赤い公園

赤い公園

赤い公園、新作アルバム
『THE PARK』をリリース!
“1本筋が通っているものができた”

新ヴォーカル 石野理子を迎えた赤い公園が、新体制になって初のフルアルバム『THE PARK』を4月15日(水)リリース。ヴォーカリストの脱退というある意味バンドとして最大の危機に直面しながらも、3人は自分達の日常の中で音楽を鳴らし続け、新たな仲間と出会い、こんなにも生命力に満ちた“1stアルバム”を作り上げた。心機一転、だけど決して気負うことなくセルフタイトルを掲げた本作を持って、4人は『SHOKA TOUR 2020 “THE PARK”』を開催予定だ。

「うわー、すごいのできた!わーい!」
って感じつつ、地に足はついている
感じはしているんですよ。
それがすごく嬉しい(津野)

――赤い公園の、最高すぎるアルバムが完成しました。オリジナルアルバムとしては久しぶりになりますが、結構時間をかけて作った感じですか?

津野米咲(Gu):そうですね。根詰めて長時間かかったというよりも、ポロ、ポロ、ポロと。ずっと集中しきっていたわけではないです。

歌川菜穂(Dr):去年の5月とか6月くらいからかな? デモとか含めたらもっと前かも。ツアーも挟みながらでしたし。

藤本ひかり(Ba):本当に、日常の中で作っていたって感じでしたね。

歌川:でもこういう作り方は初めてでした。

――ちょうど2年前の5月に、新ボーカリストとして石野理子さんが加入。バンドの状態がこれまでとは違っていたっていうこともあるんでしょうね。

津野:はい。ライブをやりつつっていうのも、かなり影響していたと思います。

歌川:もう2年かぁ。あっという間だったね。

――石野さん、今どんな気持ちで音楽と向き合っていますか?

石野理子(Vo):すごく真摯には向き合っているんですけど、日常の中にあるライフワークみたいなものなので、すごく重く捉えているわけでもなく…。日々、楽しく音楽と仕事をしている感じです。

取材:山田邦子

『SHOKA TOUR 2020 “THE PARK”』

6月07日(日) 広島・広島SECOND CRUTCH
6月14日(日) 香川・高松DIME
6月20日(土) 福岡・福岡DRUM SON
6月21日(日) 鹿児島・鹿児島SR HALL
6月27日(土) 北海道・札幌cube garden
7月03日(金) 大阪・大阪umeda TRAD
7月11日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
7月18日(土) 岩手・盛岡club change wave
7月19日(日) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX

<開催見送り>
5月08日(金) 東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) ※
5月17日(日) 静岡・静岡UMBER
5月24日(日) 埼玉・HEAVEN’S ROCK Kumagaya VJ-1 ※
5月30日(土) 長野・松本Sound Hall a.C
5月31日(日) 新潟・新潟GOLDEN PIGS RED STAGE

※赤い公園 DISK GARAGE公演情報:https://bit.ly/2yWfQHa
アルバム『THE PARK』2020年4月15日発売
    • 【初回生産限定盤】(2CD)
    • ESCL-5383~4/¥3,273+税
    • <収録曲>
    • ■Disc 1
    • 01. Mutant
    • 02. 紺に花
    • 03. ジャンキー
    • 04. 絶対零度
    • 05. Unite
    • 06. ソナチネ
    • 07. chiffon girl feat. Pecori (ODD Foot Works)
    • 08. 夜の公園
    • 09. 曙
    • 10. KILT OF MANTRA
    • 11. yumeutsutsu
    • ■Disc 2 ※初回限定生産盤のみ
    • 2019年に行われたYouTube Liveの音源を収録
    • 2019.07.04 at TUPPENCE HOUSE I'S STUDIO / 2019.11.27 at SHIMOKITAZAWA GARAGE
    • 01. 衛星 (broadcast edition)
    • 02. Beautiful (broadcast edition)
    • 03. 未来 (broadcast edition)
    • 04. 石 (broadcast edition)
    • 05. おそろい (broadcast edition)
    • 06. Unite (broadcast edition)
    • 07. Highway Cabriolet (broadcast edition)
    • 08. 輝き (broadcast edition)
    • 【通常盤】(CD)
    • ESCL-5385/¥2,727+税

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着