L→R 張替智広(Dr)、後藤秀人(Gu)、伊藤俊吾(Vo&Gu&Kye)、佐々木 良(Cho&Gu)、白井雄介(Ba)

L→R 張替智広(Dr)、後藤秀人(Gu)、伊藤俊吾(Vo&Gu&Kye)、佐々木 良(Cho&Gu)、白井雄介(Ba)

【キンモクセイ インタビュー】
非常にキンモクセイらしい
アルバムになった

バンドにとって一番大切なのは
各人の精神衛生だと改めて実感した

同時発売で、ベストトラックにレアトラックが収まった2枚組『ベスト・コンディション+レアトラックス』も発売されますね。

伊藤
いわゆる未収録の曲も多く入っていますが、今聴いても答え合わせ的で面白いです。“あぁ、当時はこんな心境やこんな社会情勢だったんだ”って部分も含めて。でも、よくこれを出すのを許してくれましたよ。しかも、レーベルさんのほうからの発案でしたからね(笑)。
佐々木
「SAKE」に関しては、他の曲は全てDATで残っていた中、この曲のDATだけが見当たらず。結局、MDからの音源なんです。DATやMDというのも時代を感じますよね。

時代と言えば、2020年2月にはアナログ盤も発売予定があるんですよね?

伊藤
そうなんですよ。アーリーコレクションとして初期…それこそ僕らはアナログマルチでレコーディングをしていたものもマスターが残っていたので、それをそのままデジタルにコンバートさせることなくアナログ化します。CDや配信とはまったく違った、本当にいい音でしょうから楽しみにしていてほしいです。

今後も再始動後のキンモクセイはマイペースにやっていく感じですか?

伊藤
ですね。今回改めて一緒にやってみて“この5人は特別な存在だな”との再確認ができたので、良好な関係性が再びギクシャクするぐらいなら、このペースでいいです。休んでいる間、バンドにとって一番大切なのはメンバーの精神衛生だって改めて実感しましたから。今回、入口から出口まで全て自分たちで作ってみて、満足のいくものができたので、そのような環境で音楽を作れる幸せや、“こんなに音楽って楽しくできるんだ”との改めての実感を持ちながら、このまま続けたいです。
佐々木
これも自分たちでイニシアティブをとって楽曲制作ができたからでしょうね。もし誰かが間に入っていたら、こんな趣味性あふれるものにはなってなかったでしょうから(笑)。
後藤
キンモクセイは自分たちにとって音楽を楽しんでやったり、実験する場所でもあるので、それが作品然りライヴ然り、健全に届いてくれるような活動をしていきたいですね。
張替
まさしく。いい曲ができたらレコーディングをして、みなさんのもとに作品やライヴを通して届ける…そのシンプルな活動に尽きますね。今後はそれをさらに実践していきたいです。
白井
5人のプロデューサー体制でやっていく…そんな感じですね。10年待ってくれていた方や新たにファンになってくれた方、今回の作品を通して新たに出会ってくださった方もおられるでしょうし、その方々に向けては常に誠実でいたいです。なんだかんだ言ってもいい音楽、魅力のある音楽をこれからも作り続けていきたくて。まっ、そのペースアップのほうは追い追いで (笑)。

取材:池田スカオ和宏

アルバム『ジャパニーズポップス』2019年12月25日発売 Ariola Japan
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • BVCL-1050〜1
    • ¥3,500(税抜)
    • 【通常盤】
    • BVCL-1052
    • ¥3,000(税抜)
アルバム『ベスト・コンディション+レアトラックス』2019年12月25日発売 Ariola Japan
    • BVCL-1053〜4
    • ¥4,000(税抜)
    • ※完全生産限定盤
LP『アナログは素晴らしいものだ』2020年2月26日発売(予定) Ariola Japan
    • ¥3,700(税抜)
    • ※完全生産限定盤
    • ※ソニーミュージックダイレクトより発売

ライヴ情報

『祝・GARAGE25周年!キンモクセイ レコ発 ワンマン~オオハシさん、超お久しぶりです!~』
12/27(金) 東京・下北沢GARAGE

『キンモクセイちゃんとしたワンマン2020 ~あけおめスペシャル~』
 1/04(土) 大阪・Music Club JANUS

『キンモクセイちゃんとしたワンマン2020 ~ことよろスペシャル~』
 2/10(月) 愛知・名古屋 Tokuzo

キンモクセイ プロフィール

キンモクセイ:1998 年地元神奈川県相模原市周辺で前身となるバンド、ASIAN ALL STARSを結成。翌年バンド名を“キンモクセイ”に変更。01年10月にBMGファンハウスよりメジャーデビュー。翌02年、2ndシングル「二人のアカボシ」でNHK紅白歌合戦に出場。その後もコンスタントに活動を続けるが、08年に活動休止。11年3月に東北関東大震災被災地支援コンピレーションアルバムに参加するべく、3年振りに5人が揃い1日で新曲「アシタ」をレコーディング。そして、18年10月、突如地元相模原にてライヴ出演することを告知し、実に10年8カ月振りに5人で公の場に登場。結成20周年を迎え活動を再開し、19年10月に新曲「セレモニー」を配信、同月15日には地元・相模原市民会館ホールにて『キンモクセイ活動再開記念ライブ ちゃんとしたワンマン2019』を開催。同年12月25日には14年振りとなるオリジナルアルバム『ジャパニーズポップス』をリリース。キンモクセイ オフィシャルHP

「セレモニー」MV(Short ver.)

アルバム『ジャパニーズポップス』
全曲トレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着