「トーキョー音体験2020」。 2020年
を見据え変化を見せている東京の音楽
シーン。

2019年12月8日(日)ON AIR


東京のカラフルな今をキャッチする「カラワン」。

12月8日のテーマは「トーキョー音体験2020」。
2020年を見据え変化を見せている東京の音楽シーン。
特にこれまで変化の少なかった劇場、ライブハウスなどが
大きな変化を見せているよう!
そんな東京の新しい”音体験”をチェックしました。

– 選曲テーマ –
選曲はいつもながら、日曜日のランチタイムに似合う曲を中心に
2020年に向けて注目のアーティストなど
タイムレス、ボーダーレスに選曲しました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLORS OF WONDER】番組紹介
– 選曲リスト&コメント –
1.Funkdefining / Nate James
2005年、シングル「Set The Tone」でデビューしたイギリス出身のネイト・ジェイムス
こちらは2007年のアルバム「Kingdom Falls」に収録。
ソウルフルなヴォーカル、キャッチーなトラックで人気が高いナンバー。
2.Ordinary Pleasure / Toro y moi
ロック・ファンからダンス・ファンまでジャンルを問わず幅広く人気を集めるトロ・イ・モワ。ルーツであるファンクやディスコサウンドを取り入れながらポップに昇華した
今年リリースのアルバム「Outer Peace」に収録されたナンバー。
3.Find Someone Like You / Snoh Aalegra
スウェーデンのストックホルム出身、ファッション・モデルも務める美しすぎるシンガー・ソングライター、スノー・アレグラ。今年リリースされたセカンド・アルバム「- Ugh, those feels again」に収録されたソウルフルでブルージーなナンバー。
4.This Is Real / Jax Jones & Ella Henderson
2014年にデューク・デュモンとの共作「I Got U feat. Jax Jones」が全英チャート1位、米ダンス・チャート1位を獲得。ダンス・ミュージック・シーンでヒットナンバーを連発するUK出身のジャックス・ジョーンズ。様々なヴォーカリストをフィーチャーした今年リリースのアルバム「SNACKS」に収録されたナンバー。
5.I Can’t Go for That (No Can Do) [Pomo Remix] / Daryl Hall & John Oates
ホール&オーツが1981年にリリースした「I Can’t Go for That (No Can Do) 」を
カナダのバンクーバーに拠点を置くマルチインストゥルメント/エレクトロニック・プロデューサーのPomoがリミックスした2017年のナンバー。
6.Blinding Lights / The Weeknd
カナダ・トロント出身、新世代のR&Bスーパースター、ザ・ウィークエンドの新曲。
アップテンポでエレクトリックなポップ・ナンバーには
エド・シーラン&ジャスティン・ビーバー「I Don’t Care」にも参加していた
大御所ソングライターのマックス・マーティンが共作者に名を連ねています。

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着