aiko、女王蜂、Eveなど
2月リリースの6作品を紹介

『バンドワゴン』/かりゆし58Album 2/22 Release
    • LD&K Records
    • LDCD-50139
    • ¥3,200(税抜)
フォーカルジストニア発症で活動を離脱していた中村洋貴(Dr)がパーカッションで参加した、バンド第二章の始まりを告げる8作目。《分かり合えない孤独を 分かち合う事くらいは 僕らにも出来るよ》と中村の復帰を鼓舞するような「バンドワゴン-5seats-」をはじめ、宇徳敬子とのコラボ曲、ネーネーズへの提供曲のセルフカバー他、かりゆし58にしか表現できないうちなーエナジーに満ちた、温かく雄大なナンバーが並ぶ。
TEXT:田山雄士
「星をあつめて」/fhánaSingle 2/26 Release
    • Lantis
    • LACM-14974 
    • ¥1,650(税込)
空を飛ぶ鳥のように解放的なtowana(Vo)の歌声、オーケストラアレンジされた静謐なサウンドー。それらが合わされば、統一感のある美麗な作品へと昇華されていく。劇場版『SHIROBAKO』の主題歌「星をあつめて」をはじめ、明日を変える強さを掲示。田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)が作詞で参加した「Code“Genius”?」の英詞バージョンも豪華
な仕上がりに。
TEXT:小町碧音
「青空」/aikoSingle 2/26 Release
    • 【初回限定仕様盤】
    • PCCA.15001 ¥1,200(税抜)
    • 【通常仕様盤】
    • PCCA.15001 ¥1,200(税抜)
眩しすぎる青空と刺さって抜けない刺みたいに甘くて苦い恋の記憶。1年9カ月振りのシングルは、タブーと知りながら好きになってしまった人への想いを綴ったラブソング。罪と愛おしい時間に胸を揺らせるリアリティーのある心理描写が素晴らしく、その切ない歌に彩りと光を与えるトオミヨウのエレクトロニックで軽快なアレンジとのコントラストが、aikoの魅力をよりいっそう際立たせている。
TEXT:山本弘子

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着