ロッド・スチュワート、ジェフ・ベッ
クとの10年ぶりの共演「望んでいた通
りだった」

今年9月、ロッド・スチュワートとジェフ・ベックが10年ぶりに共演を果たしたが、ロッドはその出来に大満足しているそうだ。
2人の共演は9月27日、米ロサンゼルスで開いたロッドの公演で実現。アンコールでベックが登場し、「Blues Deluxe」「I Ain't Superstitious」「People Get Ready」「Rock My Plimsoul」「Morning Dew」の5曲を一緒にプレイした。

ロッドは、『Rolling Stone』誌のインタビューで「あれは僕が望んでいたことそのものだったし、ジェフが望んでいた通りだったと思う」と話した。「彼のギターと僕の声だけで生み出したあのサウンドはとても素晴らしかった。僕はちょっと身を引く感じで、跳び回ったりはしなかった。彼の夜にしたかったんだ。上手く行ったと思ってるよ」

現時点、さらなる共演は具体的には計画されていないが、ロッドは再び行なうのは可能だと考えているそうだ。

また、自身のバイオグラフィ映画制作に興味があるというロッドは、「エルトンの(『ロケットマン』)みたいなものにはしたくない。あれは、ちょっと『マンマ・ミーア!』風になってしまった。でも、クイーンのやつ(『ボヘミアン・ラプソディ』)は素晴らしかった。すごく気に入ったよ」と、またもやエルトンを軽くディスりつつ、話した。

ロッドは来週(11月22日)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と過去のヒット曲をオーケストラ・ヴァージョンでパフォーマンスしたアルバム『YOU’RE IN MY HEART: ROD STEWART WITH THE ROYAL PHILHARMONIC ORCHESTRA』をリリースする。

Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着