大野智「Bad boy」でちょい悪イケメンに!

大野智「Bad boy」でちょい悪イケメンに!

大野智「Bad boy」でちょい悪イケメ
ンに!

ちょい悪さがかっこいい
『Bad boy』は、嵐の15枚目のアルバム『Are You Happy?』に収録されています。
楽曲の特徴は何といっても主人公の性格でしょう。大野智のソロ曲はバラードが多く楽曲内の主人公は恋に悩み女性に翻弄され、どちらかというと受け身の男性が多かった印象を受けます。
しかし、今回はどこか余裕で、遊んでいる印象を受けるのです。
では、実際に歌詞を見ていきましょう。
Bad boy 歌詞 「大野智(嵐)」
https://utaten.com/lyric/to16102506
いかがでしょう?
歌い出しから「すべては計算通り」「笑わせんなよ」と、挑発的な態度で攻め込みます。
Bad boy 歌詞 「大野智(嵐)」
https://utaten.com/lyric/to16102506
「我こそDelight もっとSpotlight」とは、かなり自信に満ちあふれた態度を見せていますね。
過去の大野智の楽曲では、これほどまでに余裕ぶったキャラクターはいなかった気がします。
自信過剰にすら映る彼は、周りを巻き込みながら自分のすごさをアピールし続けます。
「本物を知るゲーム」「震えて待て」と周囲を煽り、我こそが本物だと豪語します。
挙げ句、自分のことを「神々しい」とまでいってしまうのですから、彼の自意識過剰っぷりにはある種の感動すら覚えますね。
大人の恋もアリ?
冒頭では仕事のデキる男感を出していますが、サビに向かうにつれて、女性の影が見え隠れしてきます。
Bad boy 歌詞 「大野智(嵐)」
https://utaten.com/lyric/to16102506
どうやら彼には、意中の女性がいるようですね。その人にだけは夢を見せてやりたい。そんな男の野心を感じます。
もしかすると、好きな女性の前でだけ虚勢を張っているのかもしれません。そう考えると、可愛らしいキャラクターともいえます。
残念ながら、ラブソングではないので、曲の中では彼らの恋の行方までは描かれていません。
しかし、かっこをつけるのも虚勢を張るのも、好きな女性のためと思えばかわいらしく映りますね。
ライブでのパフォーマンスにも注目
さらに『Bad boy』は、ライブでのパフォーマンスも注目です。
『Bad boy』は『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?』で披露されていますが、そのダンスはかなり独特なものでした。
重力を感じさせないダンス、パントマイムはクオリティが素晴らし高く、これまでコンサートでは見せなかった変顔も全開です。
気になる人は、ぜひライブDVDを手に入れてチェックしてみてください。
最大の武器である歌とダンスにまでユニークな要素を取り入れた『Bad boy』。
大野智の新たな一面に心奪われること必至です。アイドルでありながら全力でやりきってくれる姿はさすがですね。
全く新しいキャラクターでの挑戦
ここまで『Bad boy』の歌詞を見てきましたが、実は彼が本当に実力者かどうかは歌われていません。
口先だけの若者である可能性も十分にあるのです。
しかし、周囲からの目も気にせず、自信だけで自分を塗り固め、我が道を突き進んでいく様は、男らしいといえば男らしいのでしょう。
これまでの大野智とは全く異なる新しいキャラクターを生み出したという意味で、非常に魅力的な楽曲です。

TEXT 岡野ケイ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着