写真左上より時計回りに、yuri(Dr)、オレオレオナ(Key)、TOMO-ZO(Gu)、F チョッパー KOGA(Ba)、はな(Vo&Gu)、アンジェリーナ1/3(MC)

写真左上より時計回りに、yuri(Dr)、オレオレオナ(Key)、TOMO-ZO(Gu)、F チョッパー KOGA(Ba)、はな(Vo&Gu)、アンジェリーナ1/3(MC)

【Gacharic Spin インタビュー】
がっつりとロックなアルバムになった

Gacharic Spinなんだけど、
また新しいバンドみたい

「the first star」にも《完璧じゃないから楽しいのさ》や《もう1回立ち上がるよ》というフレーズがあって、ここにもガチャ節が詰まっていますね。

KOGA
この曲もパラスポーツをイメージしました。そういう意味では自分たちの想いはもちろんあるけど、パラスポーツの選手の方をはじめ、いろんな人に当てはまるような歌詞にしたところはあります。

この曲はアンジーさんが加入したからこそ生まれたようなアプローチかなと思ったのですが。

KOGA
イントロの歌い出しはアンジーが歌って、Aメロに入ったらはなが歌うっていうイメージが作っている段階からありましたね。
アンジェリーナ
この曲、大好きなんですよ!
KOGA
全部、“好き”って言ってんじゃん! まぁ、“嫌い”って言われたら困るけど(笑)。
アンジェリーナ
マジで今回のアルバムの曲、全部好きなんですよー。今までのGacharic Spinにない曲が入っているし、それでいてGacharic Spinらしさもあるし、聴いてる人にエールを送るのはもちろんなんですけど、Gacharic Spinにもエールを送るような曲が多くて、特に「the first star」は年齢を問わず背中を押してくれる曲だと思うんです。私はイントロ部分の《一瞬を 一瞬を生きて Go for it! LaLa輝く》っていう歌詞を歌っているんですけど、ライヴで初披露した時、イントロのピアノが鳴って、その私は歌うところで“この言葉をみんなに届けたい!”って思ったし、最後まで“みんな、自分を信じて生きていこう!”っていう気持ちで歌いました。改めて、Gacharic Spinだからこその曲だと感じました。あと、この曲はどこかほっこりするところもあって。
KOGA
あぁ、確かに。シンセではなく、ピアノ始まりの曲が欲しかったんですよ。せっかくキーボディストのいるバンドなんで、キーボードが前面に出る曲にしたくて。そういう曲があることで大村さんが作った曲との対比にもなるし、Gacharic Spinって攻撃的なものが多いから、温かさというか、やさしく包み込むような曲が欲しいとも思ってたし。

ヘヴィなミディアムナンバー「永久No mission」ですが、このテイストは今までのGacharic Spinにないですよね。

KOGA
この曲は海外の作家さんが作ってくださったんです。Gacharic Spinは基本的に曲も歌詞も自分たちで書くんですけど、今までも提供曲はあったし、“自分たちで作った曲しかやらない!”とか全然思ってないんですね。その曲が作品として良くて、自分たちとリンクするんであればやりたいし、客観的に見て“こういう曲をやってみたら?”って言ってくれるようなものをやりたいと思ってるんです。特にこの曲は今までのGacharic Spinにないサウンドだったし…何曲か書いてもらった中から“この曲がいい!”ってなって、はながアレンジを詰めていきました。
アンジェリーナ
私、この曲はメインヴォーカルなんですけど…
KOGA
めちゃくちゃ気持ち良さそうに歌ってるよね。
アンジェリーナ
楽しいんですよ〜。ナルシストになって歌ってます(笑)。
KOGA
それ、思ってた(笑)。
アンジェリーナ
“自分、一番カッコ良い!”と思って歌ってますから(笑)。今までのGacharic Spinにない曲だし…私、ラップと歌がしっかり入ってる曲が好きなんで、こういう曲をやってみたかったんですよ。しかも、今までだったらラップは私で、メロディーを歌うのははなさんというスタイルだったんですけど、この曲ははなさんがラップをやって、私がメロディーを歌うっていうふうに変えてて、“私とはなさん、マジでカッコ良くね”って(笑)。サウンドはヘヴィだし、歌詞も強いし。
KOGA
歌詞は言葉遊びしているしね。この曲は海外の作家さんが作ってるから仮歌が英語だったんですよ。それに歌詞を乗せるというのが難しくて! 日本語でも英語に聴こえるイントネーションのものを考えたり、そういう歌い方をしないと、普通にやってたら全然カッコ良くならないんです。
アンジェリーナ
もうライヴでやってるんですけど、めっちゃカッコ良いです! 歌ってる自分もカッコ良い! 
KOGA
これが18歳の無敵感なんでしょうね(笑)。例え思っていたとしても口には出せないですから。

それが最初に言っていた“自信”なんですよ。

アンジェリーナ
ヤバい、恥ずかしい(笑)。
KOGA
これが文字になったものを見ると恥ずかしくなって、10年後に見たらさらに恥ずかしくなるからね(笑)。でも、この無敵感はアンジーだからこそ出せるものだがら、すごくいいと思うよ。

