『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の“映画の指輪のつくり方”』

『みねこ美根の
“映画の指輪のつくり方”』
- 第三十一回 -
「シェフ 三ツ星フード
トラック始めました」の指輪

2017年から本格的に活動を開始したシンガーソングライター〈みねこ美根〉が大好きな映画の世界から作り出す紙粘土細工と指輪の制作過程をお見せします。ミニチュア好きな方、アクセサリーづくりに興味のある方は是非見ていってください。指輪はライブ会場にて展示しております。

動画監督・撮影・編集・演奏・文:みねこ美根

「食べ物も音楽も楽しんでこう(2014「シェフ 三ツ星フードトラック始めました(Chef)」)」

 ワンマンライブを終えました、余韻の中、指輪をつくりましょ!最近どっしり系の映画を立て続けに見たので、楽しいものを見てみた。

 つい最近、5、6年ほど連絡を取り合ってなかった友達とLINEをした。ターミネーターの予告を見たときにふと思い出し、連絡を入れてみたのだ。返事が返ってきて嬉しかったのだけれど、序盤から、話を切り上げたいオーラを出されている、そんな気がしてならない。こちらばかりが質問をしてなんとか会話が続いているこの感じ。確かに、会話の目的が“会話”では、相手も何をどう展開していったらよいか分からないだろう。申し訳ないことをした。こうして友達が減っていくんですね。わかります。ちょっと落ち込んでしまったので、爆音でラテン音楽を流して家で一人、踊ってみた。楽しい。
 そうだ、そうだ、私が疑心暗鬼なだけで、その瞬間の会話は楽しんだんだからいいじゃないか!ひー、ひー、ふー。ところで、なぜラテン音楽かって?それは「Chef」という映画を見たからです。
監督・脚本・製作・主演をジョン・ファヴロー(アイアンマンの監督そして運転手ハッピーの人ね)が務めるこの作品、とても楽しい気持ちになれる。

 一流レストランで料理長を務めるシェフ、カール。有名な料理評論家の来店に合わせ、新メニューを出そうとするが、オーナーに反対され、不本意ながら出した従来のメニューを評論家にこき下ろされてしまう。カールが慣れないTwitterで反論したところ、大炎上。再び来店した評論家に罵声を浴びせてしまい、その映像もまた拡散され、店をクビになってしまう。元妻イネズの提案により、フードトラックを始めたカールと、レストラン時代の同僚マーティン、息子パーシーとの旅が始まる、という話。
 旅で大切なものに気が付く、という触れ込みだったけど、ちょっと違うかな。フードトラックで旅に出るまで、映画の半分以上を使っているし、旅がメインではなく、カールの人生の転機を一緒に楽しんでいく感じ。料理を楽しみ、味わい、息子と会話をし、同じ時間と食を多くの人と共有する。“今を感じる瞬間”は楽しくちょっぴり切ない。それが美味しそうに詰め込まれた作品。(邦題は酷い。)
 パーシーのパパ大好きな気持ち、遊びに行くとか特別なことばかりじゃなく、もっと会話をしたい、パパを知りたいという気持ちがとても可愛らしい。時々素っぽくなる表情も愛おしい(キューバサンド試食シーンが好き)。駆けつけてくれるマーティンや、元奥さん、スカーレット・ヨハンソンが演じるソムリエとの関係性も素敵だ。

 カールが評論家にぶちぎれるシーンは、制作サイドにも携わる彼が叫ぶからこその作り手の叫びにも聞こえて秀逸。そしてなにより美味しそうな料理!調理シーンも嫌味な雰囲気(スローとかやりがちなやつ)が無くって見てて楽しい!今回の指輪ミニチュアフード作りの魅力にはまってしまい、いつもより若干長めの動画です。どうしてもカットできなかったぜ。BGMでカバーしたラテン調のピアノももうちょっと勉強してみようかな、面白い。気持ちが楽しくなってきた、よし。
*****************
モチーフ:出来立てのキューバサンド、焼いてる時のキューバサンドとバターを塗るはけ、パーシーの朝ご飯のチーズサンド、パーシーの朝ご飯の目玉焼きとポテトとベーコン、モリーに作ったパスタ、フードトラック
音楽:Pete Rodriguez「I Like It Like That」オルゴールver. Cover
*****************
◆LIVE情報◆※随時情報は本人TwitterでUpします。
~ワンマンライブ~
A Special Day of Mine「COLLECTIVE IMPACT ~根然一体~」
2020年1月23日 (木) 吉祥寺Rock Joint GB
開場 18:30 / 開演 19:30 自由席確約¥3,800(ドリンク代別)
(問)ネクストロード 03-5114-7444 (平日14~18時)
□チケット発売日:11月23日(土)イープラス※インターネット受付のみ※
※バンドスタイルLIVEになります。


~イベント出演~
◇「お月様の備忘録 頁3」
2019年12月02日(月) 下北沢440
市野美空 / みねこ美根 / and more

◇くりんラスト企画「この世界のGIFTとして生まれたモノ vol.6」
2019年12月13日(金) 四谷天窓
出演:あおいはるか/衿衣/コシモトユイカ/みねこ美根/モリカホ(

◇2019年12月27日(金)・・・都内調整中
◇2020年1月14日(火)・・・都内調整中
◇2020年1月29日(水)・・・都内調整中
◇2020年1月31日(金)・・・都内調整中
みねこ美根 プロフィール

ミネコミネ:6歳の時にピアノで初めて作曲、11歳からはギターでの作曲も開始し、現在はピアノとギターを用いてライヴ活動中。2019年1月リリースの配信EP『心火を従えて愈々』で楽曲のクオリティの高さ、世界観が注目を集め始める。同年8月に下北沢GARDENで初のワンマンライヴを開催し、座席チケット、立見チケットともに完売。みねこ美根 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着