人生の分岐点にこそ聴きたい。Green Day「Good Riddance (Time of Your Life)」。[しゅかしゅんYUNA Urock! 第34回]

人生の分岐点にこそ聴きたい。Green Day「Good Riddance (Time of Your Life)」。[しゅかしゅんYUNA Urock! 第34回]

人生の分岐点にこそ聴きたい。Green
Day「Good Riddance (Time of Your
Life)」。[しゅかしゅんYUNA Urock
! 第34回]

大阪☆春夏秋冬のYUNA(ユウナ)です。

Urock!34回目になりました。
先日、久しぶりにセルフポートレートを撮りました。
その名の通りセルフでのポートレート撮影です。
普段、人の写真ばかり撮っていると自分の写った写真がないので、どうにか撮ろうと始めてみました。といっても街中では中々恥ずかしくてできないので家の中で。
クローゼットにかかった服を全部取り出して、床に布を敷きそこに寝転がって、上からカメラを吊るして、連動させた携帯のシャッターを右手で押しながら撮影しています、笑!
とても変な状態での撮影ですが、Instagramに沢山写真を載せているので覗いてもらえると嬉しいです。
では早速本題へ。今週も『卒業』をテーマに選曲させていただきました。
Green Dayの「Good Riddance (Time of Your Life)」。
Green Day 「Good Riddance (Time of Your Life)」
延期にはなってしまいましたが、3月末には大阪と東京で8年ぶりの来日公演となる“JAPAN TOUR 2020”も行われる予定でしたね。
一度は生でライブを観てみたいものです。今回はパンクの中にあるアコースティックなこの1曲。
別れの先にある光や新たな道への導きを示してくれるメッセージを感じます。
Good Riddance (Time of Your Life) 歌詞 「Green Day」
https://utaten.com/lyric/ea00000808
分岐点って何故こうも人生に何度も起こるんでしょうね。
同じ学生生活を送っていても同じ職業で働いていても同じパートナーと人生を共にしていても、何度も分岐点に立たされてしまうものです。

"時が導いてくれるもの"
それだけだと少し無責任に感じてしまうかも知れません。
ですがこの歌に温かさを感じるのは"the wrist"という部分。
体の一部分を引っ張られると自然と体が動くように、近くに寄り添って何かに導いてもらえると確かに少し楽に進み出せるような気がします。
時が立つと自分の価値観や考え方も変わってきますしね。
Good Riddance (Time of Your Life) 歌詞 「Green Day」
https://utaten.com/lyric/ea00000808
"時間を費やした価値がある"
そう思えるようになっている時点で私にとって、それはとても大きな背中です。
頑張った後に結果が出てこないと、この時間に意味があったのか? なんて思ってしまう事が多いので。
そんな繰り返しばっかりなのが現実ですが、最近立たされていた分岐点を一つ乗り越えられる事ができました。
というのも、2016年から4年弱ほど毎日ブログを更新していたのですが、だんだん更新する日程にズレが出てきてしまって、それを溜め込んだ結果2ヶ月ほどの空白ができている状態にありました。
ブログを毎日書いてきたおかげで手にしてきたものも沢山ありましたが、、、追いつこうと必死に更新はしていたものの、どこか義務感を感じてしまう文章になり、自分でくくりつけた縄に絡まっていたんです。
文章を書くのが好きだったはずなのにいつのまにか。
リアルタイムで伝えられていないこのもどかしさから、やっと決断が出来て、縄を解く方法が記された道へと進む事ができました。
先週からまたブログを書き始めたのですが、その時にもらえた沢山のコメントや言葉から、4年間の時間に変わる価値って本当におっきかったんだなあと感じています。
この歌が送ってくれるメッセージ、届けてくれるパワーにはとても励まされました。

Good Riddance (Time of Your Life) 歌詞 「Green Day」
https://utaten.com/lyric/ea00000808
この時期は卒業だけでなく、新たに環境が変わる人が多いと思います。
そんな人にも私からの言葉を受け取ってもらえたら嬉しいです。
自分でその道を選ぶ人。自身で選択ができずに誰かの答えと共有して道を選べた人。人の意見を尊重し道を選んでみた人。
誰しもが不安や迷いが混じり合う一点だからこそ、乗り越えられた時、後ろを振り返っても別の道を想像してもその人生に誇りを持てるのかなあと思います。
今が踏ん張りどき。
みなさんの人生に幸あれ。
どうでしたでしょうか。
少しでも早く好きなものを全力でできるように願うばかりです。
ブログの方も是非読んで見てください!!
▷大阪☆春夏秋冬(しゅかしゅんofficial blog)

ではまた。
You rock!!
しゅかしゅん LIVE INFO
☆新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、スケジュールは延期・中止になる場合がございますので、各欄記載の主催者ホームページや大阪☆春夏秋冬のホームページ、SNS等で随時ご確認いただきますようお願いいたします。
▶「H.I.P. presents GIG TAKAHASHI tour 2020」
[最終公演]
【日時】 3月15日開催予定でしたが、8月6日(木)に延期となりました。
【会場】 新宿BLAZE(東京)
【出演】
MC:モリモリ (モリナオフミ/森詩織) オープニングアクト:アメフラっシ / AKAGIDAN
出演:あゆみくりかまき / まなみのりさ / 大阪☆春夏秋冬 / Task have Fun / PINK CRES. / アップアップガールズ(仮) / CROWN POP / B.O.L.T / predia / はっちゃけ隊
【料金】 前売 4,000円 当日 4,500円(+1ドリンク代500円)
【オフィシャルHP】

▶「クロフェス 2020 ~春のアイドル祭だしん!~」
【日時】 2020年3月21日(土)・22日(日) 11:00開場/12:00開演→※延期
【オフィシャルHP】

▶「Higashi Osaka Music Entertainment Festival」(HOME FES)
【日時】 2020年4月5(日) 12:15開場/13:00開演
【会場】 東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール (大阪)
【出演】 大阪☆春夏秋冬 / GIRLFRIEND / 他
【料金】 S席:7,000円(ノベルティ付き) A席:5,000円 2階ファミリー席:4,000円 3階:一般席3,500円

▶「奥野涼BAND presents“エンターテインメントのバーゲンセール”」
【日時】 2020年4月6日(月) 16:00開場/17:00開演→※延期
【会場】 BIGCAT(大阪・心斎橋)
【出演】 奥野涼BAND / 大阪☆春夏秋冬 / and more!!
【料金】 一般 前売 3,500円 当日 4,000円 (ドリンク代別)
学生 前売 2,000円(ドリンク代別)
※対象は高校生まで / 中学生は22:00まで(保護者同伴必要) / 未就学児はチケット代不要

▶大阪☆春夏秋冬対バンツアー「DACHI∞」
[大阪公演] 
【日時】 2020年4月11日(土) 16:00開場/17:00開演
【会場】 アメリカ村DROP
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 悲撃のヒロイン症候群

[名古屋公演]
【日時】 2020年4月12日(日) 16:00開場/17:00開演
【会場】 名古屋SPADE BOX
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 我儘ラキア

[東京公演]
【日時】 2020年4月25日(土) 16:00開場/17:00開演
【会場】 新宿BLAZE
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 フィロソフィーのダンス / 26時のマスカレイド and more…
▼チケット一般申込受付はこちら
一般発売日:2月1日(土)16:00~
▷イープラス
この記事を書いた人
YUNA(ユウナ)
1999年5月26日生まれ(双子座 /A型/一人っ子)
▶Twitter
▶Instagram
▶U rock!記事一覧

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着