JAGATARAが奇跡の復活、Jagatara202
0として30年ぶりの新曲を発表&記念
ライブも開催

1990年、中心人物のボーカル・江戸アケミの急死により解散したJAGATARAが、Jagatara2020として完全復活。30年ぶりの新曲と当時の未発表曲を追加収録した“ジャイアント・シングル”をリリースすることが発表された。
江戸の追悼イベントなどの形で何度か集結したが、2019年3月のイベント『Tokyo Soy Source』でJagatara2020として完全復活。
新曲2曲はどちらもOtoの作曲。南流石の作詞、リードボーカルによる「みんなたちのファンファーレ」は、JAGATARA再始動を自ら祝うかのような、楽しい祝祭性に満ちあふれた楽曲に。そしてもう1曲のTURTLE ISLAND/ALKDOの永山愛樹の作詞、リードボーカルによる「れいわナンのこっちゃい音頭」は、辺境グルーヴと日本の音頭のハイブリッドといった感の秀逸なナンバーとのこと。
さらに、Oto厳選の未発表曲として、江戸アケミのお気に入りだったという「LOVE RAP」の1988年のライブ録音、1983年のEP「家族百景」所収の「プッシー・ドクター」の1989年ライブ録音ロング・バヴァージョン、江戸のギター弾き語りにフールズの伊藤耕がコーラスを付けた「へいせいナンのこっちゃい音頭」(1989年未発表ライブ録音)の3曲が収録される。
そして本作のリリースを記念して、2020年1月27日(月)渋谷クラブクアトロでライブ『Jagatara2020「虹色のファンファーレ」』、2020年1月28日(火)渋谷LOFT9でイベント『Jagatara2020「Jagatara2020ナンのこっちゃい生サロン」』の開催も決定している。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着