Kan Sanoが選ぶプレイリスト | Fred
Perry Subculture

Kan Sanoが選ぶブリティッシュ・サブカ
ルチャーを巡るプレイリスト

今回のゲストはプロデューサー/ピアニスト・
Kan Sanoが作成したプレイリストには、十代前半に繰り返し聴いた
(ロッド・スチュワート)の「You’re My Girl(I Don’t Want To Discuss It)」や、十代後半のクラブカルチャーへ傾倒した時期に聴いていた
(ロニー・ジョーダン)の「Mackin’」、今聴いている新しいバンドに挙げた
の「Day 1 ◑」、
(ジョーダン・ラカイ)の「Say Something」など、全13曲が収録されています。
フレッドペリー・サブカルチャーのwebサイトでは、プレイリストの他に彼の音楽ルーツがより詳しく掲載されたインタビュー記事を公開中なのでぜひチェックしてみてください。

Fred Perry Subculture Interview Page 名前:Kan Sano 金沢出身、東京在住のキーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。 バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。 キーボーディスト、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。ライブではトリオ編成ながら、トランペット、ベース、ドラムも演奏するスタイルで会場を熱狂させる。 Kan Sanoのブリティッシュ・サブカルチャーを巡るインタビューはこちら。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着