ロン・トレントの後継者&ジャンルの
壁を破壊する驚異的な才能、エイビー

多才なスキルを持ち、テクノ、ハウス、エクスペリメンタル、ヒップホップといったジャンルの壁をシームレスに飛び越えていくテクニックが持ち味、キャリア初期からロン・トレントに認められたハウスシーンのホープ、エイビーが11月29日の<LIVING LEAVING>に登場する。

エイビーはアメリカのオークランド出身で、音楽やイノベーション、アーティスティックな探究心を持つ家族に生まれ育った。祖父がニューオーリンズで小さなジャズレーベルを営んでおり、叔父は70年代にArmourというディスコレーベルを運営していたという。それはまさに“Black Experience”と言えるパワーであり、エイビーが2000年代にアーティストとして活動を始める後押しになったのは言うまでもないだろう。

2001年には、自分の作品のリリースのためにDeepblak Recordingsをローンチし、伝説的なハウスのDJ/プロデューサーであるロン・トレントに注目され、シェ・ダミエとロンが運営するPrescription Recordsと契約しリリースすることになった。その後にはなんとロンと二人でPrescriptionのサブレーベルであるFuture Visionを設立することになったのだ。

それ以来、エイビーは最もイノベイティブでジャンルの境界を取り壊すプロデューサーとして地位を確立し、多くの作品に名を連ねてきた。常に未来を見据えて、エイビーはダンス体験の中にあるよりディーブな真実を求め続けてきた。「人々が動かされるような音楽体験を創造する」ことをミッションとしてアーティスト活動を続けているのだ。

今回出演する<LIVING LEAVING>はジョーイ・アンダーソンやDJ Quの作品のリリースを手掛けてきたレーベルyygrecが主宰し、これまでも国内外の多彩なアーティストを招聘し幾度となくエッジの効いた空間を創り出してきた良質なパーティだ。ジャンルの壁を壊すイノベイティブな音楽体験を表参道VENTのフロアで感じ取ってほしい。

<- AYBEE at LIVING LEAVING ->

2019年11月29日(金)
表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,600 / FB discount : ¥3,100 ADVANCED TICKET:¥2,750 https://jp.residentadvisor.net/events/1329691

■ROOM1
AYBEE (DEEPBLAK, US) - LIVE -
BLACKOLY (bukirecords / yygrec)
PALM BABYS (Gem & Atsuko Satori)
Phenol (yygrec / RICEBALL)
AKEMI O'hara

■ROOM2
Takuya Hiratsuka (yygrec)
Suthoom (yygrec)
YAGISHOTARO
YANCHI.
kent niszw (Soul Matters)
Mazlika

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」