L→R KENSHIN、NAOYA、HAYATO、EIKU、REI、TETTA

L→R KENSHIN、NAOYA、HAYATO、EIKU、REI、TETTA

【ONE N' ONLY インタビュー】
2020年に生きる僕らだからこそ、
叫べるメッセージを届けたい

この1年半のONE N’ ONLYの全てが
『ON’O』には詰まってる

なるほど。“これからシーンに打って出るぞ!”と。海外からの注目度も高いONE N’ ONLYの場合、そこで重要になってくるのがMVですが、新作の「Shut Up! BREAKER」はどんな作品に?

NAOYA
いつもよりストーリー性のある感じになってますね。大きな倉庫の中にいろんなシチュエーションの空間を作って。全員が歌ってる曲なんで、1番のラップからサビまではマイクリレーしながらワンカットで撮ってます。
KENSHIN
あと、今まで以上にダンスシーンも多いんですよ。「Category」の時も海外の方を中心に“もっとダンスが観たい”というコメントをたくさんいただいたので、その期待に少しは応えられてるんじゃないかな。
HAYATO
タイトルが“黙れ!”っていう意味なんで、ダンスもインパクトのある振り付けになってます。例えばタイトルワードを歌ってるフックの部分では跳んだり、手をぶん回したり。たくさん動くというよりは、身体を大きく使ってダイナミックに動いてますね。

楽しみです。ちなみに今回の目標は何万再生?

KENSHIN
(眼を見開いて)500!
REI
顔、怖いわ!
KENSHIN
でも、それくらい行きたいです。「Category」も250万再生の「Dark Knight」を超えたんで。
HAYATO
行こうぜ! 急上昇ランキングに載んないと!

期待してます! ちなみに3形態でのリリースのうちTYPE-BにはEBiSSHの「恋はタイミング」にさとり少年団の「夏へダイビング」と、それぞれの母体グループのライヴ人気曲が収録されますが、まるで双子のようなタイトル並びですね。

HAYATO
韻踏んでますよね(笑)。
KENSHIN
「夏へダイビング」は初音源化で、レコーディングの時期的には一番新しいんですよ。
TETTA
「恋はタイミング」はあえて2017年にシングルとして出した音源そのままです!

つまり、このアルバムで一番古い曲と一番新しい曲になっていると(笑)。そんなアルバムですが、どんなところを聴いてほしいですか?

HAYATO
最初にも言ったように、この1年半のONE N’ ONLYの全て…成長だったり、歴史だったり、本当にいろいろなものが『ON’O』には詰まってるんですよ。一曲一曲に想いが詰まっているから、ずっと好きでいてくれてるSWAGのみんなにはもっと深いところまで掘り下げて聴いてもらいたいですね。今ちょっと気になってる程度の人も、このアルバムを聴いてくれたらONE N’ ONLYがどんなグループなのかが分かるし、もっとたくさんの人に知ってほしいと思います。

取材:清水素子

アルバム『ON'O』2020年4月15日発売 SDR
    • 【TYPE-A】
    • ZXRC-2062
    • ¥2,500(税込)
    • 【TYPE-B】
    • ZXRC-2063
    • ¥3,000(税込)
    • 【TYPE-C(Blu-ray付)】
    • ZXRC-2064
    • ¥4,000(税込)
    • ※店頭・オンライン販売限定商品
ONE N' ONLY プロフィール

ワンエンオンリー:EBiSSH、さとり少年団(SBC)の2グループが融合した、スターダストプロモーション所属の6人組グループ。YouTube上に公開された5曲のMVは世界各国で注目され、特にアジア圏・南米・欧州からのアクセスが殺到し、合計再生回数は1000万回を突破! 2018年10月にはデビュー前にも関わらず東名阪Zeppツアーを開催し各地で大成功を収め、満を持して同年11月21日にリリースしたデビューシングル「I’M SWAG」はオリコンウィークリーランキング6位を獲得。そして、19年5月8日にリリースした2ndシングル『Dark Knight』はオリコンウィークリーランキング1位、Billboard JAPAN HOT100 総合1位の2冠を達成! 同年10月16日リリースの3rdシングル「Category / My Love」は、2作連続のオリコンウィークリーランキング1位を獲得。ONE N' ONLY オフィシャルHP

「Shut Up! BREAKER」MV

「Category」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着