神山羊、カラフルに曲のテイストを変
化させるアーティスト

新進気鋭アーティスト神山羊の妖艶なダ
ンスミュージックと寂しさを孕んだ歌詞
が聞く人の心に色をつける

神山羊はシンガーソングライターであり、トラックメイカーでもあるアーティストです。年齢は不詳、さらに凛とした顔はアンニュイな雰囲気をまとっています。2018年にYouTubeに投稿された「YELLOW」の再生回数は約1年半で4400万回を突破する人気で、どこか切なさを感じる曲が特徴的。

経歴

2019年に自身のレーベルe.w.eより、ミニアルバム「しあわせなおとな」でCDデビューを果たしました。通常版CDの他に“Tシャツ付盤”、“ARTBOOK付盤”というモノ感にこだわった形態でリリースされ、発売されているCDの全ては作品としての完成度の高いものになっています。
またeweは直訳すると雌羊となり、ここから作品を生み出していく意気込みも感じられます。
2020年3月4日にはSony Music Associated Recordsから早くもメジャーデビューが決定。デビューシングル「群青」はアニメ「空挺ドラゴンズ」のオープニングテーマに抜擢されました。
元々はボカロP有機酸(uki3)としても活躍していました。2014年11月12日、ニコニコ動画に投稿されたボカロPとしてのデビュー曲「退紅トレイン」をはじめ、13曲の視聴回数が10万回を超え、殿堂入りに。

また他のアーティストと交流も深く、ボカロP・バルーンでありシンガーソングライターの須田景凪とはボカロP時代から仲が良く、ライブではサポートベースとして参加していました。
またDAOKOの「24h feat.神山羊」ではフィーチャリングとして参加している他、映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の挿入歌だった「はじめましての気持ちを」や、サードアルバム「私的旅行」の「涙は雨粒」では作曲編曲を担当。
また、ネット発のアーティストずっと真夜中でいいのに。の曲「君がいて水になる」ではアレンジャーとして参加するなど、活躍の場を広げています。
幼い頃から親の影響で宇多田ヒカル椎名林檎、ジャニーズグループといったポップソングを聴いて育ってきました。その反面で、RadioheadMy Bloody Valentineのようなオルタナティブロックも好んでおり、神山羊の音楽にも大きな影響を与えています。

曲のイメージに沿ってロックとダンスとポップの要素を絶妙に変化させる神山羊のバランス感覚は米津玄師サカナクションを彷彿とさせるほど。繊細なメロディーの上に乗った、どこかぶっきらぼうな歌詞が人間的で魅了されます。

youtubeにあるおすすめの曲

YELLOW

まとわりつくようなベースに、骨がしっかりした四つ打ちビートで展開されていくダンスチューン。
明るい曲調だからこそ、見え隠れするほの暗い感情が強調されてコントラストが高く、鮮やかに胸に響きます。
MVは有機酸のときから一緒に作品をつくっているイラストレーター東洋医学によるものです。

青い棘

自身初となる実写によるMVはKing GnuのMVなどを手がけるクリエイティブチームPERIMETRONによって制作され、憂いを含んだ切なさの残る映像になりました。センチメンタルでキラキラとした電子音が棘のようにぐさりと刺さります。
昔から馴染みのある東洋医学によるポップなイラストだった「YELLOW」、またカラーチャートでは黄色の補色は青であることも考えると、互いは反対の位置関係にある曲だと分かります。

ゆめでいいから

「ホットペッパービューティー」特別WEB動画「春、変わる時。」の主題歌になった曲。
映像では脆くも愛しい時間が美しく描かれていて、少しぶっきらぼうながらも、体温を感じる温かみのある歌声と包み込むようなメロディが堪りません。柔らかいピアノの音、感傷的な歌詞に、肌や涙のテクスチャーを感じる肉体感のある作品です。

カトラリー

有機酸として活動していた時のものをセルフカバーしたもの。
人懐っこいピアノのイントロ、アンニュイさの残るサビのメロディーに加え、重みのある紫色の背景も相まって、深夜特有な空気の重さを感じます。
ただの食器の音でさえも、曲中だと泣いているかのようにも聴こえてきて表現の深さにハッとさせられます。

神山羊、カラフルに曲のテイストを変化させるアーティストはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着