ストレートなハードロックで
勝負したカクタスの
傑作デビュー盤『カクタス』

本作『カクタス』について

1970年にリリースされた本作『カクタス』の裏ジャケットには、マネージャーのフィル・バシル、イギリスの大物プロデューサー、ミッキー・モスト、後にカクタスに加入するキーボード奏者デュアン・ヒッチングスなどの他、ジェフ・ベック、ロッド・スチュワート、レッド・ツェッペリンといった有名アーティストの名前がクレジットされている。一緒にグループを結成しようとしていたぐらいなので、ベックやロッドの名前が載っているのは当然なのだが、ツェッペリンについては影響を受けたという意味なのかもしれない。おそらく、彼らはグループの方向性として、ブリティッシュ・ハードロックのサウンドをイメージしていたのだろう。余談であるが、上記の名前が書かれているのはUSオリジナル盤で、日本で最初にリリースされた時はなぜか裏ジャケットが編集されており、曲名表記しかなかった(その後、再発の際にはオリジナルUS仕様に変更されている)。

収録曲は全部で8曲。ロックのアーティストにも信者が多いジャズミュージシャンのモーズ・アリソンの代表曲「Parchman Farm」と、ブルースミュージシャンで名プロデューサーとしても名高いウィリー・ディクソン作「You Can't Judge a Book by the Cover」の2曲以外はメンバーによるオリジナルである。リードヴォーカルとマウスハープは、ラスティ・デイが担当しているが、ボガートもアピスも歌は上手いのでコーラス面で大きな役割を担っており、それがブリティッシュのハードロックグループにはあまり見られないカクタスの大きな魅力のひとつでもある。

1曲目の「パーチマン・ファーム」はカクタスの十八番として知られる怒濤のようなブギナンバーで、特にボガートのうねりまくるベースは圧巻。続くスローナンバーの「My Lady from South of Detroit」とサザンロックテイストの「Bro. Bill」はアメリカのグループでないと醸し出せないアーシーさがあり、後のB.B&Aにも通じる雰囲気を持っている。ハードロックンロールの「Let Me Swim」やアピスのドラムソロが入る「Feel So Good」は、明らかにツェッペリンを意識している。3連のブルース「No Need to Worry」はマッカーティのブルースフィールにあふれたギターが中心であり、シャッフルの「Oleo」では、ボガートの音を歪ませたベースソロが入る。

各楽曲はバラエティーに富み、最後まで飽きさせない構成になっている。カクタスはシングルヒットを狙うより、一枚のアルバムを通してメンバー間の緊迫した真剣勝負を聴かせるということに重きを置いたのかもしれない。彼らはこの後も2作目の『ワン・ウェイ…オア・アナザー』(‘71)、3作目の『リストリクションズ』(’71)まで徐々にバンドとしての整合性を高め、デビュー作に勝るとも劣らない秀作をリリースし、アメリカン・ハードロックのリーダーとして多くの後進グループに影響を与えることになるのである。

僕は、非の打ち所のない整ったサウンドを聴かせるグループが多い昨今のポピュラー音楽界のなかにあって、メンバー内の誰が目立つかという、ある意味で我の強い異種格闘技戦を繰り広げるカクタスという不器用なグループの在り方こそがロック本来の姿ではないかと思う。

TEXT:河崎直人

アルバム『Cactus』1970年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. パーチマン・ファーム/PARCHMAN FARM
    • 2. レイディ・フロム・サウス・オブ・デトロイト/PARCHMAN FARM
    • 3. ブラザー・ビル/BRO. BILL
    • 4. ユー・キャント・ジャッジ・ア・ブック・バイ・ザ・カヴァー/YOU CAN'T JUDGE A BOOK BY THE COVER
    • 5.レット・ミー・スウィム/LET ME SWIM
    • 6. ノー・ニード・トゥ・ウォリー/NO NEED TO WORRY
    • 7. オウリオウ/OLEO
    • 8. フィール・ソー・グッド/FEEL SO GOOD
『Cactus』(’70)/Cactus

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着