Chuning Candyがキャラ全開!5thSingleに込めた想いを語る!

Chuning Candyがキャラ全開!5thSingleに込めた想いを語る!

Chuning Candyがキャラ全開!5thSin
gleに込めた想いを語る!

Chuning Candyプロフィール

──みなさんの自己紹介と、”歌詞が好きで聴いている曲”のご紹介を頂けたらと思います。

琴音:チューニングキャンディーのムードメーカー琴音です!
好きな歌は髭男(Official髭男dism)さんの『Pretender』という曲で、人生で一番歌詞に共感してすごいなって思う曲です。
本当に共感して、涙はでないですけど、ウルウルしました!
全員:(笑)!!
琴音:あんまり泣かない人なんですよ!景色見ても泣かない人です。
ソフィー:リーダーのソフィーです、よろしくお願いします!
私は三浦大知さんの曲が好きで特に『IT’S THE RIGHT TIME』っていう曲があるんですけど、一言で言うと”今がいい時”。
立ち止まっている時間も必要だったけど歩き出そうっていうような歌詞で、落ち込んだ時にも元気がもらえるんです。
LILI:センターのLILIです、よろしくお願いします。
私はお寿司が好きで、刺身が好きですネ!マグロとサーモンが好きです(笑)。
歌詞が好きで最近聞いている曲はGIRLFRIENDさんの『心音』って曲なんですけど、「零れた涙で溺れたりしないように」と「希望のカケラを ひとつずつ探しに行こうよ」っていう歌詞のフレーズがあって、ここがメロディーもすごくよくて心に響く歌詞なので大好きです。
ゆうり:メインボーカルのゆうりです。
私がすごくお笑いが大好きで、バラエティとかテレビ番組を見るのが好きです!
冬に聴く歌詞が一番好きな曲が、AIさんの『ハピネス』っていう曲で。歌詞の通り君が笑えばこの世界中に...って聴いていて癒されるというか、幸せな気分になれるので好きな曲です。
愛子:チュニキャンの愛子です。サブリーダーをさせていただいております!
私はベイビーレイズJAPANさんの『夜明け Brand New Days』っていう曲がとても好きです。「何度つまずいて 何度擦りむいて」っていう歌詞のあるAメロが特に好きで、私たちステージに立つ者としてとても共感できるフレーズがたくさんあるんです。

──ありがとうございました。今作5枚目のシングルは『STAND UP!!』『アイのうた』の両A面ということですが、この2曲を受け取った時の印象を聞かせてください。
ゆうり:『STAND UP!!』はすごく自分たちとリンクしている歌詞だなって思いました。
今の時代、なかなか自分の意見を言えない中、この歌詞では”自分の意見と自信を持って進んでいってほしい”っていうメッセージが込められた明るい曲なので、この時代に向けて自分たちも何か伝えられることがあるんじゃないかなと思ってレコーディングに臨みました。
『アイのうた』は琉球音階が使われていたのが衝撃的で、初めての挑戦だったんですけど、沖縄出身の私たちが歌えるということが嬉しかったし、愛の溢れる曲なのでファンのみなさんと楽しめたらなと思いました。
STAND UP!! 歌詞 「Chuning Candy」
https://utaten.com/lyric/qk19110130
──『アイのうた』についてですが、意外と琉球音階を使った曲というのは初めてだったんですね!
全員:はい!
ソフィー:聴いてすぐ沖縄っぽいって思われました??

──いえ!途中で「エイヤーサーサー」って入った時には「!?」って感じだったんですが、しばらくして琉球音階が出てきてようやく沖縄感を認識できました(笑)!
全員:あ〜!(ウンウン)
ソフィー:民謡すぎずに結構ポップな感じになっているので、気に入っています!私たちにしか歌えない曲なのかなって。
アイのうた 歌詞 「Chuning Candy」
https://utaten.com/lyric/qk19110131
──ちなみに、みなさん沖縄民謡って義務教育中だとかに習得されたりするんですか...?
愛子:沖縄を走っているモノレールとかの発車音が琉球民謡だったりするので身近ではあるんですけど、なかなか歌う機会は少ないです。
LILI:心の中ではいつも歌ってます(笑)!
琴音:小学校の運動会とかでエイサーとかカチャーシーを踊ったりはあります!

