B'z

B'z

B'z、
歴代ライブ映像全23作品を
YouTubeにて期間限定一挙公開

B’zが4月13日から5月31日まで『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』と題し、オフィシャルYouTubeチャンネルにて歴代ライブ映像全23作品を無料で公開することがわかった。

ライブ映像作品のフル公開はB’zとしては初の試みで、1990年に発売された初のビデオクリップ集『FILM RISKY』から、2019年に行われた最新ライブツアー『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』までを楽しむことができる。ぜひ、これを機に歴代のライブ映像をチェックしよう。

『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』

■B’z オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/Bz
■『B’z LIVE-GYM -At Your Home- 』再生リスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PLXEwb80kuPYD5LbHjIrx3kn3FyNtrF_a4

【公開作品】
『FILM RISKY』(1990年)
『JUST ANOTHER LIFE』(1991年)
『LIVE RIPPER』(1993年)
『"BUZZ!!" THE MOVIE』(1995年)
『The true meaning of “Brotherhood” ?』(1999年)
『once upon a time in 横浜 〜B’z LIVE-GYM '99 “Brotherhood”〜』(1999年)
B'z LIVE-GYM 2001 -ELEVEN-』(2001年)
『a BEAUTIFUL REEL. B'z LIVE-GYM 2002 GREEN ~GO★FIGHT★WIN~』(2002年)
『Typhoon No.15 ~B'z LIVE-GYM The Final Pleasure “IT'S SHOWTIME!!” in 渚園~』(2003年)
『B'z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK-』(2005年)
『B'z LIVE-GYM 2006 “MONSTER'S GARAGE”』(2006年)
『B'z LIVE in なんば』(2006年)
『B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo』(2007年)
『B'z LIVE-GYM 2008 -ACTION-』(2008年)
『B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure ~Typhoon No.20~』(2008年)
『B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』(2008年)
『B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" at TOKYO DOME』(2010年)
『B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-』(2011年)
『B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER -XXV BEST-』(2013年)
『B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-』(2015年)
『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』(2017-2018年)
『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』(2018年)
『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』(2019年)
B'z

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着