GirlsNews

GirlsNews

吉岡里帆、いちばん表紙を飾った「カ
バーガール大賞」を受賞 昨年大賞の
大原優乃も人気健在

『第6回カバーガール大賞』が4日に発表され、大賞に吉岡里帆が選ばれたほか、エンタメ部門に与田祐希(乃木坂46)、ファッション部門に石原さとみ、コミック雑誌部門に大原優乃、グラビア部門に小倉優香らが選出された。

『カバーガール大賞』とは、2019年に発売され、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10000誌を調査。表紙を飾った回数の多かった女性を選定し、第6回カバーガール大賞受賞者として表彰している。
大賞および20代部門を制したのは、昨年公開の映画『パラレルワールド・ラブストーリー』『見えない目撃者』両作での演技により第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した吉岡里帆さん。多彩なジャンルのCMに出演している吉岡さんは雑誌でも、『steady.』(宝島社)や『MORE』(集英社)、『mina』(主婦の友社)などのファッション誌を始め『FRIDAY』(講談社)や『週刊女性』(主婦と生活社)など様々なジャンルの表紙を飾り、見事大賞を受賞した。
エンタメ部門、10代部門のW受賞を果たしたのは、乃木坂46の与田祐希さん。2016年より乃木坂46の3期生として加入した与田さんは次世代エースの呼び声高く、2019年に『MAQUIA』(集英社)と『bis』(光文社)のレギュラーモデルに就任されるなどエンタメ誌以外でも活躍の場を広げ、見事昨年の総合順位6位から第3位に躍進、アイドルの頂点にも輝いた。
ファッション部門は、第1回よりカバーガール大賞で数々の賞を受賞している石原さとみさんが受賞、30代部門とのW受賞を果たした。石原さんは今回の受賞を含めると、大賞2回、ファッション部門4回、年代部門4回と、歴代最多の受賞数を誇る。また、昨年は『美的』(小学館)や『MAQUIA』(集英社)などの雑誌に加えて、テイストや年代の違う『リンネル』(宝島社)や『CLASSY.』(光文社)の表紙に起用されるなど、新たな魅力を身につけ、さらに美しさに磨きがかかっている。
コミック部門は、大原優乃さんが受賞。昨年の第5回では大賞、グラビア賞、10代部門の3冠を獲得しており、今回も総合2位と勢いは健在。さらに昨年はムーブメントを巻き起こしたドラマ・日本テレビ系『3年A組-今から皆さんは、人質です-』に出演、映画『お前ら全員めんどくさい!』で映画デビューを飾り、今年は現在放送中のドラマ・テレビ東京系『ゆるキャン△』に出演してキャラクターの再現度が高く話題になるなど、女優としての活躍がめざましい。
グラビア部門は、第4回でもグラビア部門を受賞した小倉優香さんが再びの受賞。ほかにカバーガール大賞実行委員が選ぶ『話題賞』や、今年から新設された『メンズ部門』が発表された。
 
【大賞】吉岡里帆
【トップ10】
1位 吉岡里帆
2位 大原優乃
3位 与田祐希(乃木坂46)
4位 小坂菜緒(日向坂46) 4位 齋藤飛鳥(乃木坂46) 4位 広瀬すず
7位 石原さとみ 7位 今田美桜 7位 浜辺美波
10位 沢口愛華
(複数人で撮影された表紙についても、個人の登場回数に含み集計)
【メンズ部門】平野紫耀(King & Prince
【エンタメ部門】与田祐希(乃木坂46)
【ファッション部門】石原さとみ
【コミック雑誌部門】 大原優乃
【グラビア部門】 小倉優香
【話題賞】 VOGUE JAPAN(12月号)
【10代部門】 与田祐希(乃木坂46)
【20代部門】 吉岡里帆
【30代部門】 石原さとみ
第6回カバーガール大賞 特設サイト http://magazinesummit.jp/covergirl

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着