東京事変、
ナナヲアカリ、赤い公園など
4月リリース5作品を紹介

フリーマガジン『music UP's』vol.185(3/20発行)にも掲載中の『DISC GUIDE』から、4月リリースの5作品を紹介!

1.『hope』/マカロニえんぴつ
2.『ニュース』/東京事変
3.『マンガみたいな恋人がほしい』/ナナヲアカリ
4.『THE PARK』/赤い公園
5.『アネモネEP』/the peggies
『hope』/マカロニえんぴつAlbum 4/1 Release
    • TALTO/muffin discs
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • TLTO-22 ¥3,454(税抜)
    • 【通常盤】
    • TLTO-23 ¥2,727(税抜)
2年半振りの作品となる2ndフルアルバムはタイアップソング9曲に新曲を加え、たっぷり全14曲を収録。ブレイク間近!と期待されるタイミングにダメ押しで自ら掲げる“マカロック”の魅力を知ってもらうには、まさに持って来いの一枚。ブラックミュージックの影響も消化しながら、等身大の恋愛観を歌うパワーポップソングの数々は、巧みに織り混ぜた、さまざまな洋楽のオマージュも聴きどころだ。
TEXT:山口智男
『ニュース』/東京事変EP 4/8 Release
    • EMI Records
    • UPCH-29360
    • ¥1,700(税抜)
    • ※初回生産限定仕様出荷終了次第、
    •  同価格の通常仕様(UPCH-20547)に
    •  切り替わります。
放たれる言葉も曲も刺激的でザワザワする。「選ばれざる国民」で《終日片手はオンライン》と歌い、「うるうるうるう」でも《到頭命題失くす人類よ通信を遮断せよ》と知的な表現で喪失寸前で迷走する世界を切り取り、ロックンロールナンバー「現役プレーヤー」で生命力を加速させる。猫賛歌やウイットに富んだナンバー、劇場版『名探偵コナン 緋色の弾丸』主題歌まで惹き付けられっぱなしの5曲。
TEXT:山本弘子
『マンガみたいな恋人がほしい』/ナナヲアカリMini Album 4/8 Release
    • Sony Music Associated Records
    • 【完全生産限定盤 「俺、このロングTシャツを
    • 着こなせたら告白しようと思うんだ...」盤】
    • AICL-3870~1 ¥4,800(税抜)
    • ※「マンガみたいな恋人がほしい」ロングTシャツ付
    • 【初回生産限定盤 「我がライブ映像に
    • 一片の悔いなし」盤(Blu-ray付)】
    • AICL-3872~3 ¥3,300(税抜)
    • 【通常盤 「冴えない主人公が現実にいたら
    • 普通に友達になりたい」盤】
    • AICL-3874 ¥1,800(税抜)
数式では解き明かせない恋心を歌った「チューリングラブ feat.Sou」を1曲目に選んだ今作は、豪華作家人を迎え、ポップからバラードまでバラエティー豊かな作品に。恋愛ではなく、“変”愛をテーマにしているあたりも個性的なナナヲらしい。中でもパンチが効いてるのは、マンガに出てきそうな少女が《大す…キライ!!》と歌う「逆走少女」。ナナヲだからこそ表現できるトリッキーな歌世界が広がっている。
TEXT:小町碧音
『THE PARK』/赤い公園Album 4/15 Release
    • EPIC Records Japan
    • 【初回生産限定盤(YouTube Live音源付)】
    • ESCL-5383~4 ¥3,273(税抜)
    • 【通常盤】
    • ESCL-5385 ¥2,727(税抜)
18年に石野理子(Vo)を迎えた現体制初となる、ほとんどが未発表の新曲というオリジナルアルバム。独創性の高い曲と歌詞、演奏力の高さはそのままに、アップテンポな曲からバラードまで、真っ直ぐな歌声で華麗に軽快に乗りこなす石野のヴォーカルが新しい色を生んでいる。《行こうぜ うつくしい圧巻の近未来》と歌うラスト「yumeutsutsu」が逞しい。彼女らの今が見える初回生産限定盤のライヴCDも併せて聴け!
TEXT:フジジュン
『アネモネEP』/the peggiesEP 4/8 Release
    • EPIC Records Japan
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • ESCL-5380〜1 ¥2,273(税抜)
    • 【通常盤】
    • ESCL-5382 ¥1,818(税抜)
“愛に溢れた、エモドラマティックな私たちの共感シグナル”と謳うEPは、音源化を求める声が多かった「アネモネ」他計5曲を収録。島田昌典によるドラマチックなアレンジの中で、切なさと清々しさが絶妙に入り混じる失恋バラードの表題曲を中心にギターロックからアーバンなポップスまで、実は幅広いthe peggiesの魅力をギュッと凝縮。弾き語りで収められたインディーズ時代から人気の「いきてる」も聴き逃せない。
TEXT:山口智男

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着