OTOTOY支援企画『Save Our Place』始
動 「音源配信でライヴハウスを救う

OTOTOYによるプロジェクト『Save Our Place』が4月6日にスタートする。
『Save Our Place』は、企画に賛同したミュージシャン、レーベルが未リリース音源をOTOTOYで配信し、その売上をミュージシャン、レーベルが希望する施設に届ける支援企画。クレジット決済手数料と、著作権登録がある場合は著作権使用料を除く音源の売り上げ全額が施設に送られる。対象音源は新曲、新録音源、無観客ライヴ音源、スタジオ・ライヴ音源、アコースティック弾き語り音源など。
さらに営業が制限された施設で行なわれる無観客ライブ配信、ライブ音源配信も支援。インスタライブ、YouTube Live、ニコニコ動画を利用した無観客ライブを対象に、レコーディング費用をOTOTOYが一旦負担して録音、OTOTOYで配信する。クレジット決済手数料と、著作権登録がある場合は著作権使用料を除いた売上金のうち、レコーディング費用の実費の採算が音源売り上げで取れるまでは、売上金の50%が施設への支援にあてられる。レコーディング費用の実費がまかなわれた時点で、クレジット決済手数料と、著作権登録がある場合は著作権使用料を除いた売り上げ金が全額施設に送られる。
同企画に先駆けて4月6日には、東京・小岩のBUSHBASHで行なわれた無観客ライブの音源『CRYMAX BROADCAST~SAVE THE BUSHBASH COMPILATION』をリリース。FUCKER、田島ハルコ、Limited Express (Has Gone?)、DEATHROの4組が参加しており、収益はBUSHBASHに送られる。その後、集まった音源から順次公開していく。

主催者のコメント

現在、新型コロナウイルスの影響で、多くのイベント/ライヴが開催自粛を余儀なくされています。それによりライヴハウスやイベントスペースなど、多くの施設が経済的にも精神的にも大きなダメージを受けています。
そこでOTOTOYではこういった施設を少しでも支援したく、ミュージシャンとともに施設をサポートできる企画『Save Our Place』を立ち上げました。
それは、ミュージシャンが創った音源をOTOTOYで販売し、その売上をミュージシャンが希望する施設へ届けるという仕組みです。今の政府の方針を見るに、従業員の人件費の負担は軽減されそうですが、施設はそれ以外にも家賃や光熱費、その他諸々の多額の運営費がかかり続けます。そのため、今こそ我々が大好きな施設に直接的な支援をすべきだと考えました。
『Save Our Place』で一番やりたいことは、ミュージシャンがはじめてライヴをやった、応援し育ててくれた、自分たちのファンが楽しんで遊べる、新型コロナウイルスの騒動が落ち着いた後に帰って来れる…そんな大切な大切な場所を、音楽の力で直接支援することです。
提供:音楽
:CINRA.NET
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着