写真左より時計周りに、リョウガ、ユーキ、タカシ、タクヤ、カイ

写真左より時計周りに、リョウガ、ユーキ、タカシ、タクヤ、カイ

【超特急 インタビュー】
年に1度の特別なステージに表れた、
8号車への感謝とユースケへの想い

自分らの何倍も心配してる8号車に
何か言葉を掛けてあげたかった

曲中の台詞通りに(笑)。その他、今回のBlu-rayで特にチェックしてほしい部分があったら教えてください。

ユーキ
「gr8est journey」を披露している時、メンバーみんなが“今”を噛み締めてるような、笑顔があふれながらも感慨深い表情をしていると思うので、ぜひ観てもらえたら嬉しいです!
カイ
そう言えば、この3日後にあった佐賀公演で、僕、その「gr8est journey」で思いっ切り転んで(笑)。全然痛くなかったんですけど、きれいに着地してテディベアみたいになったなぁ。それ、今、ふと思い出した。

ちなみに、カイさんは別バージョンのペアコーナーでタカシさんとツインヴォーカルになったり、「浮つきWAVES」では一部ヴォーカルを担当したりもされていましたが、もしや今回のツアーで“歌うことの楽しみ”に目覚めたとか?

カイ
まぁ、もともと歌うことは好きなので(笑)。カラオケとかも好きですし、単純にヴォーカルがタカシひとりでライヴを1本通すとなると、体力や技術面とは違う面で現実的に不可能なところもあったりするから、そういった部分を僕がサポートできればなと。それこそ「Burn!」の曲中の煽りなんかは、そういう意味も含まれています。

8号車との一体感が肝になる曲ではずっと声出してますもんね。カシさんもツアー全33公演を完走して念願の全国開通を果たせたことは、ヴォーカリストとして大きな自信になったんじゃありません? 未だかつてない本数のロングツアーで、もちろん開幕前は不安もあったとは思いますが。

タカシ
始まる前はもちろん不安でしたし、始まってからも不安な時はたくさんありました。でも、そこに8号車が待ってくれているし、負けたくなかったから。ヴォイストレーニングや日々のイメトレ、練習あるのみです。想像しないと咄嗟には反応できない鈍い男なので(笑)。もっともっと長いツアーも今後できるんじゃないかなと思ってます!
リョウガ
ただ“全国開通”に関して言うと、途中からユースケがいなかったので不完全燃焼というか…。なので、“全国開通(仮)”って感じですね。もちろん全公演最高でしたけど、ユースケが復活してフルメンバーになったら、もう1回全国ツアーをしたいです。

そんなユースケさんへの想いは、このBlu-rayに収録されているMCからも、ひしひしと伝わってきました。本編の終盤に“どんな逆境もぶっ壊してきた。みんなひとりでも欠けてはいけないんです”とユーキさんが、アンコールでは“人生って何があるか分かんないから楽しい。辛いことも楽しい未来が待ってると思えばへっちゃらだし、僕たちはみんなに笑顔を届けたいって心から思ってる”とタクヤさんが話されていたのが印象的でしたが、あの時、おふたりの胸にあったのはどんな想いだったんでしょう?

ユーキ
ユースケへの想い、そして、側で超特急を信じて応援してくれている8号車への想いですね。
タクヤ
このツアーでユースケが休養に入って途中から6人から5人になり、自分でも心の整理がつかないほどだったんですけど、その何倍も心配になったり、悲しくなっているのはきっと8号車だろうし、何か言葉を掛けてあげたかったんです。あの日、本当は僕がしゃべる予定はなかったんで、他のメンバーがしゃべっている時にどうしようかと自分とめちゃくちゃ戦いましたが、今では後悔していません。

その想いは間違いなく8号車に届きましたよ。

リョウガ
結成してから本当にいろんなことがありましたけど、今まで走り続けられているのは8号車のひとりひとりがいるおかげなので。いつも心には想っていますが、このタイミングだからこそライヴを通して感じてくれていたら嬉しいですね。未来はどうなるか分かりませんが、僕たちは超特急のために最善を尽くしますので、8号車のみんなには、今は祈りながら待っていてほしいです。

そして、12月21日からはツアー『Revolución viva』がスタートします。現在絶賛リハーサル中かと思いますが、どんなツアーになりそうか、ネタバレにならない程度に教えていただけると。

タカシ
今回も盛りたくさんですね。クリスマスとお正月のふたつ、そして超特急らしいポップな感じとクールさを、“これでもか!”と詰め込んだような内容になっています。
ユーキ
ひと言で言わせてくだい。かなりてんこ盛りです!(笑) 僕たちも8号車のみんなの笑顔あふれる姿が観られるように全力で頑張るので、待っていてくれれば嬉しいです!

取材:清水素子

Blu-ray『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜 at PACIFICO YOKOHAMA National Convention Hall』2019年12月25日発売 SDR
    • 【通常盤】
    • ZXRB-3055
    • ¥6,800(税抜)
    • 【Loppi・HMV限定盤】
    • ZXRA-1004
    • ¥12,800(税抜)
    • ※4枚組

ライヴ情報

『BULLET TRAIN 8th Anniversary Special Live at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(TM)』
12/25(水) 大阪・UNIVERSAL STUDIOS JAPAN(TM) グラマシーパーク特設会場

『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolución viva』
1/03(金) 東京・国立代々木競技場 第一体育館
1/04(土) 東京・国立代々木競技場 第一体育館
1/05(日) 東京・国立代々木競技場 第一体育館

『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.06』
1/18(土) 東京・新宿BLAZE

超特急 プロフィール

チョウトッキュウ:今話題のメインダンサー&バックヴォーカルグループ。2011年12月25日結成。12年6月にシングル「TRAIN」でインディーズデビュー。17年4月26日にリリースしたCDデビュー5周年記念シングル「超ネバギバDANCE」は初のオリコンウィークリーチャート1位、ビルボードチャートHOT100総合1位を獲得! 18年12月には念願のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライヴを成功させ、19年12月〜20年1月にはグループ史上最大規模のアリーナツアー『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2019-2020 Revolución viva』(大阪城ホール2公演、国立代々木競技場 第一体育館3公演のチケットは全て即日完売)で約8万人の8号車を熱狂させた。超特急 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着