──そうすると『アイのうた』はチュニキャンのみなさんとしては地元に帰ってきたような気持ちになれたりも。
全員:そうですね!

メンバーオススメの視聴ポイント!
──続いて、今作の収録曲のレコーディングで印象に残っていることやエピソードがあれば伺いたいです。
愛子:『STAND UP!!』以外の曲は沖縄でレコーディングしたんですけど、その沖縄のレコーディングスタジオが海の近くだったので、海を眺めてリフレッシュしながらレコーディングに励むことができました!
ソフィー:『アイのうた』は民謡っぽく歌って!っていうことを言われたので、そういう意味ではちょっと難しかったです。
『アイのうた』だけじゃなくて『Snowflakes』も『GIRL’S PARTY!』も今までにない曲調だったので、それぞれが工夫してこれまでよりパワーアップした歌唱を追求したんじゃないかなと思います。

──4曲ともテーマが違うので、それぞれ見せ方も変わってきますよね。この4曲の中で、みなさんが一番注目してほしいポイントを伺いたいと思います。
琴音:私は『GIRL’S PARTY!』の「今日は Very Very Happy...」って息が続かなくて、どこでブレスすればいいのか迷いました!
音程も高いので、ビブラートも頑張って喉が開くように、たくさん喉を温めてからレコーディングに挑みました。
裏声で歌いたくなくて頑張ったので聴いてほしいです!
GIRLS' PARTY! 歌詞 「Chuning Candy」
https://utaten.com/lyric/qk19110132
──『アイのうた』も音程高いなって印象だったんです、結構今作は全体的に声を張るような感じが多かったんですかね?
愛子:チュニキャンの曲は結構キーが高い曲が多くて!
ソフィー:デビュー曲は特に高かったですしね(笑)!
愛子:そう!『Dance with me』っていう曲なんですけど、サビがずっと高音なんです、その曲で私一人歌唱でカラオケ90点取ろうと思って練習中だったんですけど、ちょうど今日90点が取れたんです!!
全員:あはは(拍手)!!
Dance with me 歌詞 「Chuning Candy」
https://utaten.com/lyric/qk18030169
──そんなデビュー曲もライブで聴けるのを楽しみにしつつ、続いてソフィーさんの注目してほしいポイントを伺いたいと思います!

ソフィー:どの曲もそうなんですけど、特に『Snowflakes』の自分のパートの「もっと近づきたいよ 何でも知りたい 誰よりも君のことを」っていう歌詞のところを、怖いくらい”もっと知りたい〜!!!近づきたい〜!!!(ストーカー風)”って気持ちで(笑)、感情込めて歌っています!
全員:(爆笑)!
LILI:(全力で首を振る)
ソフィー:すごくピュアな女の子のイメージで!

──面白い(笑)!では続いてLILIさんの注目してほしいポイントは?
LILI:『STAND UP!!』の「STAND UP! STAND UP!」って英語が連続する歌詞があるんですけど、そこをたくさん聴いてほしいなって思います(照)!
「今 turn it up, turn it up, turn it up, turn it up」っていうフレーズは”足りない 足りない”って聴こえる時があるので、あんまりそう聴こえないようにしてほしいです!
全員:(笑)!

──聴く側の意識ですね(笑)!コツはあるんですか??
ソフィー:流れないように歌うのがいいかもしれないです!
LILI:私も最初上手く歌えなかったんですけど、ファンの方に歌詞を伝えたいっていう気持ちで歌ったら自然と上手くいきました!

