女王蜂

女王蜂

女王蜂 アヴちゃん、
初のアリーナワンマンに
向けた想いを語る

2020年4月4・5日、幕張メッセ 幕張イベントホールにて、女王蜂が『単独公演「十」-Introduction-』を行う。というのは、普段からワンマンに足を運んでいるファンからすると「まあそうなるよね」という、きわめて順当なステップアップである。ここ数年、ツアーのたびに会場を大きくして本数を増やすがそのたびにソールドアウト、ということがくり返されて現在に至るのが女王蜂であって、むしろ一足飛びに横浜アリーナとかに行かないあたり、堅実だなあとすら思う。ニュー・アルバム『BL』のリリースも2020年2月19日に控えている。そのニュー・アルバムのこと、ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』への出演もあった2019年のこと、初めてのアリーナ・ワンマンに臨む気持ちなどについて、アヴちゃんに訊いた。

本気で歌姫になりたいから、私たちは

──2019年はどんな感じでした?

アヴちゃん:たぶん、4年分ぐらいがんばったような気がして。バンドでアルバムを出して、ツアーをやって、それと別に舞台、ミュージカルもあったし。しかもバンドもののミュージカルだったから、自分の性格を一回忘れちゃうぐらい、自分で自分を追い込んじゃって……「心からやってよかったな」しかないんですけど、でもほんと、つい3ヵ月前くらいなのに、もうずっと前な気がしますね。「火炎」も、3年前くらい前の曲な気がするけど、1年前だものね。

だから、「女王蜂、いいね」って言ってくださる人が少しずつ増えて、すごい素敵な1年だったなと思っているけど、自分たちからすると、次々と準備をし続けていた1年だったので。今もリリースの絶賛準備中だし。

取材:兵庫慎司

【ライブ情報】

『女王蜂全国ホールツアー 「十」-Serenade-』
2月02日(日) 東京・NHKホール ※SOLD OUT

『女王蜂 単独公演 「十」-Introduction-』
4月04日(土) 千葉・幕張メッセ 幕張イベントホール
17:00 開場 / 18:00 開演
<チケット>
アリーナスタンディングブロック指定 ¥6,000(税込)
スタンド指定席 ¥6,000(税込)
※6歳以上チケット必要 / 6歳未満入場不可
※一般発売:2月1日(土)10:00

4月05日(日) 千葉・幕張メッセ 幕張イベントホール
15:00 開場 / 16:00 開演
<チケット>
アリーナスタンディングブロック指定 ¥6,000(税込)
アリーナスタンディングブロック指定 ¥6,000(税込)
※6歳以上チケット必要 / 6歳未満入場不可
※一般発売:2月1日(土)10:00

■チケット詳細ページ:http://bit.ly/2RMNWDe
アルバム『BL』2020年2月19日発売
    • 【完全生産限定盤【lily】】
    • AICL-3806~7/¥4000+税
    • ※88ページ豪華ビジュアルブック仕様
    •  
    • <収録内容>
    • ・完全生産限定盤および通常盤に付属するCDには全曲完全新録曲を収録
    • ・完全生産限定盤【lily】と【rose】の表紙およびビジュアルブック内の写真は双方で異なる内容となります
    • ・完全生産限定盤は数に限りがあります。無くなり次第終了となりますのであらかじめご了承ください
    • 【完全生産限定盤【rose】】
    • AICL-3808~9/¥4000+税
    • ※88ページ豪華ビジュアルブック仕様
    • 【通常盤】
    • AICL-3810/¥2500+税
    • ※スペシャルパッケージ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着