キッス、サメ向けに公演開催もサメは
現れず…

キッスが月曜日(11月18日)、オーストラリアの海上でホホジロザメに向かい特別パフォーマンスを行なったが、肝心のサメは現れなかったそうだ。
地元のメディア『ABC Eyre Peninsula』は、「この公演は、キッスがホホジロザメのためにプレイすると宣伝されていた──が、実際にはサメは姿を見せなかった」「地元のサメはこのパーティーに来なかった。彼らはAC/DCの国産ロックのほうが好みなのかも?!」などと伝えている。

キッスはこの日、インフルエンザ、続く喉の感染症により休養中のポール・スタンレー抜きで、船上でパフォーマンスした。『ABC Eyre Peninsula』によると、幸運にもチケットを入手できた8人のファン+メディア、それに地元の人たちが船を出したことにより計50人ほどが観覧したという。

海中に設置したスピーカーから流れる音楽のみで、餌や血でサメを呼び寄せることはしなかったそうだ。

サメはいなかったが、ジーン・シモンズは「これは多分、いままで最も興味深いギグだ」と満足気だったという。
キッスはスタンレーの体調不良により、11月16日から12月3日に予定していたオーストラリア/ニュージーランド・ツアーを中止。今回はこのサメ向け公演がオーストラリアでの唯一のパフォーマンスとなった。

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着