──なるほど!ありがとうございます、続いてゆうりさん。

ゆうり:はい!『Snowflakes』で言うと、可愛い歌詞何ですけど私が男性経験が全然ないので、西野カナさんとか、ちゃんみなさんの曲を聴いて疑似体験している気持ちになりながら表現を勉強して歌ったので聴いてほしいです!
『STAND UP!!』で言うと、落ちサビの「ここで決まり切った正解に good bye」っていうフレーズが一番の盛り上がりどころだよってスタッフさんにも言われていて、自分が納得するまで何度も録らせてもらって。
他のサビとは違うように歌ってみたかったので、この部分は力強い女性をイメージしながら歌わせて頂きました!

──ありがとうございます、『Snowflakes』のイメージをするために聴いたと言う西野カナさんやちゃんみなさんはどういった部分の参考にしたんですか?
ゆうり:色んなこと経験されたんだろうなっていう表現される方たちだと思うので、その経験を声に表す感じを参考にさせてもらいました。ミュージックビデオも観ました!
アイのうた 歌詞 「Chuning Candy」
https://utaten.com/lyric/qk19110131
──なるほど。ありがとうございました、では、愛子さんの注目してほしいポイントも伺いたいと思います。
愛子:私は『アイのうた』の「大きな 大きな 輪に広げてここから」「むすんで ひらいて 咲いたアイのうた」っていうフレーズで。
ここ結構キーが高くて、高い音になると力んじゃう癖が出がちなのでなるべくリラックスしながら、上げる意識で歌うんじゃなくて上から落とす意識で歌うようにしたところなので聴いてほしいです。

──それはカラオケで歌うときとかにチャレンジしたいですね!

愛子:あと、ライブで特に観てほしいところもあるんですけど、『STAND UP!!』の「つまんないノリも もうやめたいんだずっと」っていうフレーズのフォーメーションが私のバックにLILIとゆうりがいて。
一緒に歩き出す振りに成っているんですけど、2人がいるからメンツがイケイケで(笑)!学校のボス感が出ているので気に入ってます!
しかも、手をパッて振り払うような振り付けが次に来るので、ここまで是非注目してもらいたいと思います!!
LILI:私たちが「つまんないノリ」を愛子にしている感じの振りで、それを愛子が振り払うんです!ちょっと最初は振り払われるのがショックでした(笑)!言ってなかったけど(照)。
ソフィー:私たちはその時ポーズとって待っているんですけど、横目に振り払われているのを観ています(笑)。
全員:(笑)!
『STAND UP!!』にこめたメッセージ
──では続いて、『STAND UP!!』のミュージックビデオにも触れさせていただきたいと思います。ソロカットも多いMVになっていましたが、撮影で印象に残っていることとかありますか?
愛子:私ソロのシーンを撮る順番が最初だったんですけど、ゆうりと入り時間が一緒だったのでゆうりが先に撮ると思い込んでたんです。
ゆうりを見て勉強しようと思ってたら私が先だったからヤバいと思って(笑)、緊張した思い出があります。
LILI:みんなが撮ってるところ見たんですけど、みんな緊張してました(笑)!
でも監督さんが「みんな可愛いよ〜!」って声かけてくれたり、一緒に踊ってくれたりしたので楽しかったです。
ソフィー:チュニキャンは表情が命だったりするので、撮影に入る直前まで鏡見ている集団なんです(笑)。
LILI:ソフィーが一番鏡見てる(笑)!
ソフィー:そう(笑)!だから、みんなそれぞれカメラの写りとか研究しているし、そういう意味でも緊張していたのもあります。
監督さんにアドバイスをもらいつつ、それぞれのカラーが出るソロカットだったので、自分なりの見せ方だったりを考えて撮影に臨みました。

──MVも楽しませていただきましたが、先に少し話した『STAND UP!!』のライブでの見せ方について、ファンの方にこんな風に盛り上がって欲しいと言ったようなイメージがあれば聞かせてください。
愛子:「Yes! no! Yes!」の後の「(Yes!)」とか、歌詞でカッコになっている部分はみなさんに声出してもらえたら嬉しいと思います!
ソフィー:なので歌詞も見てライブに来てくれるととても嬉しいです!

