*ChocoLate Bomb!!  未来への期待に
あふれた冬ツアー・さいたま公演をレ
ポート

*ChocoLate Bomb!! Live Tour 2020冬 ~power of 7~

2020.2.24 HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3
7人組メンズアイドルグループの*ChocoLate Bomb!!(チョコレートボム)が、2月22日より『*ChocoLate Bomb!! Live Tour 2020冬 ~power of 7~』を開催中。ここでは、2月24日に埼玉・HEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3にて行われた2公演のうち、昼公演の模様をお伝えする。
オープニングナンバーは、1月にリリースした9thシングル「I AM」に収録の「FEEDBACK」。え~すけ=イエロー、ぱんめん=ブルー、れお=オレンジ、たっくん=パープル、ゆじまる=ピンク、渚こうた=グリーン、さっさー=レッドと、それぞれのイメージカラーを配した白いナポレオンジャケットがよく似合う7人が放つのは、圧倒的な王子様オーラだ。目まぐるしくフォーメーションチェンジしながらキレのあるダンスで魅せ、<自分らしく生きる>というフレーズを歌う姿は凜として力強い。
*ChocoLate Bomb!!

*ChocoLate Bomb!!
*ChocoLate Bomb!!

続く「Spare Key」では、赤のライトに照らされながら、オトナな恋を歌とダンスでしなやかに表現。ダイナミックなパフォーマンスで沸かせる「コスモ」では、それぞれの“推し”のイメージカラーをペンライトに灯すオーディエンスが全力でコール。曲によってガラっと異なる空気をまとい、表情を見せるのがちょこぼだ。その高揚感は絶対にクセになる。
恒例の自己紹介では、誰かがちょっとでも隙を見せようものならみんなでイジったりツッコんだりしつつ、ゆじまるを「王子」ではなく「王女」と評した(確かにゆじまるは美少女すぎる)渚こうたが熱烈なゆじまる推しであることを告白する場面も。昨年10月に渚こうたとさっさーが加入して7人体制で新たなスタートを切ったちょこぼ(*ChocoLate Bomb!!の略称)だが、その一体感は歌やダンスにはもちろん、笑いが絶えないトークにも顕著だ。
*ChocoLate Bomb!!

*ChocoLate Bomb!!
*ChocoLate Bomb!!

「LOVE ME DO ~どこにもいっちゃだメェ~」の<何処にも行っちゃダメ>というフレーズ、ぱんめん&ゆじまるのハグ、たっくん&ゆじまるの熱のこもった歌のかけ合いで昂らせてくれたあとは、グループ内ユニットのパフォーマンスへ。え~すけ、ゆじまる、さっさーによる「賽は投げられた」はラテンモードで、フラメンコ的な振付&艶っぽく絡む3人の姿にドキっとさせられる。いっぽう、れお、ぱんめん、たっくん、渚こうたによる「ラブチョコ」はハジけるポップナンバーで、歌声も振付も実にかわいらしい。さらに、ソロ曲「Let it Shine」で<君の花が咲くようにここにいるから>と心を込めて歌ったのはたっくん。時にビターに、時にスウィートに、色とりどりの表現欲求が鮮やかに花開いていく。
*ChocoLate Bomb!!
*ChocoLate Bomb!!
また、公演によって担当するメンバーが替わるソロ演目とプロデュース演目も、今ツアーの見どころ。この公演でソロ演目を担当したのは、赤いラメ衣装で登場したさっさーだ。自らのイメージカラーであるレッドのペンライトがフロアを埋め尽くす光景を目の当たりにして緊張してしまったそうで、歌詞を間違えてしまう場面もあったが、オーディエンスの温かなコールを浴びながら、先輩ユニット・MeseMoa.の「オーロラ曲技団」を歌いきった。
れおのプロデュース演目では、さっさーと同じ赤ラメ衣装の6人が加わり、全員の頭にはモフモフの犬耳が。「ちょこぼはかわいいを恐れてない!?(笑)」とれおが問いかけ、渚こうたの「じゃあ、それぞれにかわいいと思うポーズをしようよ」という提案でいっせいにかわいくポーズ。どうしてもぎこちなくなってしまうメンバーがいるのはご愛敬で、「Love!✕2 Chu!✕2 Yeah!!✕3」、「マジカルステッキ☆」、「アンラッキー☆BOY ( ´・ω・`)」というMeseMoa.のナンバーへ。

*ChocoLate Bomb!!
*ChocoLate Bomb!!

問答無用のキラーチューン「Love!✕2 Chu!✕2 Yeah!!✕3」では、れおがフォーゲルパートを、え~すけがとみたけパートを、ぱんめんが野崎弁当パートを、たっくんが白服パートを、ゆじまるがにーちゃん&気まぐれプリンスパートを、渚こうたがノックソパートを、さっさーがあおい&二番煎じパートを担当して、7人でギュッと寄ったり、ジャレ合ったりしながら、最後には投げキッス!
れおが「かわいい2人をセレクト」したという「マジカルステッキ☆」では、れおがフォーゲルパートを、たっくんがあおいパートを、渚こうたが気まぐれプリンスパートを担当。あまりにもキュートな3人が、<ちちんぷいぷいのおまじない>をかければ、大歓声が上がる。
*ChocoLate Bomb!!
れおが初めて曲を聴いた瞬間に心を動かされたという「アンラッキー☆BOY(´・ω・`)」では、再び7人がステージにそろい、え~すけが白服パートを、れおがあおいパートを、たっくんがとみたけパートを、ぱんめん&渚こうたがノックソ&フォーゲル&野崎弁当&にーちゃんパートを、ゆじまるが気まぐれプリンスパートを、さっさーが二番煎じパートを担当。れおが言う通り、<最後にワハハと笑うのは僕の方だよ>というフレーズに、どうしたってグっときてしまう。
この公演だけの特別感をとことん堪能したあとは、「証城寺の狸囃子」のパロディや少林寺拳法を思わせる振付も楽しい「少林寺少年」きっかけで爆上げモードに。インド音楽ムードたっぷりで千手観音ダンスも見事な「Aaja Nachle」。絶対の王道アイドル感を見せつける「ZETTAIフィーリング」。自己紹介パートにあらためてそれぞれの個性を感じられる「*Colorful Bomb!!」。歌やダンスで自分を表現することが大好きで、みんなを楽しませたい! そんな7人の“想いの強さ”は、誰にも負けない。
*ChocoLate Bomb!!
アンコールに応えての1曲目は、「I AM」。もがき葛藤し、やがて<自分は自分>であるという光を見出す7人の姿は、感動的ですらある。最新シングルで新たな表現の扉を開けた彼らは、まだまだ進化していくだろう。
そして、メンバーを代表してファンの熱い応援への感謝を口にしたれおは、初めて動画投稿した2014年2月25日を結成日として大切にしつつ、「渚こうたとさっさーが加入した9月1日を新*ChocoLate Bomb!!の日にします」と宣言。揺るぎない絆で結ばれた7人とオーディエンスが声を重ねた「Bitter & Sweet days」に、この先への期待感がふくらんだのは筆者だけではないはずだ。
このツアーのファイナル公演は、3月21日に東京・品川インターシティーホールにて開催。ここから1か月弱の間にも、7人のエンターテインメント精神はきっとますます磨かれていく。

文=杉江優花
そして、今回特別に同公演より「Spare Key」のライブ映像も公開となった。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着