新体制で作り上げたアルバムも無敵ですね。

KOGA
Gacharic Spinってエンターテインメントなイメージが強いと思うんですけど、がっつりとロックなアルバムになりましたね。今まではパフォーマーがいたからダンスのセクションを入れたんで、アンサンブルで間奏を作ってたけど、もうガーン!ってギターソロを入れてたりするし。エンターテインメント性よりも、バンドとして、プレイヤーとして、シンガーとしての魅せ場がいっぱい詰まってます。Gacharic Spinなんだけど、また新しいバンドみたいな感じというか…新しいメンバーがふたり入ってるし、曲作りにも参加しているわけだから、やっぱり全然変わりましたね。
アンジェリーナ
やっと今のメンバーでの音が届けられる初めてのCDなので…
KOGA
昨年は修行だったからね(笑)。
アンジェリーナ
修行の日々でした! いろんなジャンルの曲を歌ったり、今までのGacharic Spinにないことにも挑戦したし、歌い方もいろいろ試したりしたので、Gacharic Spinらしさを残しつつ、新しいGacharic Spinを見せれるアルバムになったと思います。だから、Gacharic Spinを知ってる人はもちろん、知らないに人も全員に聴いてほしいですね。

そんなアルバムが世に出る前に47都道県ツアーがスタートするわけですが、どんなツアーにしたいと思いますか?

KOGA
曲の中での魅せ方とかを考えてアレンジを変えたりすると思うので、そういう挑戦はしていきたいですね。思い切りバンドをやるツアーにしたいです!
アンジェリーナ
昨年は成長の一年だったから、ツアーの中で進化をしていきたいです。初めてのことがいっぱいあるだろうから、今の自分ができる最大限のものを全部ぶつけたいと思います。
KOGA
年間で100本くらいライヴをやってますけど、47都道県を回るは初めてだし…最初は3カ月で回る案が出ていたんですよ。さすがにそれはやめました。昔のGacharic Spinだとやってたと思うんです。そういう勢いも大事だと思うけど、今回は新曲を持って行くツアーになるから、1年を掛けて47都道県を回る日程にしました。アルバムが発売になる前から新曲はガンガンやっていくし、これまでの曲もやるし、久しぶりの曲もやる予定なので、一本一本をしっかりと届けたいと思います。

取材:土内 昇

アルバム『Gold Dash』2020年3月11日発売 ビクターエンタテインメント
    • 【初回限定盤A(DVD付)】
    • VIZL-1693
    • ¥4,545(税抜)
    • 【初回限定盤B(Photobook付)】
    • VIZL-1694
    • ¥3,636(税抜)
    • 【通常盤】
    • VICL-65304
    • ¥3,000(税抜)

『Gacharic Spin 47都道府県TOUR「ROCKET SPIRITS」』

3/28(土) 栃木・HEAVEN'S ROCK宇都宮VJ-2
3/29(日) 千葉・柏PALOOZA
4/04(土) 京都・KYOTO MUSE
4/11(土) 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
4/12(日) 静岡・Sunash
4/18(土) 福島・郡山HIPSHOT JAPAN
4/19(日) 群馬・高崎club FLEEZ
5/02(土) 宮城・仙台MACANA
5/03(日) 山形・ミュージック昭和Session
5/05(火) 秋田・Club SWINDLE
5/09(土) 北海道・札幌Sound Lab mole
5/10(日) 北海道・札幌Sound Lab mole
5/23(土) 長野・松本Sound Hall a.C
5/24(日) 新潟・CLUB RIVERST
6/13(土) 徳島・club GRINDHOUSE
6/14(日) 大阪・umeda TRAD
6/20(土) 東京・Veats Shibuya
6/27(土) 沖縄・桜坂セントラル
6/28(日) 沖縄・桜坂セントラル
7/04(土) 山梨・甲府CONVICTION
7/05(日) 神奈川・Thunder Snake Atsugi
8/29(土) 富山・SOUL POWER
8/30(日) 石川・金沢AZ
9/12(土) 三重・CLUB ROOTS
9/13(日) 岐阜・CLUB ROOTS
9/22(火) 愛知・名古屋Electric Lady Land
10/10(土) 青森・Quarter
10/11(日) 岩手・the five morioka
10/18(日) 茨城・mito LIGHT HOUSE
10/24(土) 福井・CHOP
10/25(日) 滋賀・U★STONE
10/31(土) 島根・出雲APOLLO
11/01(日) 鳥取・米子 AZTiC laughs
11/14(土) 山口・LIVE rise SHUNAN
11/15(日) 岡山・IMAGE
11/21(土) 大分・DRUM Be-0
11/22(日) 佐賀・GEILS
11/23(月) 熊本・B.9 V2
11/28(土) 鹿児島・SR HALL
11/29(日) 宮崎・SR BOX
12/05(土) 和歌山・CLUB GATE
12/06(日) 奈良・NEVER LAND
12/12(土) 高知・X-pt.
12/13(日) 愛媛・松山サロンキティ

Gacharic Spin プロフィール

ガチャリックスピン:リーダーのF チョッパー KOGAをはじめ、はな、TOMO-ZO、オレオレオナ、yuri、アンジェリーナ1/3、6人からなるエンターテイメントガールズバンド。年間 100 本以上のライヴをこなし、国内のみならず海外のフェスやイベントにも出演。結成10周年の2019年3月にベストアルバム『ガチャっ10BEST』を、20年3月には新体制初となるアルバム『Gold Dash』を発表。Gacharic Spin オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着