Frank Ocean、Kendrick Lamar、Radi
oheadらの音楽が彩る“プレイリスト
・ムービー”『WAVES』冒頭映像公開

4月10日(金)より全国公開となる映画『WAVES/ウェイブス』の冒頭映像が公開された。
6分間にも及ぶ本映像では、Animal Collectiveの「FloriDada」やTame Impala「Be Above It」、Frank Ocean「Mitsubishi Sony」などが流れる中、ドライブ・デートの風景から学校の部活のシーン、果ては自宅から海でのデートまで、時には360度視野が回転しながら音楽に合わせてテンポ良く場面が移り変わる、まさに“プレイリスト・ムービー”とも称される本作の特徴を収めた内容となっている。
本編に使用する楽曲のプレイリストを作成し、そこから脚本を着想し製作されたという本作。Trey Edward Shults監督自身が“ある意味でミュージカルのような作品”と語るように、全ての曲が登場人物の個性や感情に寄り添うように使用され、時には音楽がセリフの代わりに登場人物の心の声を伝えているという。監督の特に思い入れのあるアーティスト、Frank Ocean、Kendrick LamarKanye Westの3人に対する楽曲セレクト秘話も公開された。
FXX00001.ARW
Trey Edward Shults (Photo by John Phillips / Getty Images for BFI)

■使用楽曲一覧

「FLORIDADA」「LOCH RAVEN (LIVE)」「BLUISH」Animal Collective
「BE ABOVE IT」 「BE ABOVE IT -EROL ALKAN REWORK」「BE ABOVE IT – LIVE」Tame Impala
「MITSUBISHI SONY」「SIDEWAYS」 「FLORIDA」「RUSHES」
「RUSHES (BASS GUITAR LAYER)」「SEIGFRIED」 Frank Ocean
「WHAT A DIFFERENCE A DAY MAKES」Dinah Washington
「La Linda Luna」 Kelvin Harrison Jr.
「LVL」 A$AP Rocky
「AMERICA」 The Shoes
「BACKSEAT FREESTYLE」 Kendrick Lamar
「IFHY」 Tyler, The Creator feat. Pharrell Williams
「FOCUS」 H.E.R.
「LOVE IS A LOSING GAME」 Amy Winehouse
「SURF SOLAR」 Fuck Buttons
「U RITE」「U-RITE (LOUIS FUTON REMIX)」 THEY.
「I AM A GOD」 Kanye West
「GHOST!」 Kid Cudi
「MOONLIGHT SERENADE」 Glenn Miller Orchestra
「THE STARS IN HIS HEAD (DARK LIGHTS REMIX)」 Colin Stetson
「HOW GREAT」 Chance The Rapper
「PRETTY LITTLE BIRDS」 SZA feat. Isaiah Rashad
TRUE LOVE WAITS」 Radiohead
「SOUND & COLOR」 Alabama Shakes

【Trey Edward Shults監督 コメント】

■フランク・オーシャンに対する想い

Frank Oceanはこれまでに5曲も使用を許可したことがなく、彼を説得するのに何か月もかかった。最初は彼のチームに、今は創作活動に没頭しているから難しいと言われたんだ。その後、1曲に減らせないかと提案された時はパニックに陥ったよ。でも僕から手紙とラフカットを送ったら、時間を割いて見てくれて、全曲使用していいと言ってくれたんだ。ロード・トリップのシーンで、Frank Oceanの「Seigfried」が流れるんだけど、彼の『Blonde』は僕が最も好きなアルバムの一つなんだ。あのシーンを見事にとらえていて、正直でありつつも脆い。そこが美しいと思った。「Seigfried」を用いたシーンでは、主人公が好きな人と旅に出て、自由を肌身で感じるんだ。納得がいくまで何度も編集していたら、最後は僕も泣き崩れてしまった。音楽とビジュアルが見事にシンクロして、心を強く突き動かされたからだ。

■Kanye Westに対する想い

僕はずっと前からKanyeの大ファンなんだ。とてつもなく魅力のある人物だと思うし、Kanye Westの伝記映画を作りたいという夢も持っている。音楽の天才だし、彼の作品はどれも好きだ。Kelvin Harrison Jr.演じるTylerのシーンで「I Am a God」を使ったのは、ある意味リアルだったからだ。彼の頭の中では、あのような音楽が流れているに間違いないし、頭から溢れ出して周囲まで浸してしまっているんだ。使用の許諾に時間がかかったけど、ありがたいことに、最終的にKanyeは承諾してくたんだ。Kanyeは尊敬しているし、彼の精神はこの作品にあらゆる形で映し出されている。
【映画情報】

『WAVES/ウェイブス』

4月10日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

■ オフィシャル・サイト(https://www.phantom-film.com/waves-movie/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着