちゃ語フルver.]

■DVD収録内容
・マキシマム ザ ホルモン本店の未発売曲 「ハングリー・プライド」フルMusic Video
・「ガチンコ ザ ホルモン(完全版)」(本店メンバーと2号店メンバーによる視聴会コメント映像、スピンオフドラマ・ガチンコ ザ ホルモン #14.5含む)
・未公開ミニCM集

■ブックレット(28P)
・脚本マキシマムザ亮君、漫画ggeika(厳河原エイカ)によるコロナナモレモモの4コマ漫画「コロナナモレモモ4コマ劇場 男女鹿人 栃木物語〜ひとつ屋根の下〜」
・コロナナモレモモメンバーへの11の質問


■コラボTシャツ抽選プレゼントキャンペーン応募用紙封入

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着