ファンク系ブルースを生み出した
B・B・キングの
『コンプリートリー・ウェル』

ブルースマンからアメリカーナ系
アーティストに

彼はギターもヴォーカルもべらぼうに上手いし、人より好奇心も旺盛だったのだろうが、ブルースでトップに立った後、その位置には安住せず新しい音楽を求めて試行錯誤していく。それが60年代の終わりから70年代中頃まで続くロックやファンク系のアーティストたちとのコラボである。そして、この取り組みが日本やイギリスなどのブルースファンの神経を逆撫でし、白人に媚びるヤツとして見られるのだが、もうこの時点で彼はブルースマンというよりはアメリカーナ音楽のアーティストになっていたのである。

事実、彼が影響を受けたとして挙げているアーティストの中には、ジーン・オートリー(歌うカウボーイと呼ばれた初期のカントリーシンガー)、ジミー・ロジャーズ(ブルースマンではなく、ヨーデルを取り入れた初期のカントリーシンガーのほう)、ジャンゴ・ラインハルト(フランスのジャズギタリスト)、チャーリークリスチャン(テキサス出身のジャズギタリスト。初めてエレキギターを使ったミュージシャンとして知られる)など、カントリーやジャズのアーティストが含まれており、この時代のブルースマンには珍しい雑食性だ。ブルースやR&B系のアーティストでカントリー系の音楽に影響を受けたと公言しているのは、他にはゲイトマウス・ブラウン、レイ・チャールズ、バーバラ・リンぐらいではないだろうか。

ロックやファンクへのアプローチ

そして69年、16枚目のアルバム『ライブ&ウェル』のB面(A面はライヴ。B・Bのブルースギターが炸裂する名演)で、プロデューサーに若手のビル・シムジク(後にイーグルスやジョー・ウォルシュのプロデューサーで知られる)を迎え、ニューヨークで活動するソウル/ファンク系のミュージシャンに加えて、アル・クーパー、ヒュー・マクラッケン、ポール・ハリスといった白人アーティストをバックにつけ、いよいよB・Bは新たなスタートを切る。

このアルバム、出来は悪くないが、A面はブルースだがB面はファンク/ソウル系のブルースなのでまとまりはない。若いシムジクにとって、一枚まるごとファンク/ソウル系のブルースで勝負するのは怖かったのだろうと思われる。ところが、このアルバムがチャートで好成績を収め、予想外のヒットを記録する。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着