アメリカの日常を骨太に表現する
ナンシー・グリフィスの
グラミー賞受賞作『遠い声』

テキサス独特のヒューマンソングス

グリフィスは数多いテキサスのシンガーソングライターを改めて聴き直し、自分の音楽を見つめ直す作業に入る。テキサスはニューオリンズと似て、独自の音楽が花開いている。フォークでもカントリーでもロックでも、他の地域にはない独特の個性にあふれているのだ。特に、オースティンという街には60年代から数多くのライヴハウスやミュージックホールが点在し、学生と音楽の街として知られている。現在、世界中が注目するカンファレンス&フェスの『SXSW』(サウス・バイ・サウス・ウエスト)もオースティンの風土や環境があったからこそ、この地で始まったと言えるだろう。

テキサスのヒューマンソングスとしては、タウンズ・ヴァン・ザント、ガイ・クラーク、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、レイ・ワイリー・ハバード、マイケル・マーフィーなど、カントリー系フォークシンガー(所謂アメリカーナ)が多く、日々の生活に密着した泥臭い歌を作る部分で、グリフィスには共感することが多かったと思われる。

本作『遠い声』について

収録曲は全部で17曲。アルバムのトップに置かれているのは、この企画の骨子となったケイト・ウルフを代表する名曲「ロッキーを越えて(原題:Across the Great Divide)」で、グリフィスのウルフへの想いが明白に感じられる。コーラスには盟友エミルー・ハリスが参加している。テキサスの吟遊詩人タウンズ・ヴァン・ザントの「トゥカムズ谷」は辛苦の中で亡くなっていく女性のことを歌った悲しい内容で、「ロッキーを越えて」と同様、グリフィスが長い間歌い継いでいる曲だ。ディラン作の「スペイン革のブーツ」は遠く離れた恋人に宛てた手紙の内容を歌った曲で、ディラン自身がハーモニカで参加している。

イギリスのシンガーソングライター、ラルフ・マクテルの格別美しい曲「フロム・クレア・トゥ・ヒア」、カナダのシンガーソングライター、ゴードン・ライトフットの「テン・ディグリーズ・アンド・ゲティング・コールダー」は明るい曲だが、みすぼらしいストリートミュージシャンのヒッチハイカーを好意で車に乗せた女性が、彼の行く末を案じるという内容が歌われる。

他にもフォーク界の大御所トム・パクストンの名曲中の名曲「ホエア・アイム・バウンド」や、ライ・クーダーの名演でも知られるウディ・ガスリーの「ドレミ」、カーターファミリーの大ヒット「アー・ユー・タイアード・オブ・ミー・ダーリング」、そしてジェリー・ジェフ・ウォーカーの名唱で知られるマイク・バートン作「ナイト・ライダーズ・レイメント」など、有名なナンバーも収められている。

本作でグリフィスは確実に自分の居場所を見つけ、新世代のオルタナティブ・フォークシンガーとして、また、職人的なシンガーソングライターとしての立ち位置を確立した。本作『遠い声』は90年代にリリースされた数多くのポピュラー音楽のアルバム中でも際立つ名作だと思う。なお、本作の続編『Other Voices, Too (A Trip Back to Bountiful)』が98年にリリースされている。

最後に、日本を代表する詩人・随筆家である長田弘氏(2015年に逝去、75歳)が名著『アメリカの心の歌』(岩波新書、1996。その後、Expanded editionがみすず書房から刊行、2012)の中で本作について触れているので、少しだけ紹介しておく。

〜(前略)同時代の歌の光景をつくったシンガーソングライターたちの歌をふりかえって、それらをいわば「私のアメリカ」の歌としてうたいなおして集大成したアルバム。歌によって歌を再定義するこころみといっていい(後略)〜

TEXT:河崎直人

アルバム『Other Voices, Other Rooms』1993年発表作品
    • <収録曲>
    • 1. ロッキーを越えて/ACROSS THE GREAT DIVINE
    • 2. フェニックスの女/WOMAN OF THE PHOENIX
    • 3. トゥカムス谷/TECUMSEH VALLEY
    • 4. スリー・フライツ・アップ/THREE FLIGHTS UP
    • 5. スペイン革のブーツ/BOOTS OF SPANISH LEATHER
    • 6. サウンド・オブ・ロンリネス/SPEED OF THE SOUND OF LONELINESS
    • 7. フロム・クレア・トゥ・ヒア/FROM CLARE TO HERE
    • 8. ホエア・アイム・バウンド/CAN'T HELP BUT WONDER WHERE I'M BOUND
    • 9. ドレミ/DO RE MI
    • 10. ジス・オールド・タウン/THIS OLD TOWN
    • 11. カミン・ダウン・イン・ザ・レイン/COMIN' DOWN IN THE RAIN
    • 12. テン・ディグリーズ・アンド・ゲッティング・コールダー/TEN DEGREES AND GETTING COLDER
    • 13. モーニング・ソング・フォー・サリー/MORNING SONG FOR SALLY
    • 14. ナイト・ライダーズ・ラメント/NIGHT RIDER'S LAMENT
    • 15. アー・ユー・タイアード・オブ・ミー/ARE YOU TIRED OF ME DARLING
    • 16. ターン・アラウンド/TURN AROUND
    • 17. ウィモエ(ライオンは寝ている)/WIMOWEH
『Other Voices, Other Rooms』(’93)/Nanci Griffith

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着