写真左上より時計回りに、ハマ・オカモト(Ba)、オカモトコウキ(Gu)、オカモトレイジ(Dr)、オカモトショウ(Vox)

写真左上より時計回りに、ハマ・オカモト(Ba)、オカモトコウキ(Gu)、オカモトレイジ(Dr)、オカモトショウ(Vox)

【OKAMOTO'S インタビュー】
ちゃんと夢をもう1回
見られる自分たちでいたい

デビュー10周年という節目に初のベストアルバム『10’S BEST』をリリースするOKAMOTO’S。新たな一歩を踏み出すため、これまでの10年を集大成した彼らはどんなふうに成長したのかを、これからの展望も含め、4人に話を訊いた。

ファンとバンドのコミュニケーションが
ちゃんと取れている10年だった

デビュー10周年という節目にリリースする初のベストアルバムは、アートワークが1stアルバム『10’S』のセルフオマージュになっていますが、ふたつのアートワークを見比べて、どんなことを思いますか?

レイジ
10年前だけど、古いとかダサいとかは全然思わなかったですね。
ショウ
良かったよね、そう思わずに見られるってね。
コウキ
10年後にまた使おうと思えるものを作っておいて良かったって思いました。自分たちのビジュアルも10年経っても耐えうるもので良かった(笑)。
レイジ
ストレートにこれでカッコ付いて良かったよ。
コウキ
真っ向勝負だもんね

セルフオマージュはどなたのアイディアだったんですか?

ショウ
ハマさんだったよね。
ハマ
撮影に使っているオブジェは10年前に使ったものなんですよ。作り直してないんです。

取ってあったんですか?

ハマ
今回のアイディアを思い付いた時、オブジェを作り直して、少しでもニュアンスが変わってしまったら、やる意味がないと思って、スタッフに“さすがにないですよね”って話をしたら、“去年、廃棄されました”って言われて。“逆に、なんで9年取っておいたの!?”って残念な気持ちになったんですけど、“まぁ、しかたないか”と思ってたら大どんでん返しで、“実はまだ廃棄してませんでした!”って。“それなら10年振りに対面するところから撮りましょう”ってことになって、梱包をはがすところから撮影したんです。ほんとに10年振りに同じオブジェで…しかもカメラマンさんもスタジオも同じっていう。
コウキ
(スタッフに)一応、もう10年取っておいてもらってもいいですか。19年目に捨てないでくださいよ(笑)。
ハマ
発案から実行までちょっと紆余曲折があったんですけど、無事に同じ写真が撮れて、不思議と体形が変わっていないというのもあるかもしれないですけど、やっぱり同じ人間なので、オブジェの後ろに並ぶだけで、“本物だ!”って感じに自分たちでなりましたね(笑)。“本人がやるとこうなるんだ!?”みたいな面白さがあって、撮影も楽しかったです。

改めて振り返って、どんな10年だったと思いますか?

ショウ
音楽の聴かれ方も社会もめちゃめちゃ動いた10年だったと思うんですけど、そんな中を19歳から始めて、よく生き残ってきたなって気持ちはありますね。なかなか大変だった10年だったと思うんですよ。やり始めた時は正攻法というか、ひとつの必勝パターンがまだある時代だったと思うんですけど、それがどんどんなくなっていって、それぞれにしか正解がない時代に変わってきた。それは音楽だけに限らないと思いますけど。

その中でOKAMOTO’Sなりの正解は見付けられたのでしょうか?

レイジ
正解が見付かったわけではないですけど、10周年記念イヤーに日本武道館をちゃんと売り切って、それまでの10年間を肯定された感じはありますね。“自分たちは間違ってなかったんだな”って思いました。
コウキ
途中でもう、“正解がなくて大変なんです”ってのを曝け出すことを正解にしましたね。そのドキュメントを楽しんでもらうっていう。
ショウ
そのまま曝け出すしかないって思ったもんね。
コウキ
結果、それが10年続けられた要因になりました。

もちろん産みの苦しみもあったと思うので、これまで作った曲はどれも思い入れがあると思います。その思い入れのある曲の数々からDisc 1にはファンの人気投票順に17曲が収録されているのですが、それはどんなところからの発想だったんですか?

コウキ
音楽性も変わってきているから選ぶ基準がなかったんですよ。それだったら自分たちよりも聴いてくれる人たちに決めてもらったほうが、みんなが納得できるんじゃないか、それが自然なことなんじゃないかと思えたんですよ。

人気投票の結果はいかがですか?

レイジ
かなり納得してます。良い意味で意外性もないし、こんなにファンとバンドのコミュニケーションがちゃんと取れている10年だったんだって思いました。“うん。こうなるよね”っていう。“ここだけちょっといじって”とか思うこともなかったんですよ。…“これ、ものすごいことが起きている!?”って、さっき気付きました。完全にファンに委ねているのに。
ショウ
寸分違わない。
レイジ
そこは特別なバンドだと思いました。それも10年やってきた結果なのかな。
写真左上より時計回りに、ハマ・オカモト(Ba)、オカモトコウキ(Gu)、オカモトレイジ(Dr)、オカモトショウ(Vox)
アルバム『10’SBEST』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着