俳優も観客も“さらけ出す” 青年た
ちの葛藤を描いたオフブロードウェイ
・ミュージカル『bare』が開幕

オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』が2020年1月30日(木)から草月ホール(東京都港区)で開幕した。

  
青少年の性とアイデンティティへの葛藤などを描いた本作は、2000年10月にロサンゼルスにて初演され、ロサンゼルス最優秀ミュージカル賞、最優秀作曲賞を受賞。ニューヨークのオフブロードウェイへ進出するにとどまらず、カナダ、オーストラリア、イギリス、ベルギー、韓国で上演。日本では、原田優一の演出で、2014年に中野ザ・ポケットで初演、16年に新宿シアターサンモールで再演され、今回で3度目の上演となる。
 
初日を前に行われたゲネプロ(総通し舞台稽古)の様子を写真とともにお伝えする(今回のゲネプロはジェイソン役:安井一真、ピーター役:田村良太、アイヴィ役:増田有華、マット役:神田恭平のバージョン)。 
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
物語の舞台は、カトリックの全寮制寄宿舎高校であるセント・セシリア高校。卒業式を目前に控えた生徒たちが、校長である神父(林アキラ)のミサで祈りを捧げるシーンから始まる。
 
スポーツ万能で成績も常にトップ、女子生徒からも男子生徒からも絶大な人気と信頼を得ている高校のヒーロー、ジェイソン(安井一真/小谷嘉一)。ルームメイトのピーター(田村良太/大久保祥太郎)と同性愛関係にあるが、入学当時からそのことは2人だけの秘密であった。カトリックの教えが絶対的に強い学校・地域で、この秘密が明らかになった瞬間、彼らの居場所がなくなるからだ。
 
しかし、生徒たちが盛り上がるレイヴパーティーの中で、ピーターは2人の関係を公にカミングアウトしたいと言い出す。必死に止めるジェイソンと、納得できないピーター。ジェイソンとピーターは各々のアイデンティティに苦悩し、それぞれの決断をくだしていく。

オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
ジェイソンとピーターの2人が主軸を担うが、学校のアイドル的存在でジェイソンに恋する・アイヴィ(増田有華/茜屋日海夏)、ジェイソンの双子の妹・ナディア(谷口ゆうな)、ジェイソンをライバル視するマット(神田恭兵/宮島朋宏)、黒人の修道女シスター・シャンテル(北翔海莉)、ピーターの母・クレア(伊東えり)など、さまざまな人間関係模様も色濃く描かれる。

オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
劇中で歌われる楽曲は全36曲。ゴスペル、ロック、バラード、ラップなど幅広い音楽が、ほぼ全編で奏でられる。リズムや音程など俳優陣にとっては難曲ぞろいだろうが、脚本・作詞のジョン・ハートミアと、脚本・作曲のデーモン・イントラバルトーロがともに20代で作り上げた楽曲ということもあって、勢いといい意味での青臭さがあり、聴いている観客の心へまっすぐに届いた。生演奏の上演というのも嬉しい。

オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
この『bare』を通じて思うことは、宗教やドラッグ、性、アイデンティティを真正面から扱うだけに「衝撃」は確かにあるのだが、実はそれらは表面上見えないだけで、多くの人が同じように葛藤や悩みを抱えているのではないか、ということだ。
ジェイソンやピーターらはその純粋さ、不器用さゆえに、生き方も表現もストレートになるが、観ている観客は大人になるにつれてそれを「隠して」、今のこの社会で生きやすい方法を選択したのではないか。過去に確かに感じたはずの、若さゆえの葛藤やひたむきさを、気づけばもう忘れかけているのではないか。日本では初演から早くも6年が経とうとしているが初演の時と、今の社会の状況と、何が変わったのだろうか……などなど思いが巡る。
『bare』というタイトルの通り、俳優陣だけでなく観客側も「さらけ出す」。そんなミュージカルであると思った。

オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
オフブロードウェイ・ミュージカル『bare』のゲネプロの様子
上演時間は2時間30分を予定(途中15分休憩あり)。2月9日(日)まで。お見逃しなく!

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着