──なるほど!では『STAND UP!!』について最後の質問になるのですが、『STAND UP!!』で歌われているような、”自分を強く持って!”っていうようなメッセージをご自身の体験や信念とともに改めてお聞かせいただければと思います。

ソフィー:私個人的には、今大学1年生で周りも自分の将来を決める時期なんですけど、周りに流されたり囚われたりせずに、自分の好きなことを頑張って欲しいなって思っていて。
妥協して親の言うことを聞いたりするよりも、自分のやりたいことを頑張る方がキラキラできると思うし、その方が周りも応援してくれると思うので、今悩んでいる人がいたら大変だと思うけど勇気を出して自分の道を進んで欲しいなと思います。
愛子:私もソフィーと同じ意見で。私はデビューするとき、最初親から反対されていたんです。
親は安定した職業に就いて欲しいっていう思いがあったけど、私はこの活動がしたいと思っていて、はじめは親と話し合うことからも逃げていたんですけど、決断しなきゃいけない期限ギリギリになって泣きながら親と話して「どうにか行かせてください、私はこの道で頑張りたいんです!」っていうことを訴えたら許してもらえて、今は親にも応援してもらっているので。
あの時自分の意志を伝えてここにきたからこそ今楽しく頑張れていると思うので、よかったなと思っています。

LILI:私もアメリカに留学していて、デビューが決まってすごく嬉しかったんですけど日本とアメリカどちらで生活するのか選ばなきゃいけなくなって。一回アメリカに帰って両親に真剣に話したんですけど2人だけじゃなくて親戚もみんな日本でデビューすることに反対で。
日本にすぐにでも行きたい気持ちだったんですけど、何週間もかけて会社の方の力も借りながら説得をしてようやく今ここに居られるようになったんです。
私も自分の気持ちを言葉にするのも、意見を貫き通すのも苦手な人なんですけど、今年さらにみんなとの活動も増えたり5人体制になったりして自分の意見を言う機会が増えたらだんだんできるようになってきたので、今悩んでいる方がいたらみなさんにも自信を持って今の人生を楽しんでもらえたらいいなと思います!

──素敵なお話をありがとうございました。今後、みなさんの生のパフォーマンスを見られる機会があれば教えてください!
LILI:おかげさまで前売り券はSOLD OUTなんですが、12月29日に沖縄で今年最後の定期公演があるんですけど、ぜひたくさんの方に来てもらいたいなと思います!
愛子:あと4月に東京で初めてのワンマンライブを予定しているので、代官山UNITにぜひお越しください!
ソフィー:不安でもあるんですけど、ライブに来てくれたお客さんにどう楽しんでもらうかっていうところを一番に考えて進めているところなので、4月のワンマンでその時の私知の全てを見てもらえるように頑張ります!

──楽しみにしています!では最後になりますが、今作5th Single『STAND UP!!/アイのうた』がChuning Candyにとってどんな一枚になったか、まとめをお願いいたします!

琴音:5枚目のシングルということで、メンバー5人がひとりひとり芯を持って、あかるい未来を切り開こうという気持ちで歌った曲になりました。
これまでもいろいろあったんですけど、みなさんの応援があってここまで来られているので、みなさんの期待に応えられるように『STAND UP!!/アイのうた』でたくさん幸せと愛を届けたいと思います!

Text 愛香
Photo 井野友樹

プレゼント応募についてTwitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!
【応募方法について】
(1)UtaTenのTwitterアカウント(@utaten)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)
(2)UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)
(3)応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。
Follow @utaten
Tweet
【応募締め切り】
12/15 21:00まで
【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@utatenからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着