宅録プロジェクト・Gi Gi Giraffe、
1st EPより「Cynical Beat」MV公開 
ディレクターは葛飾出身

都内を中心に活動するGi Gi Giraffeが、1月15日(水)にリリースする1st EP『HOME MADE WORKS 2』より、「Cynical Beat」のMVが公開された。
「Cynical Beat」はライブでも定番曲となっており、音源化を望む声が多かった作品。MVのディレクターは先日公開された「Life up」に続き、京都在住のクリエイター・葛飾出身が担当している。

Gi Gi Giraffeはフロントマン・K.Uによる宅録プロジェクト。宅録制作した楽曲をSoundCloudで公開するなどネット・ベースでの活動のみだったが、K.Uの所属する青山学院大学の「ビートルズ
訳詞研究会」に同じく所属していたKazushi(Ds.)、Ryo(Ba.)がサポートとして加入し、現体制にてライブ活動を開始。2016年には『FUJI ROCK FESTIVAL ’16』内「Rookie A Go Go」への出演を果たした。また、同年には初のアルバム『Gi Gi Giraffe』をリリースし、ドレスコーズ・志磨遼平THE NOVEMBERS・小林祐介などからも注目を集めた。

その後メンバーの諸事情によりしばらく活動休止状態が続いたが、遂に活動が再開されることに。EPのリリースのほか、3月22日(日)には東京・下北沢BASEMENT BARにて自主企画イベントの開催を予定している。


【リリース情報】

Gi Gi Giraffe 『HOME MADE WORKS 2』

Release Date:2020.01.15 (Wed.)
Label:Gi Gi Giraffe
Tracklist:
1. Life up
2. Angry Folks
3. Forbidden Fruits
4. Love or Game
5. Everyday
6. Cynical Beat

■ Gi Gi Giraffe オフィシャル・サイト(https://gigigiraffeband.tumblr.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着